WILD-1店舗

WILD-1 ONLINE STORE
入間店 3月休店日のご案内
お知らせ2021.02.24
いつもWILD-1入間店をご利用いただき誠にありがとうございます。


3月2日(火) ・ 3月9日(火) は、
休店とさせていただきます。


大変ご不便とご迷惑をおかけいたしますが、
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
フィッシングコーナーからのお知らせ 新商品入荷情報
お知らせ2021.02.15
はい、みなさん。こんにちは。

フィッシング担当のクリハラです。

もうすぐ渓流解禁! 待ち遠しいですね。

釣り担当もようやっと重い腰を上げて、解禁に向けての準備をはじめました。


今回は解禁に向けてロッドのメンテナンスの必需品をご紹介いたします。


こちらの可愛いカエルの形をしたもの、これ、フェルールワックスです。

フェルールが緩んでいるとロッドティップが飛んで行ってなくしてしまったり、破損してしまったりと大変な事態を引き起こす場合もあります。また固着していると釣り竿をしまおうとしても分割できず、不便な思いをすることも。。。
そんなトラブルを未然に防ぐために定期的にメンテナンス、フェルールワックスを使用したいものです。


使うのがもったいなく思えるようなかわいいフォルムですので、あまり形に影響の出ない下側から使っています。
他にも魚の形をしたものや色違いがありますので、店頭で探してみてください。

もう一点はフライの概念を覆すフライ。


ゲームチェンジャーの完成フライが入荷しました。

ウォームウォーターでの釣りの他、ブラウントラウトやイワナ、レイクトラウトなど魚食性の高いターゲットに良さそうですね。


そんな大きなフライ使わないよ!という方にはコチラ↑↑↑

小さい版もあります。渓流ルアーと同じようなサイズ感ですので、きっと渓流でも使えるはずです。




自分で作りたいという方にはこちら。
数本分の材料がセットになった入門セットもありますので試してみてはいかがでしょうか?

渓流解禁まであとわずか、準備が間に合いそうになく慌て始めている釣り担当クリハラからのお知らせでした。
外出自粛の向こう側
スタッフ日記2021.02.09
みなさん、こんにちは。

リアルガチな外出自粛をしているスタッフのナカジマです。


例年なら、10月の終わりから5月ごろまで(ひどい時には7月まで)、ほぼすべての休日を雪の上で過ごすため、冬になると貧乏をこじらせてしまう私ですが、今年は一般成人男性並みの暮らしをしております♪


外出自粛しながらも、春に向けての準備は着々と進行中。
暖かく、日も長くなる春は、外遊びにぴったりの季節ですからね。


例えば、

新緑の森を彷徨ったり



カヤックから桜を見上げたり



日本海の夕日に向かってフィルムクラストの坂を転がり落ちたり。

やりたい遊びが多すぎて、仕事が手につかない季節です。
(上司には内緒♪)



フライフィッシングにハマって、近頃は自分で毛ばりを作るようになったスタッフ:S君。

彼も春を待ちわびている一人です。


そんなS君に、先輩として『釣りの極意』を伝授すべく、仕事を抜け出して二人で川へ出かけました。


釣りの極意、それは・・・・・





魚が元気に暮らせる環境を守ること!


というわけで、河原のゴミ拾いです。


そして、
残念ながら今回も大漁です・・・。

拾い切れていないゴミがまだまだあります。


WILD-1入間店スタッフは、定期的に河原のゴミ拾いをしておりますが、捨てる人が後を絶たないため、いつ行ってもゴミだらけです。


みなさま、未来ある若者S君の釣り人生が豊かなものになりますよう、なにとぞ~~~!



ちなみに、
今のS君の実力はこんな感じです。

ヤマメ、ちっちゃ(笑)



- 実はS君より釣れない ナカジマ -
持続可能な釣りをめざして~その2~
スタッフ日記2021.02.07
みなさんこんにちは。
釣り担当のクリハラです。


釣りに出かけると必ず発生する糸くず、そのまま放置はもちろん厳禁ですが、ただポケットに入れただけではピョロっと飛び出してやっかいです。



昨年の夏にご紹介した釣り場で出た糸くずを持ち帰る便利グッズ!
記憶に新しいという方もとても多いことと思います。
(わすれてしまった!?という方はこちらからどうぞ↓↓↓)
持続可能な釣りを目指して


ほかにもいろいろなメーカーからフィールドでゴミを出さないための便利グッズがありますよー。(すごく要約)という内容でしたが、今回は新作がでてきましたのでそのご紹介です。

ジャジャーーン!!
モノマスター!


はい、でました。これがあらたに入荷しました釣り場で出てしまった糸くずをスマートに持ち帰れる便利グッズその2です。


使い方はカンタン。
不要になった釣り糸をちょっと折り畳みまして、、、。
本体にあるスリット部分に差し入れ。
先端のノブを回すだけ。そうすると中にあるトゲトゲにラインが絡まって収納できます。

フィールドに負荷をかけず、ゴミは残さずに帰って来る。
これからも実践していきたいですね。

■新商品入荷情報■
お知らせ2021.02.05

こんにちは。
少しずつ日差しも暖かくなり春の気配がしてきましたね
冬物クリアランスSALEも大好評開催中のWILD-1ですが、
一足早く、Patagoniaの春物アイテムが入荷しました♪

今すぐ着られる定番のP-6ロゴスウェットフーディや
一年中大活躍のロングスリーブTシャツなど
見逃せないアイテムが盛りだくさんです。

おすすめのアイテムは
■シンプルなデザインで着回ししやすく、絶妙な厚さが着心地の心地良い
「W’s Pastel P-6 label organic crew sweatshirt」 本体価格¥6,500(10%税込¥7,150)

■定番のパタゴニアのバックプリントのスウェット
「M’s P-6 logo organic crew sweatshirt」 本体価格¥6,500(10%税込¥7,150)

■行動中の保温と通気を高次元で両立した話題のテクニカルフリース
「M’s R1 Air crew」 本体価格¥12,000(10%税込13,200)


※店舗により入荷商品や、サイズ、カラーが異なることがございますので
 大変お手数ですが事前に店舗へお問い合わせください。


WILD-1では新型コロナウイルス感染拡大防止の予防に向けた対策に取り組んでおります。
お客様にはご不便をお掛け致しますが、ご理解、ご協力の程宜しくお願い致します。
詳しくは弊社HPよりご参照ください。
Rodiocraft × JOINTERオリジナルカラー スプーン入荷しております!
お知らせ2021.01.24
毎回好評のRodiocraft × JOINTER オリジナルカラースプーンが入荷いたしました!

今回の入荷モデルはNOA & JEKYLL。
既存カラーに加え【アケビ/裏グロー】【フィーバー赤金】の新色二色が追加です。

【アケビ/裏グロー】
アケビの柔らかな紫をモチーフとし、昔のエリアシーンで効果的だった藤色を復活させました。
裏側は果肉をイメージした白にグローを追加。
特に濁った水で実績があります。
カラーローテーションの一角としていかがでしょうか?

【フィーバー赤金】
強烈なアピール力が必要な時に効くカラー。
放流時に最適です。
表面の赤金と裏面の濃いめのイエローゴールドが
激しく明滅するようにアピールします。

オンラインショップでのお求めはこちらから!

※ 既存のカラー、サイズがすべて再入荷しているわけではございません。
店舗により入荷数の違いや、既に完売の場合もございます。
詳細、在庫状況は各店舗へお問い合わせください。
快挙! K2冬季登頂成功!
スタッフ日記2021.01.19
登山担当 青木です。

先日、帰宅してからRock and Ice Magazine Webを見ていたところ、
すごいニュースが飛び込んできました!

なんと!世界第2位の高峰 K2(8611m)でのネパール隊による登頂成功!
冬季では初!! 超快挙!! スゲェェェェェーーーーー!

世界最高峰のエベレスト(8849m)は知らない人はいないほど有名な山と思いますが、8000m峰で唯一正式な名前のついてない山であるK2が世界第2位の高峰なんです。実は登頂の難易度では圧倒的にK2が難しい山と言われています。

K2山頂付近の風速は50mを超え、気温は氷点下60度を下回るらしいです。
無理だわ~。飛べちゃうわ~。凍っちゃうわ~。ってか息できないわ~。
(もちろんエベレストも難しい山である事には変わりませんが)


海抜標高8000mを超える高所は生物が生きていけない「神の領域」ともいわれる場所ですが、K2冬季登頂を成功させたネパール隊はまさに神の領域のクライマーたち。
登山を嗜むものとして本当に尊敬します!登頂おめでとうございます!!

こんなニュース聞いたら山に行きたくなっちゃいますね~
青木は雪山大好きなのですが残念ながら今は緊急事態宣言により県外への外出自粛中。近所に雪山はありません。トホホ

先月行った谷川岳の写真を眺めたり、日本登山体系読んだりしながら妄想登山に耽ってます。今は皆さん我慢の時でしょうが解除されたときのことを考え準備を進めておきましょう。




これから雪山を始める方にとって真っ先に準備していただきたいのが雪山用の登山靴ですね。今期スカルパからすごいモデルが登場したので遅ればせながら紹介します。


スカルパ マンタテックGTX ¥39,600(税込) 

雪山用モデルでこの価格は信じられません!超お買い得!!

雪山用モデルの為中綿ももちろん入っていますし、アイゼン(クランポン)を取り付けるためのコパと呼ばれる凹みも踵にあります。つま先側にはコパがないため、アイゼンも一緒にご購入の方は青木までお問い合わせください。


あー早く気兼ねなく山に行きたいなぁ~
今年は雪多いのになぁ~。ラッセルしたいなぁ~。


青木
元旦、ピッケル持って涸沢に…
スタッフ日記2021.01.06
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

新年早々思わせぶりなタイトルですが、北ア「雪の涸沢」ではなく地元川越~狭山の「カラカラな川」を歩いてみました。

最近車中からみる不老川(ふろうがわ・としとらずがわ)がこんな様子で

普段も水量の多い川ではありませんが、いったいどこまでカラカラなんだろう?常々疑問に思っていました。川底の様子を見てみたいという好奇心もあり歩いてみる事にしました。


スタートは新河岸川との合流地点です。二股の右が新河岸川、左に伸びるのが不老川です。


歩き始めるとすぐにこんな様子。カヌーに乗っている時ぐらいしか見ないアングルからの景色にワクワクします。ゴロゴロとした石の道が続きます。


じゃかごエリアなど川底の形も一様ではなくいろいろなバリエーションがあります。


崩れた護岸を修理している場所もありました。


不思議と上流と下流がカラカラでも水がある場合があり、この季節らしく表面が凍っている場所もあります。


こんな場所で活躍するのがWILD-1のホームページでは何度も紹介されている『日本野鳥の会 バードウォッチング長靴』です。今日は登山靴で歩いていますが、携帯性に優れたこの長靴は必要な時だけザックから取り出して使えます。

もしかして魚がいるかと目を凝らしますが見つけられませんでした。予想では逃げ遅れた魚が干からびている場所があるのでは?と思って探していましたがそれも全く見つかりませんでした。水位が下がった時に危険を察知してみんな逃げられたのでしょうか?


時には長靴では超えられない深さの淵もあります。そんな時はピッケルを手掛かりに3m位の護岸を登ります。沢登りで高巻きする発想で念のため持参したのが活躍しました。写真がなくて申し訳ありませんが、元旦にピッケルで護岸を登るおじさんを誰かに見られても困ると思い、写真を撮ることもなく最短時間でクリアしているのでご了承下さい。


水量が多くなり進めなくなったのは狭山市入曽の入曽橋付近からでした。
もしかしたら更に上流は再度カラカラの可能性もありましたが今日はここをゴールとしました。


今回歩いてわかったことは川には不注意ごみが多いという事です。あからさまに投棄しただろうゴミも確かにありますが、それ以上にきっと「不注意」で風に飛ばされてしまったり、落としてしまったりして、川から引き上げるのを諦めたであろうゴミがかなりたくさんあることが分かりました。


あえてゴミを投げ捨てることはないにしても、意図せず川を汚してしまうことはありそうです。「子供にツケをまわさない」で末永く自然の中で楽しく遊べるようにお互い気を付けたいものです。



ゴールとした埼玉県指定史跡の「七曲井」にはこんな看板が。初めて知りましたが不老川には「節分の夜、橋の下にいると年をとらない」という伝説があるそうです。もし2/2(火)にピッケルを持ってフラフラしているおじさんがいたら私(カワノ)だと思います。

今年も皆様の豊かなアウトドアライフをサポート出来ればと思っております。ご来店お待ちしてま~す♪
冬も釣り鱒
スタッフ日記2020.12.17
みなさん、こんにちは。

ケンさんに負けないくらい不器用なスタッフのナカジマです。

本人は釣り用の【毛ばり】を作っているつもりが、完成したそれは、【ハリに何かが絡み付いた小さなもじゃもじゃ】になってしまうのです。

今回は、そのもじゃもじゃを持って、【冬季ニジマス釣り場】に行ってきました。


川を人工的に区切って、そこに虹鱒(ニジマス)を放流してくれている釣り場です。



偏光サングラスをかけると、魚がたくさん見えます。

たくさん見えますが
たくさん釣れるとは限りません。

ニジマスさんたちは、私の毛ばりをガン無視です。
自分の不器用を呪います。


わたくし、魚がたくさん釣れるおまじないとして、毛ばりボックスに魚をくわえた熊のステッカーを貼っているのですが、その効果も疑問です。


『ねえ熊さん、もっと頑張って!
 おまじないの効果がないなら、
 飲んだくれモンキーに貼り替えるよ』

と、 
【叱咤激励風解雇宣告】を言い渡したところ


熊さんは、少しクマった顔をしながらも



ちゃんと働いてくれました~!

私が行った前日に放流してくれたようで、もじゃもじゃ毛ばりを咥えてくれるピュアなニジマスさんもいました。


【ニジマス釣り場】と言いながら
時々かっこいいヤマメさんも混じります。

当たりくじを引いた気分です。



冒頭の写真のように足場はいいので、特別な装備は要りません。
肩肘張らず普段着で楽しめるのがいいところ。

この日の私は

『グラミチ ボンディングニットフリース ナロウリブパンツ』『ザノースフェイス ヌプシブーティー』


パンツの裏面にはマイクロフリースを貼り付けてあるので、風を通しにくく、保温性も優れています。

オシャレ偏差値の低い私は、かっこよく着こなせていませんが、秋冬の釣りやスキーの行き帰りなどに重宝するあったかパンツです。


手が冷たいときは
『モンベル ネオプレンフィッシンググローブ』を装着。


一見ただのグローブですが

必要な時は指先を出せる優れもの。

細かい作業が多い釣り人にピッタリのグローブです。


そしてアンダーウェア(下着)は

『フリーノット レイヤーテックアンダーシャツ+』
『フリーノット レイヤーテックアンダータイツ+』
自分の熱を吸収して遠赤外線で温める【光電子】と、特殊起毛技術によって、驚きの保温力を実現。
以前ご紹介した『ひだまりチョモランマ』と並んで、WILD-1がおすすめする最強アンダーウェアのひとつです。
入間店では釣り用品売り場で販売しておりますので、ぜひ。



コロナ禍で、密になりにくい遊びとして【釣り】が注目されていますね。
今は渓流の禁漁期間ですが、管理釣り場など冬もお手軽に鱒釣りができる場所は結構あります。
道具のことやフィールドのことなど、ご不明な点は、店頭で釣り用品担当スタッフまでお気軽にどうぞ~。



さて、
不器用でもちゃんと釣れると自信をつけた私は、次の釣行に向けて、今の時期らしい色合いの毛ばりを作ってみました。

サンタは新型コロナウィルスの免疫があるから、プレゼントはちゃんと届くって。
いい子にしてなよ、キッズたち!

メリークリス鱒!


- うちにも、き鱒か? ナカジマ -
スタッフ釣果情報”せいぶえんゆうえんち フィッシングランド”
スタッフ日記2020.12.11
皆さんこんにちは。釣り担当のクリハラです。

てっきり今シーズンは営業しないのかと思っていたせいぶえんゆうえんちフィッシングランドがなんと営業開始していましたので、急いで釣りに出かけてきました。
しかも今シーズンは今までのルアーフィッシングに加えて、フライフィッシングやじわじわとブームになりつつあるテンカラフィッシングまで釣りの種類が増えてパワーアップしています。


放流されている魚種も10種類と豊富で、なんと、としまえんで話題になっていた練馬サーモンも放流されているようです。



駐車場の領収証を釣り場の受付まで持っていくと500円のキャッシュバックありです。


釣り場は朝7時から夜8時まで営業していて、空いた時間にちょこっと釣りに行くにもぴったりです。



レンタル用品や消耗品もそろっているので手ぶらで行っても楽しめるのもうれしいところです。



釣り場は釣り方によって分かれています。



今回はニジマスが多く釣れましたが、最後にきれいなアルビノアマゴが釣れました!
魚焼き場も併設されてるので、現場で釣った魚をその場で焼いて食べたり、持ち帰って燻製づくりの材料にしたりといろいろ楽しめます。

手ぶらでも、初めての方でも、お子様から大人まで、そして大物も期待できる楽しい釣り場です。
今シーズンはせいぶえんゆうえんちフィッシングランドに出かけてみるのもいいかもしれません。


いつか歩きたい道
スタッフ日記2020.12.04
みなさん、こんにちは。

店内のBOOKコーナーで商品整理をするフリをして、次はどこに遊びに行こうかリサーチしているスタッフのナカジマです。(上司には内緒♪)


トレッキングの入門書や山岳雑誌をめくると、
『いつか行ってみたい』と思う景色がたくさんあります。

今回は、以前からずっと気になっていた道を歩いて参りました。



駐車場を出発し、ススキの中を登って行きます。

ススキの背が高いのか、ナカジマが小さいだけなのか。
正解は、
両方です。


ゴミを見つけたら拾います。

良いことを続けていれば、きっとご褒美がもらえるはず。

【徳を積む】と言えば聞こえがいいですが
実は下心丸出しの、山の神様へのアピールです。

『神様、わたくしマジメにゴミ拾いをしております。
 どうか、雑誌に載ってたみたいな景色を
 なにとぞ~~~~~~~~~~~~~~~!』


山の神様の答えは・・・



Yes!

ススキの原っぱの向こうに富士山と山中湖という絶景が待っています。


登り始めから30分ほどで【鉄砲木ノ頭】に登頂。

神様にお礼。


ここで休憩です。
お湯を沸かしてお茶を淹れます。

コンパクトなバーナーやクッカーがあると、
山の楽しみが増えますね。


陶器の急須(きゅうす)は割れないように、
パッド入りケースで持ち運びましょう。
(って、山に持って行く人、いる?)

私が使っているのは
『グラナイトギア エアセルブロックス』です。

保温・保冷効果もあるので、シュワシュワにも。

なんと電磁波も遮断するので電子機器の保護にもいいみたいです。



お茶のお供は

焼き芋。

前日近くのキャンプ場に泊まった際、焚火で焼き芋を作りました。
できたてホクホクはもちろん美味しかったのですが、山頂でも食べたいと思い少し残しておいたのです。


富士山、焼き芋、狭山茶。
いい休日です。



下りは別の道で駐車場へ戻ります。


少し傾いた陽に輝く、金色(こんじき)のススキ。

今回は山頂からの絶景だけでなく、
この【ススキの道】を歩きたかったのです。
気分はナウシカです。

仕事中、店内に迷い込んだダンゴ虫をそっと外に逃がしてあげたのを、山の神様は見ていたのでしょう。
『おぬし、ダンゴ虫に優しいから
 ナウシカ気分にさせてあげよう』

下心は無かったんですけどね(笑)
【徳を積む】とはこういうことなのでしょうか。


紅葉のシーズンはそろそろ終わりですが、ススキはまだまだ楽しめそうです。
駐車場からぐるっと1時間半ほどの行程ですので、みなさんも、ぜひ。





さて、山歩きの前日、
麓の湖で紅葉SUPを楽しんだ後



キャンプ場で焚火や焼き芋の準備をしていたら、

いつもの野良キャットがやってきました。


『西日の眩しさに耐えてお行儀よくしていれば、今日こそナカジマさんは食べ物をくれるはず。』

野良キャット界にも
【徳を積む】という考えはあるようです。


しかし、


この日も『缶に入った炭酸飲料と生のイモ以外、食べ物がない』ということを察し


しょんぼり帰って行きました。



と、思いきや

すぐに隣のサイトのおじさんを、完成度の高い【猫なで声】で誘惑し、ツナ缶をゲットしていました!



いつか歩きたいとかグズグズ考えず
堂々と我が道を行く野良キャットの行動力が
少しうらやましいです(笑)



- 野良、次も食べ物ないぞ  ナカジマ -

もっと見る

  • 登録されたイベントはありません。

外出自粛の向こう側
2021.02.09

みなさん、こんにちは。 リアルガチな外出自粛をしているスタッフのナカジマです。 例年なら、10月の終わりから5月ごろまで(ひどい時には7月まで)、ほぼすべての休日を雪の上で過ごすため、冬になると貧乏をこじらせてしまう私ですが、今年は一般成人 […]

持続可能な釣りをめざして~その2~
2021.02.07

みなさんこんにちは。 釣り担当のクリハラです。 釣りに出かけると必ず発生する糸くず、そのまま放置はもちろん厳禁ですが、ただポケットに入れただけではピョロっと飛び出してやっかいです。 昨年の夏にご紹介した釣り場で出た糸くずを持ち帰る便利グッズ […]

快挙! K2冬季登頂成功!
2021.01.19

登山担当 青木です。 先日、帰宅してからRock and Ice Magazine Webを見ていたところ、 すごいニュースが飛び込んできました! なんと!世界第2位の高峰 K2(8611m)でのネパール隊による登頂成功! 冬季では初!!  […]

元旦、ピッケル持って涸沢に…
2021.01.06

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 新年早々思わせぶりなタイトルですが、北ア「雪の涸沢」ではなく地元川越~狭山の「カラカラな川」を歩いてみました。 最近車中からみる不老川(ふろうがわ・としとらずがわ)がこんな […]

冬も釣り鱒
2020.12.17

みなさん、こんにちは。 ケンさんに負けないくらい不器用なスタッフのナカジマです。 本人は釣り用の【毛ばり】を作っているつもりが、完成したそれは、【ハリに何かが絡み付いた小さなもじゃもじゃ】になってしまうのです。 今回は、そのもじゃもじゃを持 […]

スタッフ釣果情報”せいぶえんゆうえんち フィッシングランド”
2020.12.11

皆さんこんにちは。釣り担当のクリハラです。 てっきり今シーズンは営業しないのかと思っていたせいぶえんゆうえんちフィッシングランドがなんと営業開始していましたので、急いで釣りに出かけてきました。 しかも今シーズンは今までのルアーフィッシングに […]

いつか歩きたい道
2020.12.04

みなさん、こんにちは。 店内のBOOKコーナーで商品整理をするフリをして、次はどこに遊びに行こうかリサーチしているスタッフのナカジマです。(上司には内緒♪) トレッキングの入門書や山岳雑誌をめくると、 『いつか行ってみたい』と思う景色がたく […]

紅葉を見に行こうよう
2020.11.16

問.人はなぜ山に登るのか? 答1.健康のため   (マジメか!) 答2.そこに山があるからさ   (名ゼリフか!) 答3.スタッフ日記のタイトルで    ダジャレを言いたいだけ   (・・・・・・・・・え?) 答えは3番、 登山の動機が不純 […]

死んでも遊び続けるために
2020.11.07

みなさん、こんにちは。 先日、仕事を抜け出して、女性と二人で河原に出掛けたスタッフのナカジマです。 ことの発端は、近所の川で釣りをしていた時に思ったこと。 『この川、意外ときれいだな~』 『でも、ゴミが多いな~』 よし、休みの日は遊びたいか […]

秋冬キャンプの必需品はこれだ!(と思う)
2020.11.04

【食欲の秋】という大義名分のもと、暴飲暴食を繰り返しているみなさん、いかがお過ごしでしょうか。 私も例外ではありません。 先日の健康診断でお腹を出したら、看護師さんたちにクスクス笑われたスタッフのナカジマです。 と、いうわけで お腹周りのプ […]

ご近所ダブルヘッダー
2020.10.16

みなさん、こんにちは。 すごしやすい気候となったこの頃は、やりたい遊びが多すぎて、仕事が手につかないスタッフのナカジマです。 というわけで 今回は、トレッキングとフィッシングを一日で楽しもうという欲張り企画。 まずは、職場のチームメイトたち […]

もっと見る

ページトップへ