WILD-1店舗

WILD-1 ONLINE STORE
8足目のダナー
スタッフ日記2020.07.14
みなさん、こんにちは。

下駄箱にも遊び道具部屋にも収まりきらない靴たちが、雛人形のように階段に並び始めたスタッフのナカジマです。

スキー・スノーボード用のブーツが10足以上あるのが一番の敗因なのですが、それはひとまず見なかったことにして、今回はもうひとつの勢力『Danner(ダナー)』のお話。



今でこそ、トレッキングシューズなどに多く使用されている防水透湿素材“ゴアテックス”ですが、それを世界で初めてシューズに採用したのが、ダナーの名作『ダナーライト』です。

私も昔から憧れていたアウトドアギアのひとつ。
購入したころは『かっこ良くて、しかも防水』というのが嬉しくて、店舗での仕事中はもちろん、キャンプ、トレッキング、釣り(時には船で行く沖釣りにも!)など、オンオフ問わず履きまくっていたものです。
ソールを交換しながら20年ぐらい履いています。
いわゆる『一生モノ』ですね。

我が家には他にも、定番の『マウンテンライト』から、スーツの時に履く『ポストマン』まで、7足のダナーがあります。

そしてこのたび、8足目が仲間入り♪

パタゴニア
『フット・トラクター・ウェーディング・ブーツ』


ん?パタゴニア?
ダナーじゃないの?

実はコレ、パタゴニアとダナーが共同開発した釣り用のブーツなのです。

パタゴニアのイノベーションを、ダナーの職人技が製品化。
パタゴニア好きでダナー好きで釣り好きな私が買わないわけがありません。


先日、このブーツを履いて、遅ればせながら今年最初の渓流釣りに行ってきました。

梅雨のこの時期、川までのアプローチでは、道がぬかるんでいたり落ち葉が濡れていたりと、とても滑りやすいもの。
時には崖みたいなところを降りたりしますのでとても怖いです。

しかし、新調した今回のブーツはへっちゃら!

濡れた面で最大限にグリップ力を発揮するソールに、付属のスタッド(鋲)をセット。
砂利と泥が混在する川床でもしっかりと足場を確保し、長時間の林道歩きもラクです。


9ヵ月ぶりの渓流。
例え魚が釣れなくても、澄んだ空気と緑の中で竿を振れるだけで幸せですね。

と、
『釣れなかった時にホームページで負け惜しみを言うとき用の風景写真』も一応撮っておいたのですが



釣れました~!

ヤマメさん♪

続いて

イワナさん♪


昨年の台風の影響で、これまでとは全く違う流れになってしまった場所もありましたが、魚たちは元気に出迎えてくれました。
釣りの神様が、今までマジメに自粛していた私に気を使ってくれたんですね、きっと。


森の中を静かに流れる川。

涼みに行くだけでも気持ちいいですよ。
梅雨が明けたら、みなさんも、ぜひ。



わたくし、釣りに行く時は、パタゴニアの『ブラックホール・ギア・トート』に道具をすべて詰め込んで出かけるのですが、

帰りには、ドロドロになったブーツやウェーダーを他の道具と一緒にするのは気が引けます。

そんな時は

『WILD-1エコバッグ』の出番!
名前の通り買い物用のエコバッグとして販売している商品ですが、薪やキャンプ用品の持ち運びにも便利。
完全防水ではありませんが、ちょっとした濡れ物や汚れ物を一時的に入れておくのにも使えます。
ツルっとした素材ですので、バッグ自体が汚れても簡単に洗い落とせます。
そして、オールドスクールなこのルックスが、2周回っていい感じ♪
WILD-1各店にて、税込み¥500で販売中です。
(売り切れの際はご容赦ください。)



さて、
7月1日からのレジ袋有料化は、みなさんも環境について考えるきっかけになったのではないでしょうか。

レジ袋の削減でゴミを減らすのも、環境への取り組みのひとつ。

そして、
使い捨てではなく、『お気に入りの道具を修理して長く使う』というのも、ゴミを減らし資源を節約する方法のひとつです。

今回ご紹介したウェーディングブーツは、修理しながら長く使えるようデザインされています。
私が所有している他のダナーブーツよりちょっと高いですが、一生使えると思えば大した金額ではありません。
ぜひ。



ちなみに
現在我が家にある靴の最古参は

高校生の頃に買った『レッドウィング アイリッシュセッター』です。
30年経った今も現役なので、こいつも一生モノ間違いなし。

定位置は階段の上ですが(笑)


- こうして道具が増えて行く ナカジマ -
フィッシングコーナーより スノーピークとティムコの共同開発アイテム第一弾入荷!
お知らせ2020.07.10
スノ-ピークとティムコの共同開発アイテム第一弾「スノーピーク フライフィッシング エントリーパック」が入荷いたしました!
こちらのエントリーパックは、これからフライフィッシングを始めるにあたって必要な道具が一式揃った内容となっています。



初めての方に十分な機能とクオリティーのオリジナルロッドに加えて、ロッド・リールのケースはスノーピークのテントカラーでデザインされたコラボレーション特別仕様です!
用途に合わせて、ロッドのレングス、番手等の異なる2種類のアイテムからお選びいただけます。

■SPフライフィッシング エントリーパック 804-4
~川の管理釣り場や渓流の釣りに最適~


セット内容: カーボングラファイト製フライロッド(8フィート、4番、4ピース)
ディスクドラッグフライリール
フローティングフライライン
バッキングライン/テーパーリーダー/ティペット
完成品フライ
価格: 40,000円(税抜)




■SPフライフィッシング エントリーパック 865-4
~ポンドタイプの管理釣り場やニジマスのキャッチ&リリースエリアに最適~


セット内容: カーボングラファイト製フライロッド(8フィート6インチ、5番、4ピース)
ディスクドラッグフライリール
フローティングフライライン
バッキングライン/テーパーリーダー/ティペット
完成品フライ
価格: 40,000円(税抜)



また同時にオリジナルデザインのTシャツ・キャップ・ハットも限定発売となっております!

CAMPFISHING S/ST

仕様: 綿100%
サイズ: M、L、XL
カラー: ホワイト、ブラック
価格: 4,800円(税抜)


CAMPFISHING CAP

仕様: 綿100%
サイズ: フリー
カラー: ベージュ、ブラック
価格: 3,800円(税抜)


CAMPFISHING HAT

仕様: 綿100%
サイズ: フリー
カラー: ベージュ、ブラック
価格: 3,800円(税抜)



※今回ご紹介した商品は、WILD-1仙台泉店,宇都宮駅東店,小山店,伊勢崎店,入間店,印西ビッグホップ店,デックス東京ビーチ店,多摩ニュータウン店,厚木店,京都宝ヶ池店,オンラインストアのみの入荷となっております。
(厚木店,京都宝ヶ池店,オンラインストアはスノーピーク フライフィッシング エントリーパックのみの入荷となっておりますのでご注意ください)
■フィッシングコーナーより新入荷■
お知らせ2020.06.29
ついに夏が始まりました!夏の渓を楽しむ季節です!
ゲーターを装着して水を感じて釣るのは最高のアソビですね!

■FOXFIRE ウェットウェーディングタイツ ¥7,800+TAX
■FOXFIRE ハイブリッドタイツ ¥9,800+TAX

スタッフがルアマガ・リバーで履いて掲載されておりますが実際に使用した感じは「本当に良い!」です。
動きやすさはもちろん、膝部のラバープリントのおかげでゲーターを装着した際のずり落ちがほぼなくなります!

発売前から問い合わせの多いアイテムの発売となりました。
WILD-1全店にて取り扱いとなりますのでお近くの店舗へお越しください。
なんねんの話
おすすめ商品2020.06.21
WILD-1入間店のキャンプ用品担当は、
京都出身の『フジオカはん』。

方言丸出し 流暢な関西弁を話します。

『せやねん』
『ちゃうねん』
『なんやねん』


そんなフジオカはんにモデルをお願いして、今回ご紹介するのは

『なんねん』



『なんねん』 = 『難燃』

燃えにくいってことです。
関西弁ではありません。



さて、梅雨ど真ん中の今日この頃。
やっと少しずつアウトドアを楽しめる状況になってきましたので、雨だからって計画を中止にはしたくないものです。
この時期の外遊びでは、雨の日は雨除けとして、晴れた日は日除けとしての『屋根 = タープ』があるといいですね。

でも、一般にタープに使われているナイロンやポリエステルの素材は火に弱いから、バーベキューや焚火の火の粉で穴を開けちゃうのが心配・・・。

そこで
『なんねん(難燃)』です!

『クオルツ センターロッキングガゼボ280』
本体価格¥12,800(10%税込み ¥14,080-)

■難燃加工の生地で、火がついても燃え広がりにくい安全仕様
■厚手の生地で遮光性が高く、直射日光の暑さを遮ります
■設営カンタン、高さ4段階調整可能

バーベキューなど日帰りの外遊びにおすすめです。
ご自宅のお庭でも。

サイズは240、280、320の3種類から選べます。

ただいま(2020年6月20日現在)入間店では、280を駐車場にて展示中です。



難燃加工をしていなくても、素材に『コットン』を混ぜることで、火に強くしているものもあります。

キャンプ行ったら焚火しながらシュワシュワ飲みたい私は(というか、それが目的でキャンプに行っている私は)、ポリエステルとコットンの混紡素材(TC素材)のものを使っています。
ただし、TC素材に防炎加工は施されておりませんので、幕体に火が当たるような位置での火器使用・焚火はしないようにしましょうね。


ただいま(2020年6月20日現在)入間店では、このTC素材を使った人気モデルも駐車場にて展示中です。

『tent-Mark DESIGNS  パンダTC』
本体価格¥23,455(10%税込み ¥25,800-)

ソロの焚火キャンプにぴったり。
前室の広さも魅力です。
私もこのモデルを使っていて、酔っ払って片付けが面倒な時でも、『夜中に動物に荒らされそうなものだけ、とりあえず前室にガサ~っ』ってできるのが便利です(笑)

コットン混紡素材の防水性ってどうなの?という疑問もあると思います。
個人的な感想では、梅雨なんかへっちゃらです。
気になる方は、tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)のホームページをのぞいてみて下さい。
tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)


以上、なんねん(難燃)のご紹介でした。
梅雨の時期も、安全で楽しい外遊びを♪





ん?

モデルのフジオカはんって・・・・・・



要る?



- 部下のいじり方が雑 ナカジマ -
スタッフ釣果情報~近場で釣り・食パンでコイを釣る~
スタッフ日記2020.06.20
皆さんこんにちは。
フィッシングスタッフのクリハラです。

今年の梅雨は梅雨らしく連日の雨模様ですね。
梅雨の晴れ間をぬって、ご近所フィッシングを楽しんできました。

ターゲットは身近な大物“コイ”です。
入間川をはじめ、県内のいろいろな川や池に生息している魚です。

普段はルアーやフライで魚を釣る事が多いですが、今回は食パンをエサにして気軽に釣りを楽しんできました。

用意したものはこんな感じです。

釣り竿はJointerのミクスチャー76とミクスチャーソロ610。
仕掛けは結ぶだけで簡単にセットできる、がまかつのパン鯉仕掛け、
それに重要なエサ“食パン”です。
道具はこれだけ!シンプルに釣りが始められます。



Jointerのミクスチャー76はロッドとリール・ラインが予めセットになっているので難しいセッティングをする必要がないのもうれしいところです。


仕掛けを引っ張りだして・・・、


リール竿の糸に結ぶだけ!!


パンをちぎって投げ・・・、


仕掛けをキャスト!


最初に食いついてきたのは・・・、フナでした!ヘラブナかな?


クリハラも仕掛けを投げ入れると、さっそく水面に浮いているパンを吸い込む魚が・・・!



こちらは本命のコイでした!大きくてパワフルなファイトでした!


その後、数尾の魚をキャッチしたので、ゆっくり休憩。

お気に入りのマキネッタで入れたコーヒーを氷にダイブ!
いい感じのアイスコーヒーを淹れられます。
暑い日にアウトドアで飲むアイスコーヒーは至福の一言につきますね。



近場で楽しめる釣り“パン鯉”。今まで釣りをやったことがない方も始めやすい釣りだと思います。
ジョインターのミクスチャーはコイに限らず、いろいろなターゲットを狙える釣り竿です。
今年の夏はミクスチャーで魚釣り、はじめてみませんか?

使った釣り道具たち
ロッド:ジョインター ミクスチャー76・ミクスチャーソロ610
リール:ミクスチャーにセットされているリール2500番
仕掛け:がまかつ うきまろ パン鯉仕掛け
エサ:食パン6枚切り


ようやくの沢シーズン!
スタッフ日記2020.06.19
トレッキング担当 青木です。

6月になってようやく各地での登山が少しずつ解禁されてきました。

コロナの影響で3月から全く山に行けてなかったので、すっかりなまってしまった体でしたが棒ノ折山(棒ノ嶺 969m)で復帰してきました。

さわらびの湯の駐車場をお借りして、まずは埼玉県の水がめ「有間ダム」へ向かいます。

有馬ダムは岩石や土砂を積み上げて建設するロックフィルダムです。
横から眺めるとコンクリートダムとの違いがはっきりしてますね。

ダムの話はまた後日にして先に進んでいくと、白谷沢コースの登山口があります。


ここからは登山道です。
登山とはいえ感染予防のためできるだけ接触を避けなければいけません。
ここは白谷沢沿いに登山道があるコースなのですが、あくまで一般登山道なので
他の登山者とのすれ違いなどが発生してしまいます。

すれ違いなど極力避けるために青木のとったコースは”沢沿い”ではなく、
沢を歩くコース。つまりは”沢登り”です。

登山口から15分ほど進むと沢まで簡単に下りられるところがあるので、
ここを入渓点とし、装備を整えます。

ちょっとした小滝でも視点を変えるだけで雰囲気が変わりますね。
平日ということもあり、沢を歩く人は自分以外には誰もいません。

白谷沢は小滝は何か所かあるものの登山道がすぐ脇にあり、
大きな滝は簡単に巻くことができるため沢登りというよりは”沢歩き”な沢です。
いつもならば3月末~4月には沢に行き始めるのですが、
シーズン・インが2ヶ月も遅れ、しかも今回はソロなので登攀要素を省くため
滝を巻くときは登山道を使って楽しく沢を歩きます。


登攀要素はなるべく省きますが、ホールドがしっかりしている小滝は越えて行きます。
水線突破が沢の基本!

暑い日は水飛沫を浴びながらのシャワークライミングが最高に気持ちいいですね!

しばらく行くとゴルジュが迫ってきます。


結構迫力ありますね~ この先には何があるのかワクワクしてきます。

ゴルジュを抜けると白孔雀の滝(10m)が現れました。

登山道からだと落ち口付近の側面からしか眺められず滝の全景は見えないのですが、
沢を行くとこんなに素敵な姿が見れます。


ホールドはありそうですが今回は直登はあきらめて 登山道を使って巻きます。

そこから先は水量も減り倒木も増えてきたのでここで遡行を終了し脱渓し、
すぐ上にある丸太のベンチで休憩を兼ねて装備を解除します。



ここから先は登山道を使って頂上を目指しますが、トレーニングも兼ねているので
ペースを早めて心拍数高めで進みます。

岩茸石を経由し1時間ほどで頂上に着きました。

景色は真っ白、さっさと下ります。

下りはさわらびの湯まで一般道を使って下りましたが、やっぱり体がなまってしまっているので、
なかなかシンドかったですね。

さわらびの湯で汗を流して登山終了です。

近場の山も登山ルートを変えるだけで様々な表情を見せてくれるので、
あらためて登山って奥が深いなぁ~って感じます。

ようやく県外への移動も解禁されましたが、近くの山でも慣れたルートとは違う道で
登ってみるのも面白いですよ。
ヒゲ vs ヒゲ
スタッフ日記2020.06.12
みなさん、こんにちは。
今日は車の中がくさいスタッフのナカジマです。


ニオイの原因は、前日から積みっぱなしのこのネット。

なぜネットがくさいのか、その理由をお話しします。



埼玉県にお住まいなら、このぐらいの規模の川や水路が身近にあるという方、多いのではないでしょうか。

我が家の近所にもあって、このごろは、涼しくなる夕方から釣り竿持って出かけています。


ルアーを投げてゆっくり引いてくると・・・


ハイ!釣れました~!

ナマズさん。
家の近くで手軽に楽しめる釣りのターゲットです。


フライフィッシングで鱒を釣る時は、その時魚が食べている虫が何なのか考えて毛ばりをチョイスしますが、ナマズさんの場合、深く考えなくてOK!
水面に浮くタイプのルアーに元気よくアタックしてきます。

例えば、こんなルアーにも。

ふざけたルアーほど、釣った時の達成感があります(笑)
アピール力を高めるために、ペラペラやビラビラをつけ足したりする『チューニング(改造)』も楽しみのひとつ。


ちなみにこちらは、

メガネと眉毛を書き加えて自分っぽいルックスにした『落書きチューニング』。

ナマズさんへのアピール力は不明ですが

良い仕事します!



ナマズさんがあまり釣れないときは、ルアーをえさに付け替えて・・・

ハイ!釣れました~!

ザリガニさんです。

ナマズさんが釣れる川は、近くに田んぼがあることが多く、その田んぼ脇の水路にはザリガニさんが住んでいます。


時には、『ザリガニ団地』になっていることも。

持って帰るわけではないのですが、たくさん釣れるのがうれしくて、ネットの中にいったんキープ。

最後に『ドサ~』っと川に帰します。


こうして、ナマズ臭とザリガニ臭がネットに浸み付き、その日のうちに洗えばいいのに忘れて寝ちゃって、車の中が臭くなるわけです。


近所の川で、釣りしたり生き物捕まえたり。
遠くに遊びに行けないときは、そんな『身近なアウトドア』もいいですね。
道具は、たしかWILD-1入間店にいろいろ売っています。


これからの季節の外遊びに欠かせないのが『虫よけ』。
私が使っている『パワー森林香』と『ハッカスプレー』の組み合わせは、個人的には最強だと思っています。

『夏の夜の水辺の草むら』という、絶対刺されるでしょっていうシチュエーションでも、一度も刺されたことがありません!(そのくせ、無防備な家の中ではよく刺されます)
ぜひお試しください。


ところでナマズさんって、よく見るとカワイイ顔してるんですよね。
左右に離れた青い目、大きな口、そしてなんと言っても特徴はおヒゲです。


そこで
WILD-1の中でも『ヒゲの似合う男ベスト100』に入る、スタッフのカワノを釣りに誘ってみました(笑)


道具は持っているけど、まだナマズさんを釣ったことがないカワノ。
何とか釣らせてあげたいとガイドする私。


仕事が終わってから川に向かい、ふたりでルアーを投げ続けること2時間。

ついにカワノの釣り竿が弓なりに曲がりました!

少し離れて釣っていた私にも『バシャバシャっ』と水面でナマズさんが暴れている音が聞こえます!


急いで駆け寄ると

『バレちゃいました~』
しょんぼりするカワノ。

ナマズさんを釣る時は、かえしのない『バーブレスフック』を使うので、一度掛けてもはずれちゃうことが多いんですよね。
残念。


こうして
『ヒゲ vs ヒゲ』 対決は
ヒゲに軍配が上がったのでした。


また近いうちに行ってみます。
みなさんも、ぜひ。


- ナマズシーズンは常に寝不足 ナカジマ -
焙煎してみた
スタッフ日記2020.05.25
コーヒー大好きな青木です。

ようやく非常事態宣言が解除されましたね。
イヤー長かった。これから少しずつ元に戻って来てくれるといいですよね。

登山大好きな青木ですが、2か月以上も山に行けないなんて登山を始めてから初かもしれません。
あー 山が恋しい。沢登りしたい。MTBで走りまわりたい( ´Д`)

自粛の間、初めて焙煎に挑戦してみました。

焙煎といえば、コーヒーです。
ってことでコーヒー豆を爆ぜさせます。

まずはいつも豆を買うとこで生豆を買ってきて、

今回はブラジルサントスです。


焙煎前の重量を計って

153g

LOGOS 炭火もも焼き器 ¥3,900(税抜)に入れて、

電熱器の上でひたすら振り続けます。

振ります。

振ります。


振り・・・ 全く変化がありません。

いい加減腕が疲れてきました。
多分火力が足りてないので、電熱器から卓上コンロに交代です。

振ります。

やっぱり振ります。

10分ほどでバチバチと爆ぜる音がしてきます。
1爆ぜです。

チャフと呼ばれる薄皮が辺りに飛び散らかります。


さらに、

振ります。

まだ振ります。

バチバチとした音からピチピチという細かい音に変化してきます。
2爆ぜです。

2爆ぜの音がしなくなってくればこんがりとしたイタリアンロースト。

焙煎後の重量

113g

約25%も水分飛ばしました! 
色も香りもいい感じ!こりゃ成功か?

風を当てて素早く冷やしたらできあがり。

本当は一晩くらい休ませてからのほうが苦みが落ち着くのですが、
今回はさっそく1杯淹れてみます。

香りはイイ感じです。
脳内BGM:ダバダ~♬


肝心の味の方は・・・
苦みが鋭い!  まぁ、焙煎直後なので仕方ないですね。

次の日に淹れた水出しコーヒーはいつもの味で大満足(・∀・)

山やキャンプでコーヒーを楽しむ方も多いと思いますが、
焙煎からチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
自分で焙煎したコーヒーはまた格別の味です。

ただものすっごい腕疲れますけど・・・

手軽に本格的な味を求めるならばコチラ
「The COFFEE BREWER」 ¥350(税抜)

袋にお湯を注ぐだけでドリップしたかのような本格的な味わいが楽しめます。
ほかにもコロンビアやエチオピアなどいろんな豆のコーヒーがあります。

自然の中で味わうコーヒーっておいしいですよね。

ミルやドリップを持ってこだわるもヨシ。
ワイルドにパーコレータで淹れるもヨシ。
手軽にインスタントもヨシ。

次は何を焙煎しよっかな~。
ディスカバー地元(後編)
スタッフ日記2020.05.15
みなさん、こんにちは。

お腹周りのプニプニを燃焼させるべく、散歩に出掛けたスタッフのナカジマです。


緑の向こうに青い空。小鳥の声。

ただそれだけなのに、とても気持ちが落ち着きます。

インドア派の私といえども、ずっと家の中にいるだけでは、知らず知らずのうちにココロもカラダも疲れていたようです。

つい足を止めて、
空を見上げてしまいます。


の、
フリをして、
休むわたし。

ええ、SUPの陸トレに疲れたんです。

この日は感染予防と日焼け対策のため、帽子・マスク・サングラスという、昭和のコントに出てくる銀行強盗みたいな姿の私。
周りで遊んでいる子供たちは、いぶかしげにチラチラこちらを見るものの、誰も近づいて来ません。
ソーシャルディスタンス ばっちりです♪


さて、今回は散歩の中にもちょっとした『非日常』を味わおうと、携帯できる小型のコンロを持ってきました。

お湯を沸かして簡単な昼食。

折り畳み式の座布団もあると、ベンチ時間の快適度がアップします。
(火器使用禁止の公園もありますので、事前に確認しましょうね)


公園にはたくさんの花が咲いていて、道行く人々を癒してくれます。


でも私は

花よりダンゴ。

ダンゴよりシュワシュワ。

(もうプニプニのことは忘れている)


気温が上がるこれからの季節、冷たい飲み物やお団子を散歩に持って行くには、背中のザックに入るぐらいの小型クーラーボックスが便利です。
私が使っているのは、350ml缶がちょうど6本入るサイズ。

ちなみにこの写真は、今回の散歩の写真ではなく、以前テント泊でトレッキングに行った時のものです。散歩に6本持って行くわけないじゃないですか。ましてやワインまで。
(てか、山に何しに行ってるの?)


さらに散歩を楽しむための小道具
『双眼鏡』

『人は花鳥風月の順に歳をとる』と、以前タモ〇さんがおっしゃってましたが、私は今『鳥』段階にあるらしく、最近、仕事中に外から聞こえてくる小鳥の声が気になるんですよね。

散歩しながら鳥も探せたらいいな~というピュアな考えです。
対岸のカワイイ子を探しているわけではありません、決して!

しかし、
ただでさえ怪しいルックスの私が双眼鏡なんかのぞいていたら、周りの子供たちが近寄って来ないどころか、どんどん離れて行きます。
通報される前にやめておきました(泣)
(でも、双眼鏡ひとつあると、キャンプやトレッキングの楽しみが増えますよ)



結局この日は5時間ぐらい外で過ごしたのですが、インドア派の私が慣れない散歩でも快適に過ごせたのは『足元』にヒミツがあります。
それは
『インソール(中敷き)』と


『靴下』

話せば長くなるので、詳しくは店頭で。



公園での過ごし方は人それぞれ。

ジョギングする人、楽器の練習をする人、木登りする人。

よく見ていると、楽しそうな家族と、そうでない家族がいるのに気づきます。

かたや、
子供より親の方がはしゃいでいる家族。
かたや、
無言でスマホいじる母親のそばで、ひたすら土を掘っている子供。


なかなか遠くに出掛けにくい今、子供たちを楽しませるには、親御さんの『遊び力』がものを言いますね。


ここでご紹介した道具は、アウトドア用品店などで取り扱っております。
お役に立てるようでしたら、一度のぞいてみてはいかがでしょうか。


ちなみに私は今回、虫捕り網を持って行かなかったことを後悔しており、

近所のアウトドア用品店で物色中です♪


- 結果、プニプニ微増  ナカジマ -

おしゃれギア
おすすめ商品2020.05.14
入間店にオシャレなキャンプギアが入荷しました♪


THE NORTH FACE / CAMP TABLE SLIM


さてさて、皆様ご存じでしょうか
WILD-1入間店にはTHE NORTH FACEコーナーがあるということを・・・


人気のウエアや、今話題のキャンプギアまで取り揃えております!

最近はなかなか外に出られないので「部屋キャン」
流行ってますよね~
私もギアは持ってますが、なかなかオシャレに飾れなくて
いつも試行錯誤しています・・・

テーブルも家で使うとなると結構ロースタイルにしたいなー
がっつりキャンプのテーブルは6畳だと厳しいし・・・
ん?このテーブル1.2人にめっちゃ良いサイズ感なんちゃう?
ってな感じです。

部屋が8畳以上の方はこんな感じにしてみるのも良いですね♪

あ、でも部屋にペグダウンするのは出来るだけやめたほうが良いと思います。
重りとかで代用するのをオススメします。


テーブルの他、チェアやおしゃれコンテナ等
いろいろなアイテムが出ているので
THE NORTH FACEファンの方はもちろん!
オシャレキャンパーさんや部屋キャンしかしない派さんも
ぜひ一度、THE NORTH FACEのキャンプギアをチェックしてみてください!


ディスカバー地元(前編)
スタッフ日記2020.05.12
外出自粛要請に応じて、
自宅ゴロゴロ生活を続けて1ヵ月。
私の体に異変が起き始めている。

何かに蝕まれているようだ。

体の動きが鈍い。
靴を履くとき前かがみになるのが億劫。
今まで履けていたパンツがキツイ・・・。

私の体に取りついたものの正体、
それは
『ウィルス』
ではなく
『脂肪』であった・・・。



ハイ!
みなさん、こんにちは!
要は運動不足なスタッフのナカジマです♪

今回は、お腹周りのプニプニを燃焼させるべく、自宅から徒歩5分の川沿いを散歩してきました。


厚生労働省の提唱する『新しい生活様式』に従い
■遊びに行くなら屋内より屋外
■公園はすいた時間・場所を選ぶ
■すれ違う時は距離をとる
ということを心掛けています。

ちなみに私がどれぐらい他人と距離をとっているかというと

これぐらいです。

人見知りなもので。


川沿いには『自転車歩行者専用道路』が整備されています。

自動車の往来を気にせずに、お子様も安心して散歩できます。


すぐに小さな神社が現れたので安全祈願。

『世界が平和でありますように。
 プニプニが勢いよく燃焼しますように。
 宝くじが当たりますように。
 道の向こうから、
 カワイ子ちゃんが次々とやってきますように。』


小川を見つけては、魚がいないかのぞき込み

目の前を横切ったトノサマバッタを全力で追いかける。


外出自粛でささくれ立っていた気持ちが、晴れて行くのがわかります。
(プニプニはまだ燃えていません)

いつも車で通り過ぎるだけで、家のすぐ近くにこんな場所があるとは知りませんでした。
遠くに出掛けなくても、十分癒されます。


ところで、

なぜ散歩でスケートを背負っているかというと

ちょっとでも下りがあったら、
ラクしようと思っているから!

(プニプニ燃やす気なし)


ただし、
『川の上流から下流に向かって歩いているんだから、ずっと下り坂でしょ』という考えは甘く、ほぼ平坦でした・・・。


そこで、コレの出番。

『トレッキングポール』
登山などで体の負担や疲労を和らげてくれる便利な道具です。

が、
今回は
スケートとトレッキングポールを使って、

SUP(サップ)の陸上トレーニング。
(トレッキングポールの正しい使い方ではございませんので、自己判断でどうぞ。って、誰もやらないか。)

できればきれいな海や湖で漕ぎたいのですが、今は我慢です。
本来のSUP用パドルよりだいぶ短いので、へっぴり腰になってしまいますが、上半身も使ったいい運動になります。
(プニプニようやく燃焼開始)


ところで、SUPって、なに?
という方は、コチラ↓
『富士山麓タープ泊』
(とてもくだらない内容なので、できれば見ないで下さい)


さあ、
いよいよ燃え始めたお腹周りのプニプニたち!

この勢いで、くびれたウェストを手に入れることはできるのか!?

後編へ つづくっ!


- トノサマバッタは捕り損ねた ナカジマ -

もっと見る

  • 登録されたイベントはありません。

8足目のダナー
2020.07.14

みなさん、こんにちは。 下駄箱にも遊び道具部屋にも収まりきらない靴たちが、雛人形のように階段に並び始めたスタッフのナカジマです。 スキー・スノーボード用のブーツが10足以上あるのが一番の敗因なのですが、それはひとまず見なかったことにして、今 […]

スタッフ釣果情報~近場で釣り・食パンでコイを釣る~
2020.06.20

皆さんこんにちは。 フィッシングスタッフのクリハラです。 今年の梅雨は梅雨らしく連日の雨模様ですね。 梅雨の晴れ間をぬって、ご近所フィッシングを楽しんできました。 ターゲットは身近な大物“コイ”です。 入間川をはじめ、県内のいろいろな川や池 […]

ようやくの沢シーズン!
2020.06.19

トレッキング担当 青木です。 6月になってようやく各地での登山が少しずつ解禁されてきました。 コロナの影響で3月から全く山に行けてなかったので、すっかりなまってしまった体でしたが棒ノ折山(棒ノ嶺 969m)で復帰してきました。 さわらびの湯 […]

ヒゲ vs ヒゲ
2020.06.12

みなさん、こんにちは。 今日は車の中がくさいスタッフのナカジマです。 ニオイの原因は、前日から積みっぱなしのこのネット。 なぜネットがくさいのか、その理由をお話しします。 埼玉県にお住まいなら、このぐらいの規模の川や水路が身近にあるという方 […]

焙煎してみた
2020.05.25

コーヒー大好きな青木です。 ようやく非常事態宣言が解除されましたね。 イヤー長かった。これから少しずつ元に戻って来てくれるといいですよね。 登山大好きな青木ですが、2か月以上も山に行けないなんて登山を始めてから初かもしれません。 あー 山が […]

ディスカバー地元(後編)
2020.05.15

みなさん、こんにちは。 お腹周りのプニプニを燃焼させるべく、散歩に出掛けたスタッフのナカジマです。 緑の向こうに青い空。小鳥の声。 ただそれだけなのに、とても気持ちが落ち着きます。 インドア派の私といえども、ずっと家の中にいるだけでは、知ら […]

ディスカバー地元(前編)
2020.05.12

外出自粛要請に応じて、 自宅ゴロゴロ生活を続けて1ヵ月。 私の体に異変が起き始めている。 何かに蝕まれているようだ。 体の動きが鈍い。 靴を履くとき前かがみになるのが億劫。 今まで履けていたパンツがキツイ・・・。 私の体に取りついたものの正 […]

インドア派のわたし
2020.04.21

みなさん、こんにちは。 根っからのインドア派なので、今は水を得た魚のごとく家でゴロゴロしているスタッフのナカジマです♪ 掃除や洗濯などの家事を済ませた後は ヨガで心身をウォーミングアップして、 ギターの練習。 指が痛くてギターを挫折したら、 […]

スタッフ釣果情報~中禅寺湖解禁釣行~
2020.04.02

みなさん、こんにちは。 入間店フィッシングスタッフのクリハラです。 いよいよ4月を迎え本格フィッシングシーズンのスタートといった様相ですが、今回は多くのアングラーが待ち望んでいた 中禅寺湖が解禁を迎えましたので、ふじみ野店スタッフと共にさっ […]

スタッフ釣果情報~解禁直後の芦ノ湖~
2020.03.15

皆さんこんちにちは。 フィールドの解禁を迎えて休む暇もなく魚釣りに出かけているフィッシング担当のクリハラです。 今回は解禁直後(3/3)の芦ノ湖にふじみ野店スタッフと一緒に出掛けてきました。 今年の私的湖釣りの解禁釣行でしたが、気温も高く快 […]

スタッフ釣果情報 解禁直後の長野へ
2020.03.01

みなさん、こんにちは。 『ついに始まってしまったな、そろそろ本気を出すか・・・。』とフライフィッシングのシーズンインを感じ、やっと重い腰を上げて毛ばりを作り始めたフィッシングスタッフのクリハラです。 ついに今日!3月1日に関東近郊の多くの河 […]

もっと見る

ページトップへ