WILD-1店舗

WILD-1 ONLINE STORE
9月 ハイキングクラブ 竜崖山
イベント情報2019.08.13

地元飯能市の好展望の里山・竜崖山(りゅうがいさん)と、
人気アニメ「ヤマノススメ」で紹介されたドレミファ橋から
吾妻渓(あがつまきょう)沿いの遊歩道を歩きます。

これからトレッキングを始めたい方にもオススメのイベントです。
当日はゆっくりペースで歩きますので初心者の方もご安心下さい。
ファミリーでのご参加も大歓迎です!

開催日
2019年09月07日(土)
開催店舗
ふじみ野店 入間店
場所
埼玉県飯能市
参加費
1,000円(税込)※保険代等含む
募集人数
8名(最少催行人数 4名)
募集対象
初心者歓迎です。
お子様の参加も可能です。
(未就学児はご相談ください。)
スケジュール
竜崖山公園駐車場集合(8:30)→ハイキングスタート(8:45)→
燧山(9:15)→竜崖山△246m(10:00)→八耳堂(11:00)→
ドレミファ橋(11:10)→吾妻渓→川沿いの遊歩道→
中河原駐車場(11:40)→竜崖山公園(12:00)解散
問い合わせ先
WILD-1入間店 04-2960-3131 かわの・森田
WILD-1ふじみ野店 049-269-6863 神谷・猪狩
備考・その他
まずはお電話でご予約を承ります。
お申し込みお待ちしています。
『WILD-1入間店限定 ご当地シェラカップ』 品切れのお知らせ
お知らせ2019.08.12

『WILD-1入間店限定 ご当地シェラカップ』は、ご好評につき、ただいま品切れ中です。

入荷次第こちらでご案内いたしますので、大変申し訳ございませんが、もうしばらく
お待ちいただきますようお願い申し上げます。

フィッシングコーナーより Patagonia New Item 入荷のお知らせ
お知らせ2019.08.10

Patagoniaの新製品が入荷いたしましたのでご紹介させていただきます!
まだまだ続く暑い季節から秋に向けていかがでしょうか?

【Black Hole Gear Tote】
頑丈なリサイクル・ポリエステル素材とリサイクルナイロンウェビングを使用した61Lの大容量トート。

【M’s Framed Fitz Roy Trout Responsibili-Tee】
従来の方法で栽培されたコットン製Tシャツに比べ238リットルの水を節約できるリサイクル素材100%のTシャツ。
原料に使われる石油と、廃棄場や焼却炉に捨てられるゴミの量も削減しています。。
フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用。

【M’s L/S Fish Native World Trout Responsibili-Tee】
バックにPOPなテイストのトラウトプリントとショルダー部にWorld trout logoの入ったL/S Tee。
こちらもM’s Framed Fitz Roy Trout Responsibili-Teeと同様の製法で作られています。

【Fitz Roy Trout Patch Trad Cap】
伝統的なロークラウンのソフトな6枚パネル構造の帽子。共布のストラップで調節可能。
オーガニックコットン100%。フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用。

【Small Fitz Roy Fish LoPro Trucker Hat】
前頭部にオーガニックコットン、後頭部にメッシュを使用した、ぴったりめフィットのトラッカースタイルベースボールキャップ。スナップ留めで調節可能。
フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用。

※ 店舗により入荷アイテム、入荷時期に違いがございます。詳細な在庫状況は各店舗にご確認下さい。

マムート FOOTWEAR CAMPAIGN
お知らせ2019.08.09

最新の「MAMMUT FLEXTRON TECHNOLOGY」を搭載した「DUCAN」シリーズをはじめフットウェア製品1点22,000円(税抜)以上をご購入のお客様にオリジナルソックス(非売品)を差し上げます。
※数に限りがありますので無くなり次第終了させて頂きます。
※セール品を除く。


「MAMMUT FLEXTRON TECHNOLOGY」とは?
スプリングスチールソールが踏み込む時の圧力を足裏全面に均等に分散し、優れたグリップ力を実現。
ねじれを抑制する素材・形状で足の保持位置を強固にしながら怪我の抑制を向上。
人間工学に基づいたウェーブ構造と角度により、前進する足の動きをサポートし、歩行性能の向上に役立ちます。


WILD‐1取扱商品
Ducan High GTX Men 本体価格28,000円(税込30,240円)

数日間の旅行やトレッキング、ペースの速い山中のハイキングに適したスポーティでしなやかなハイキングシューズ。
大自然の起伏のある地形でも、険しい山岳地でも、安心のグリップを発揮しますよ!

スタッフ釣果情報:夏のアウトドア!ストリームトレッキングと渓流焼肉
スタッフ日記2019.08.04

みなさんこんにちは!
暑い日が続いていますが、夏バテなんてしている暇はないですよ!!
今が渓流でストリームトレッキングを楽しむのに最適な季節です。


今回はスタッフ3名で今シーズン数回目のストリームトレッキング釣行に出かけてきました!


今回、入間店のシマダは自然渓流の釣りは初体験です!なんとか魚が釣れる様に他のスタッフ2人であーでもない、こーでもないとアドバイスをしながらにぎやかに釣りあがっていきます。
スタッフ栗原と角田はフライフィッシングで、シマダは初めてでも結果を出しやすいテンカラフライで挑戦します!


流れに沿って毛ばりを流すとすぐに魚が飛びついてきて、まずは小さいながらも初の天然ヤマメをキャッチ!


皆で数尾のヤマメを釣り上げてから開けた河原でランチにします。
調理に必要な水は現地調達で!



浄水器『ソーヤー・ミニ』で川の水をろ過してドライフードを調理します。


のどが渇いたらやっぱりソーヤー・ミニでろ過した川の水を飲みます。


スタッフ栗原は新規導入したばかりのシングルバーナーSOTOのストームブレイカーを設置し、最近の口癖『まぁ、男前だからなっ!』とつぶやきながら、最近のお気に入りtent-mark x BASE CAMPの男前グリルプレートを取り出します。
分離型のシングルバーナーx男前グリルプレートの組み合わせは渓流で焼肉したいというコアなニーズにピッタリです!!


多摩ニュータウン店スタッフの角田もボリュームたっぷりの焼肉に満足した様子でした。

ゆっくり休憩した後は、ゆっくり釣り再開。



バラしても、釣り上げても魚からの反応があったら先頭交代のルールで釣り上がりました。


今回の装備もカメラや食材などもって行くものが多かったので、Patagoniaのストームフロントロールトップとウェーダーワークステーションにコンパクトに収納して、遡行しました。
偏光グラスは最近お気に入りのSmith Opticsのローダウンを使用。



最後はキレイなイワナを釣り上げて終了。
今回、自然渓流初体験だったシマダは『もう少し先!あのカーブの先にもっと大きな魚がいるかも!もっと綺麗な景色が広がっているかも!』という渓流で一番ワクワクする感覚を共有できたようで、『これはもう楽しすぎますねっ!』とどっぷり釣りの魅力にハマッたようでした。


下界は暑い日々が続きますが、冷たい水の流れる渓流沿いは涼しく快適でした。

また、近いうちに渓流に涼みに出かけてきます。

タックルデータ
ロッド:Jointer スパローグラス703・SAGE ダート076・Jointer TenkaraFly33
フライ:スティミュレーター#8、ライツロイヤル#16、エルクヘアカディス#14
バッグ:Patagonia ストームフロントロールトップ with ウェーダーワークステーション


フィッシングコーナーからのお知らせ イトウクラフト『ボウイ42S』入荷のお知らせ!
お知らせ2019.07.28

イトウクラフトから待望のボウイ42Sがやっと入荷しました!
お問合せいただいておりましたお客様!お待たせいたしました!!
数量わずかですので、お探しの方はお早めに御来店ください!

イトウクラフト ボウイ42S ¥3,190+税

スタッフ釣果情報 源流ストリームトレッキング
スタッフ日記2019.07.25

2日間にわたって源流でストリームトレッキングを楽しんできました!
当初の予定ではアルプスのテン場に泊まって源頭のイワナを釣って楽しむ予定でしたが、夜間に雷雨予報が出ていたため残念ながらテン泊はあきらめ、まずは1日目は長野の源流へ、2日目はアルプスの源流へ出かけてきました。

結果的には2日間とも天気は良く、夏らしい日差しの中でストリームトレッキングを楽しむことが出来ました。
水量は十分にあり、フライに飛び出してくるイワナのコンディションも良好です。

山岳渓流用に装備を一新!ウェーディングブーツはコーカーズのデビルズキャニオンにオプションのビブラムアイドログリップソールを選択。
フィッシングベストの代わりにストームフロントロールトップとウェーダーワークステーションを組み合わせ、十分な容量を確保しつつ軽快に釣りが楽しめるスタイルで出かけてきました。
ビブラムアイドログリップソールは長時間の林道歩きでもしっかりとしたトラクションを発揮してくれました。
初日はキレイなニッコウイワナを、2日目はヤマトイワナを釣り上げる事ができ夏らしい釣りを楽しめました。
これから梅雨明けのタイミングは更に期待ができそうです。
そろそろ撤収かというタイミングで自身初の野生の熊に遭遇するというハプニング!
やはり山岳渓流には熊鈴・カウンターアソルト(クマスプレー)などしっかりした備えが必要です。

タックルデータ
ロッド:Jointer スパローグラス、Orvis クリアウォーター763
リール:Hardy マーキス#4、Orvis バテンキル
ライン:SA スープラ#3
フライ:スティミュレーター#8、、ロイヤルトルード#8、エルクヘアカディス#14 etc…

スタッフ釣果情報 アルプスのイワナ釣り
スタッフ日記2019.07.22

梅雨空か続いていますが、みなさんフィールドに出ていますか?
フィッシングスタッフはここぞとばかりに釣りに出かけています。
この梅雨でちょっと水位の増えた渓流がイイ感じです。また、梅雨明けから一週間は最高に楽しい釣りが楽しめるハズです!

この日は本格シーズン前にアルプスにイワナを釣りに出かけてきました。

水は豊富にあります。車止めから1時間半ほど上流に向かって歩き続けました。

途中の枝沢で休憩。とにかく水が冷たく気持ちいいです。


枝沢を釣り上がりますが反応なし。


またしばし移動します。
大岩にはロープが掛けてありました。



良さそうなポイントにルアーを通すとすぐに反応あり! 
いいサイズのイワナです。


この日はJOINTER Neutral Go sevenを使用。
ヘビーシンキングミノーも扱える張りのあるしっかりめのロッドです。


必死に写真を撮るスタッフ。笑
今週もイワナ探しに出かけてきます!

ROD :JOINTER Neutral Go seven
REEL:Abu Cardinal 33
LURE:JOINTERxFOREST iFish50s

SUPとカヤックと釣りと私と偏光サングラス
スタッフ日記2019.07.21

みなさん、こんにちは。
やりたいことがたくさんあって・・・・・・だったら全部やればいいじゃん、と、あまり深く考えずに生きているスタッフのナカジマです♪

さて先日、晴れ間の覗く2連休があったので、初日の午前中はここぞとばかりに洗濯機を回し、のんびり昼過ぎに自宅を出発。

夕方の数時間、富士山を眺めながらSUPを漕ぎました。

まだ水温が低かったので、ややビビリながら。


そのまま現地に一泊し、翌朝は別の湖でカヤックです。


『kayak in the mirror』

鏡のような水面とはまさにこのこと!
滑るように進むカヤックが気持ちいいです。
(この写真は逆立ちして見るのが正解です)

この日も富士山バッチリ。

千円札に描かれた景色の中を漕ぎます。
(お手持ちの千円札と比べてみて)


昼からは渓流に移動してフライフィッシング。


不器用な私が巻いたボサボサの毛バリに付き合ってくれた、優しいニジマスさん。

日没まで、サカナたちに遊んでもらいました。
(正確には、『もてあそばれました』・・・。)


さてさて、そんな私の水遊びに欠かせないのが『偏光サングラス』です。

最近愛用しているのは
『スミス ローダウン2』
本体価格¥22,000(8%税込¥23,760)

レンズカラーは明るめで、私のように朝から晩まで遊びまくる者にはピッタリです。


偏光サングラスとは、レンズの間に特殊なフィルムを入れることで、ギラギラした反射光をカットしてくれるサングラスのことです。

普通のサングラスとどう違うのか?
店頭のテスターで試してみましょう。

コレが裸眼で見た状態。


普通のサングラスで見た場合。

暗くはなりますが、見えているものに変わりはありません。

そして、コレが偏光サングラスで見た場合。

なんと、今まで何も見えなかった部分に文字が浮かび上がりましたね!
これが『ギラギラした反射光をカットしてくれる』ということです。
水遊びにおいては、『水の中が良く見える』サングラスなのです。


私が良く遊びに行く湖は、水面下ギリギリのところに岩が潜んでいたりします。
しかも、尖った溶岩帯。

気付かずに進むと、SUPのフィンを引っ掛けたり、カヤックのボトムを擦ったり、最悪の場合転覆の危険もあります。

また、渓流の釣りでは歩いて川を渡ることが多く、やはり水の中が見えていないと危険です。

偏光サングラスは、『安全のために必要な装備』なのです。


これからの季節、紫外線から目を守るためにもサングラスは必需品ですが、アウトドアで遊ぶ方ならぜひ『偏光サングラス』をお試し下さい。
たしか、WILD-1入間店でお手ごろ価格から揃っています。


ちなみにわたくし、偏光サングラスのおかげで水の中は良く見えているのですが、

近眼で老眼のため、水面の毛バリも手元の毛バリもよく見えません(泣)


- 毛バリの交換が苦手 ナカジマ -

ウェア担当釣行記録:小菅川冬期ニジマス釣場
スタッフ日記2019.07.19

あぁ、、、季節感がなくてすみません。
(フィッシング担当はこの記事を書いた翌日には南アルプスの渓にイワナを釣りに行く予定です。その時の様子は季節に合わせて更新予定です。)

今回は2月にウェア担当がフライフィッシングの練習に出かけたときの様子をレポートします。



ウェア担当は月イチのペースでフライフィッシングに出かけていますが、今回は寒い冬の釣場での楽しみを見出すべく、小菅川の冬期ニジマス釣場にやってきました。


まずはフィッシング担当、サクッと一匹釣りました。
フライはフローティングニンフ#18です。

この時期は水温も冷たいので魚はあまり活発ではありません。
流れのゆるいところで流れてくる小さな虫を狙っています。


ゆったりとした流れのプールで小さめの毛ばりを使ってみます。
ゆったりとした流れでは魚は流れてくるのが、ホンモノの虫かニセモノの毛ばりか見破るために、じっくりと観察する時間があるので、なかなか釣り上げるのが難しくそれがこの時期のフライフィッシングの楽しみでもあります。


魚がフライを銜えた瞬間に素早くフッキングすることができました。
そして今回の釣りにのために新たな道具を投入しました!
Patagonia メッシュマスターⅡベスト¥21,600(8%税込)です!
やはりフライフィッシングにはフィッシングベストがあると便利です。いろいろな道具が収納できます。



お気に入りのロッドと一緒に写真を撮りました!

でも、まだあまりたくさんの魚を釣り上げることは出来ませんでした。

思い通りに魚が釣れるようになるために、まだまだ練習です。

WILD-1別注カラー SOTOブレイズランチャー
おすすめ商品2019.07.19

な・・なんと!
WILD-1に武器が入荷致しました。

SOTO ブレイズランチャー


火口径 50mm
炎長さ 300mm(ST-760使用時)
炎温度 1.300℃
燃焼時間 約9分~30分(ST7601本使用時)
発熱量 25.6kw(22,000kca/h)
高火力で炭起こしも楽々!イベント事やグルキャンで注目を浴びる事間違いなし!


「なにこれ武器商人ごっこできるやん!!」
とはしゃぐ藤岡をみて、店長が一言

「○ンボーやってよ」

「ん?・・・あ、はい!やります!」


少しの下調べをして出来上がったランボーがコチラ

ぬうわぁぁぁぁぁぁああああああ!!


暑い夏がやってきます。
皆さんも全力で遊んでいきましょう!!

もっと見る

スタッフ釣果情報:夏のアウトドア!ストリームトレッキングと渓流焼肉
2019.08.04

みなさんこんにちは! 暑い日が続いていますが、夏バテなんてしている暇はないですよ!! 今が渓流でストリームトレッキングを楽しむのに最適な季節です。 今回はスタッフ3名で今シーズン数回目のストリームトレッキング釣行に出かけてきました! 今回、 […]

スタッフ釣果情報 源流ストリームトレッキング
2019.07.25

2日間にわたって源流でストリームトレッキングを楽しんできました! 当初の予定ではアルプスのテン場に泊まって源頭のイワナを釣って楽しむ予定でしたが、夜間に雷雨予報が出ていたため残念ながらテン泊はあきらめ、まずは1日目は長野の源流へ、2日目はア […]

スタッフ釣果情報 アルプスのイワナ釣り
2019.07.22

梅雨空か続いていますが、みなさんフィールドに出ていますか? フィッシングスタッフはここぞとばかりに釣りに出かけています。 この梅雨でちょっと水位の増えた渓流がイイ感じです。また、梅雨明けから一週間は最高に楽しい釣りが楽しめるハズです! この […]

SUPとカヤックと釣りと私と偏光サングラス
2019.07.21

みなさん、こんにちは。 やりたいことがたくさんあって・・・・・・だったら全部やればいいじゃん、と、あまり深く考えずに生きているスタッフのナカジマです♪ さて先日、晴れ間の覗く2連休があったので、初日の午前中はここぞとばかりに洗濯機を回し、の […]

ウェア担当釣行記録:小菅川冬期ニジマス釣場
2019.07.19

あぁ、、、季節感がなくてすみません。 (フィッシング担当はこの記事を書いた翌日には南アルプスの渓にイワナを釣りに行く予定です。その時の様子は季節に合わせて更新予定です。) 今回は2月にウェア担当がフライフィッシングの練習に出かけたときの様子 […]

キャンプツーリング in 羽鳥湖
2019.07.18

こんにちは、キャンプ担当の近藤です。 梅雨が全く明ける気がしない7月上旬の某日、この夏最初のキャンプツーリングに行ってきました。 今回のフィールドは、福島県天栄村にある「羽鳥湖畔オートキャンプ場」です。 いつもはソロでキャンプツーリングに行 […]

ウェア担当釣行記録~うらたんざわ渓流釣場でフライフィッシングの練習~
2019.07.05

昨年12月に華麗なるフライフィッシングデビューを果たしたウェア担当スタッフ。 翌1月に近隣の管理釣り場、『うらたんざわ渓流釣場』でフライフィッシングの練習に出かけました。 うらたんざわ渓流釣場は年間通して営業しており、自然渓流と近い感覚でフ […]

キャプリーンを着て旅に出る(後編)
2019.06.18

みなさん、こんにちは。 『キャプリーンを着て旅に出る(後編)』を書こうとして、ピタっとペンが止まったスタッフのナカジマです。 なぜなら カメラに残っている写真が 雪の どアップとか なんの変哲もない空とか。 そんなのばっかり。 一人旅の時は […]

キャンプツーリング大好きスタッフです
2019.06.09

皆様こんにちは。 5月からWILD-1入間店に勤務しているコンドウと申します。 初投稿なんで、自己紹介をさせて頂きます。 私の趣味は、ズバリキャンプツーリングです!! アウトドアが大好きなんですが、同時にバイクも大好きです。 こんな感じで荷 […]

ダッチオーブン初挑戦!
2019.05.28

5月某日  巾着田にて 30℃越えで川が気持ちよい日に スタッフ6名でデイキャンプに行ってまいりました。 到着してまずはタープやファニチャーを置いて川へGO! 魚やエビ、なんかよくわからない虫を見て 「キャッキャ♪キャッキャ♪」言うてました […]

キャプリーンを着て旅に出る(前編)
2019.05.21

みなさん、こんにちは。 一日が24時間じゃ遊び足りないから、地球の自転がもう少し遅くならないかな、と願っているスタッフのナカジマです。 さて、タイトルの『キャプリーン』とは、吸湿発散性と速乾性に優れたパタゴニア社のベースレイヤー(肌着)です […]

もっと見る

ページトップへ