WILD-1店舗

WILD-1 ONLINE STORE
全世界的に人気のSIMMSウェーダー入荷!
おすすめ商品2020.09.17
SIMMS トリビュータリーストッキングフット ¥25,000 with TAX-

2019年に登場したとたん、瞬く間にウェーダーの新定番になったシムス トリビュータリーストッキングフットが秋のシーズンイン前に再度入荷いたしました。

頑丈で透湿性の高い3レイヤーと4レイヤー素材を使用し、寒い日にはうれしい大型のリーチスルー式ハンドウォーマーポケットを装備、チェストポケットには各種ツールやフライボックスを収納することも出来ます。自然な体の動きを妨げることなく、快適な釣りを約束してくれるでしょう。

シンプルながらも必要な機能を兼ね備えた使い勝手のよいウェーダーで
冬季釣り場や管理釣り場でのウェーディングゲームにおすすめのアイテムです。

WILD-1全店にて入荷中です。
『入間店限定 ご当地シェラカップ』入荷のご案内
お知らせ2020.09.17
大変お待たせして申し訳ございません。
欠品しておりました『WILD-1入間店限定 ご当地シェラカップ』が入荷いたしました。


『色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす』と謳われる狭山茶。
入間市はその主産地のひとつです。

入間店バージョンは、お茶の葉と花をデザインしました。
『日本一お茶の似合うシェラカップ』に仕上がっておりますが、コーヒーにもどうぞ(笑)
Jointer×Fishman Beams LOWER 7.3L Equality 入荷中です
おすすめ商品2020.09.14
Jointerブランド生誕2年目記念コラボロッド



「フィッシュマン ビームスローワー7.3Lイクアリティ」入荷しております。

¥47,800₊税


本流のトラウト~湖のトラウトなどで人気のある純正ローワーをイクアリティー(均等3分割)化したロッドで、純正よりやや張りのある細くシャープなバットに変わり、均等3分割による収納性のコンパクト化。

バット部はこだわりの「バンブーデザイン」で撮影時のトラウトとの相性は抜群です。純正ローワー7.3Lとは異なる雰囲気が漂う従兄弟のような存在。


本流トラウトから湾奥のシーバスまで幅広く対応し、思わぬ大物と対峙しても安心してやり取りできるバットパワーを兼ね備えています。
是非この機会に、ジョインター版ローワーを手に取ってみてください。

WILD-1全店にて入荷中です。

Patagonia M’S ウルトラライト・パッカブル・ジャケット新入荷
おすすめ商品2020.09.10
Patagonia メンズ・ウルトラライト・パッカブル・ジャケット
¥32,000+TAX

どんな釣り場へも行ける防水性ジャケットです。透湿性を備え軽量でテニスボール大のスタッフサックに収納可能!
フライボックス用ポケット、ツール用ドック、つば入りのフード、耐食性ジッパーを備えたフィッシング仕様のデザイン、DWR(耐久性撥水)加工済み。
フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用です。

シンプルなデザインでかっこいいレインジャケットです。
コンパクトになるので急な天候の変化にすぐに対応できるようにベスト、バッグに常に
忍ばせることが出来るので安心して釣りができます。

WILD-1全店にて入荷中です。
CHUMS×Jointer コラボフィッシング柄 ロングスリーブTシャツ 入荷中です!
おすすめ商品2020.09.07
アウトドアブランドでお馴染みの人気メーカー「CHUMS」Jointerがコラボしました

コラボフィッシング柄 ロングスリーブTシャツが入荷いたしました。


カラー展開はホワイト、ネイビーの2色、
サイズ展開は、S・M・L・XLの4サイズになります。

カラー:ホワイト
カラー:ネイビー
チャムスのシンボル「ブービーバード」が釣り人に扮している今までになかった釣りデザインTシャツになっており、素材はコットン100%。
キャンプにはもちろんのこと、カジュアルにも使い勝手のいいロングスリーブタイプになってます!
この秋にぴったりの1着になると思います!

WILD-1全店にて入荷中です。
オンラインストアでの購入はこちら→CHUMS×Jointer コラボフィッシング柄 ロングスリーブTシャツ


さらにCHMUS×Jointerでは、フィッシングやアウトドアにも使いやすいサコッシュやバッグなども展開中です。


左から
【ジョインター別注モデル】Jointer×チャムス フィッシングサコッシュ
【ジョインター別注モデル】Jointer×チャムス フィッシングショルダーバック【カーキ】
【ジョインター別注モデル】Jointer×チャムスフィッシングショルダーバック【カモ】

お気に入りのギアを入れて、秋のアウトドアシーズンを楽しみましょう!!



入間市プレミアム付商品券(いるまスマイルチケット) 使えます!
お知らせ2020.08.24
WILD-1入間店では、
『入間市プレミアム付き商品券(いるまスマイルチケット)』をご利用いただけます。

こう見えて、実は大型店ではないので(笑)、A券・B券どちらもご利用いただけます。


この商品券は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により売上減少等の影響を受けている市内事業者を支援し、市内の消費喚起と地域経済の早期回復を目的としたものです。


地域経済の活性化と並行して、引き続き感染拡大防止に努めましょう。

『いるまスマイルチケット』にも登場する
入間市のキャラクター『いるティー』のように、
こまめに手洗いをし


外出時はマスクを着用しましょうね。



ちなみに私は、住まいが入間市ではないので、この超お得な商品券を購入できませんでした・・・。

ゲットできたみなさん、ぜひご利用ください!


- 心は入間市民 なかティー -
持続可能な釣りを目指して
スタッフ日記2020.08.19

こんにちは。
いつも自然環境のことを考えて生きている釣り担当クリハラです。
長い梅雨もあけ、ようやく久しぶりのイワナ釣りに出掛けてきました。

最近は自分の知らないパラダイスのような場所がどこか近場にあるのではないかと妄想しながら、1/25000の地形図を眺めて良さそうなフィールドを探しています。
今回はそんな情報収集の結果、見つけた小さな沢です。

いつも自然環境のことを考えているので、当然川の様子も気になります。
連日の雨で渡渉するのが危険なほど水位が上がっていないのか?
上流で土砂が流れ込んで、釣りができないほど水が濁っていないのか?
はたしてそこに魚は生息しているのか?
気になることだらけです。


そんな中、釣りをするうえで特に気にかけているのが自分の釣りが環境の負荷になりすぎていないか?ということです。

釣った魚を持ち帰りすぎていないか?(普段は持って帰りませんが、持ち帰る事を否定している訳ではないですよ。)とかゴミを出していないか?などなど

現状、人として生きている以上自然環境に全く負荷をかけずに生きて行くということは非常に難しいことは理解しつつ、まぁこれからも長く自然の中で遊んでいけるように最低限のことはしておきたいですよね!といったゆるめのスタンスです。


釣りをしているうえでいつも気を付けているのは、フライやルアーを交換した際に出る糸くずです。いくつかのフィッシングアクセサリーメーカーが同じようにこの問題を気にしていて、良い製品を供給してくれています。私が使っているのはニュージーランドのフィッシングアクセサリーメーカー“SMITH CREEK”のスペントラインラングラーです。(他にもフィッシュポンド社やフルックス社から良いもの出ています。)


使用済みのライン・糸くずをクルクルと巻き付けて持ち帰り、家に持ち帰ってから適切に処理します。ストレスなくごみを持ち帰る方法を用意しておくことは割と重要です。


もう一つはベルモントのルアーリターンワイドです。
水中に引っかかってしまったルアーや木の枝に引っ掛けてしまったフライの回収にかなり役立ちます。今回はフライを引っ掛けてしまった木の枝を手繰り寄せ、絡まったラインやフライを回収。足元が不安定な場所で背伸びをして木の枝をつかんだりする必要もなく、フィールドに不要な糸くずなどを残す事もない優れものです。

今回の釣り旅でもどちらのアイテムもとても活躍しました。いつまでも気持ちよく釣りが楽しめる環境の維持のため、出来る事からちょっとずつ行動していきたいですね。

釣りの方は順調で、今回もきれいなイワナに遊んでもらってきました。


チャリできた
スタッフ日記2020.08.18
長い梅雨が明けたと思ったらうだるような暑さが連日続いてますね。
暑いの苦手な青木です。

トレッキング担当として登山靴やザックをご案内することの多い青木ですが、
実は登山と同じくらい自転車も好きなんです。

ある日いつもより少し早起きしてMTB(愛車のGIANT FATHOM)を準備して、



少し遠回りして6→7とトレイルで遊びつつ、



西武線をくぐるときには頭をぶつけないようにサドルからお尻を落として、


ようやく着いたのが、

WILD-1入間店!!
自宅からの距離 片道30km弱!
(トレイルで遊ぶために遠回りしましたが・・・)

あ~ 暑い! しんどい!


何がしたかったかというと、
たまには車ではなく自転車で来ることでCO2削減してみました。
ってことです。

地球温暖化が叫ばれて既にもう何年もたってますが、
ちょっとでも改善していくためには1人1人がちょっとした取り組みを
長く続けていくしかないですよね。

昨年10月の台風は記憶に新しいですが、各地で登山道や沢などが
大きなダメージを受けて今でも復旧の目途がたたないところも多いようです。

10月になっても勢力が落ちずに日本に直撃しちゃうのも温暖化の影響らしく、
大切なフィールドを守るためにも「ちょっといいこと」していこうと思います。

日々の暮らしの中で皆さんがちょっとだけ地球に良いことをしていったら、
ちょっといい未来になるのかなと。




ただ、熱中症には注意しましょう!
水分補給は小まめに何度も!

今回ハイドレーションの準備を怠ってボトルだけで走ったら
水がなくなって途中ピンチになりました。
本当に注意してくださいね!

WILD-1入間店では夏場の効率良い水分補給で熱中症を予防すべく、
ハイドレーションをオススメしております。一回使ってみると感動しますよ!

まだハイドレーションを体験したことない方はぜひ青木までお尋ねください。
お手入れ方法なども含めて詳しくご案内いたします。

コンパクトな夏
スタッフ日記2020.08.17
みなさん、こんにちは。

隣の奥さんに、
『この人いつ働いているのかしら?』という目で見られているスタッフのナカジマです。

仕事の日も休みの日も、服装があまり変わらないからでしょうね。



そんな奥さんのために、仕事か遊びかの見分け方をお教えしましょう。

それは、
バッグがブリーフケースか、そうでないか。

たとえクライミングパンツにサンダルだとしても、ブリーフケースを手に持っていたら、その日は仕事です。
これが基本。

しかし、奥さん!
これはあくまで基本であって、最近はそうとも限りません。


なぜなら、
ブリーフケースに収まる釣り竿を手に入れたから!

Jointer
『Sparrow grass 703T』
ありそうでなかった、コンパクトな振り出しタイプのフライロッド。
これで、仕事に行くフリをして、釣りに行けるのです!

まあ、そんなことをするのは、私かWILD-1各店の釣り用品担当者ぐらいですが、例えば長期出張に持って行けば、ちょっと空いた時間に釣りができます。

また、電車やバスなどの公共交通機関を使って釣りに行きやすいですし、バイク・自転車・カヤック・SUP・トレッキングなどの『アウトドア旅』にも一緒に連れて行けます。

好きなアウトドアに『釣り』を足し算という、ブランドコンセプトにピッタリの釣り竿なのです。

ブランドのホームページには
『半分遊び半分本気、そんなフライロッドです』とありました。
これまでの人生『遊び9割・その他1割』というバランスで生きてきた私にとっては、『半分も本気なんて、すごい!』ということで、購入に至ったわけです。



先日、この竿を持って釣りに行ってきました。
ウェーダーは履かず、夏のゲイタースタイルで。

気温20℃、水温15℃。
天国です。

ルックスもアクションもゆるい竿ですので、リールはちょっと古くてカッコよすぎないのをセット。




この竿のコンパクトさは、釣りの現場でも重宝します。

フィッシングベストの背中のポケットに収まりますので、川へのアプローチで急な斜面を下る時や、流れの強い川を渡る時などは、ポケットにしまって両手をフリーにできるのです。

そして釣りを再開する時は

たたんである竿を

しゅるしゅるしゅる~と伸ばすだけ。

リールや毛ばりをセットしたまま伸び縮みできますので、一般的な継竿タイプのパックロッドと比べ機動力が圧倒的に違います。



初めて使う竿なので、魚をキャッチできるおまじないとして、毛ばりボックスには魚をくわえた熊のステッカーを貼ってきました。


イラストレーター『ウシオダヒロアキさん』デザインのステッカー、WILD-1入間店にて絶賛販売中です!

私もいろいろ購入してギアに貼りまくっています。


このおまじないステッカーの効果か・・・


釣れました~!

中指サイズのヤマメさん・・・。

続いて

くすり指サイズのイワナさん・・・・・・。


ちょ、ちょっと!

竿がコンパクトだからって、釣果までコンパクトである必要はないんだよ!
キミたち!


釣果は私のウデのせいであって、竿に責任はございません。
みなさま、安心してお買い求めください。
詳しくは、コチラ ↓
Jointer 『Sparrow grass 703T』

さて、そんな私の心配事は、
このホームページを見た隣の奥さんが、マジメに仕事に出掛ける私を見て、『あの人また釣りに行くのかしら』と思ってしまうんじゃないかということです。


- 遊びが仕事!(キッパリ!) ナカジマ -
恩返しトレイル
スタッフ日記2020.08.05
みなさん、こんにちは。

普段は、ツルよりもネコよりも恩返しができていないスタッフのナカジマです。


さて、
私がこうして遊んでばかりいられるのも、遊びたいと思える素敵なフィールドがあるから。
そして、それを守ってくれる人たちがいるからです。

例えばトレイルなら、安全で歩きやすいように道を整備してくれたり、迷わないように標識を立ててくれたり。


そんな方々とフィールドへの恩返しをするために、いつもイベントでお世話になっているトレイルへやってきました。

せっかくなら環境への負荷をできるだけ減らそうと、トレイルヘッドまでの移動手段は自転車です。(上り坂の多い道を10km漕いだので、すでにヘロヘロです・・・。)

バックパックから取り出したのは

tent-Mark DESIGNS
『キングトング』


あ!
しまった!
トレッキングポールと間違えて、トング持ってきちゃった!

だって、サイズも形もそっくりなんだもん!

というわけではありません。


今回は、この『キングトング』と『WILD-1オリジナルゴミ袋(非売品)』で、トレイルのゴミ拾いをするのです。



まずは、自転車をとめた公園からスタート。

早速、最初のゴミを発見!


マスクです。

このご時世ならではですね。

お次は

空気の抜けたボール2個。
子供が多い公園らしいゴミです。
しょっぱなから大物拾っちゃったんで、すでにゴミ袋が重い・・・。


公園を抜けて、登山道に入ります。


登山道で一番多いのは

キャンディなどのパッケージ。
捨てるつもりはなくても、風に飛ばされたり落としちゃったりするんですよね。


山頂は、休憩ポイントのわりにはゴミが少なかったです。

ここでひと休み。


低山ですが、高温多湿で喉はカラカラ。
こまめな水分補給が大事です。
ペットボトルは使わず、マイボトルで多めの飲み物を持ってきました。

(図らずも、『アウトドア水筒の歴史』みたいな写真になってしまいました)


まだ梅雨明け前だったこの日は、毎日の雨で道がぬかるんでいました。
身近なトレイルでも、滑りにくいソールの靴がおすすめです。

私はトレイルランニング用のシューズだったので、滑りはしなかったのですが、足首丸出しで来たことに後悔しました。

蚊の猛攻がすごい・・・。

この時期、低山では虫よけも必携です。



山を下りると、トレイルは川沿いに。

ここが、今回のハイライト。
ゴミだらけ!

増水などで上流から運ばれてくるゴミもありますが、こんなヒドい焚火痕も・・・。



最後は舗装路を歩いて、公園に戻ります。
ここで多いゴミは

たばこの吸い殻・・・。



アウトドアが好きな人も嫌いな人も、
タバコを吸う人も吸わない人も、
汚れた星よりキレイな星に住みたいですよね?

カンタンな話なんだけどなぁ・・・。




さて、
今回使用したのは、少し大きめの防水バックパック。

雨の日も中身を濡らさないので、自転車やバイクで通勤・通学している方に人気です。

そして、防水ということは、濡れたものを入れても外に漏れないということ。

上部はガバっと開きますので、びちょびちょのゴミが詰まった袋もラクに入ります。


こうして、来た時よりもはるかに重いザックを背負って、自転車を10㎞漕いで帰りました。


今回ご紹介した道具たちは、たしかWILD-1入間店で取り扱っております。
ぜひ。


一番役立った『キングトング』は、決してゴミ拾い用ではなく、いつもは焚火で活躍する万能トングです。
太い薪からキャンディの小さなパッケージまで容易につかめるだけでなく、簡易的な鍋のリフターとしても使えます。



しかし



トレイルの途中にあった池の錦鯉(ニシキゴイ)はつかめませんでした~!

(良い子はマネしないように)


- 恩を仇で返しがち ナカジマ -
8足目のダナー
スタッフ日記2020.07.14
みなさん、こんにちは。

下駄箱にも遊び道具部屋にも収まりきらない靴たちが、雛人形のように階段に並び始めたスタッフのナカジマです。

スキー・スノーボード用のブーツが10足以上あるのが一番の敗因なのですが、それはひとまず見なかったことにして、今回はもうひとつの勢力『Danner(ダナー)』のお話。



今でこそ、トレッキングシューズなどに多く使用されている防水透湿素材“ゴアテックス”ですが、それを世界で初めてシューズに採用したのが、ダナーの名作『ダナーライト』です。

私も昔から憧れていたアウトドアギアのひとつ。
購入したころは『かっこ良くて、しかも防水』というのが嬉しくて、店舗での仕事中はもちろん、キャンプ、トレッキング、釣りなど(時には船で行く沖釣りにも!)、オンオフ問わず履きまくっていたものです。
ソールを交換しながら20年ぐらい履いています。
いわゆる『一生モノ』ですね。

我が家には他にも、定番の『マウンテンライト』から、スーツの時に履く『ポストマン』まで、7足のダナーがあります。

そしてこのたび、8足目が仲間入り♪

パタゴニア
『フット・トラクター・ウェーディング・ブーツ』


ん?パタゴニア?
ダナーじゃないの?

実はコレ、パタゴニアとダナーが共同開発した釣り用のブーツなのです。

パタゴニアのイノベーションを、ダナーの職人技が製品化。
パタゴニア好きでダナー好きで釣り好きな私が買わないわけがありません。


先日、このブーツを履いて、遅ればせながら今年最初の渓流釣りに行ってきました。

梅雨のこの時期、川までのアプローチでは、道がぬかるんでいたり落ち葉が濡れていたりと、滑りやすいもの。
時には崖みたいなところを降りたりしますので、とても怖いです。

しかし、今回のブーツはへっちゃら!

濡れた面で最大限にグリップ力を発揮するソールに、付属のスタッド(鋲)をセット。
砂利と泥が混在する川床でもしっかりと足場を確保し、長時間の林道歩きもラクです。


9ヵ月ぶりの渓流。
例え魚が釣れなくても、澄んだ空気と緑の中で竿を振れるだけで幸せですね。

と、
『釣れなかった時にホームページで負け惜しみを言うとき用の風景写真』も一応撮っておいたのですが



釣れました~!

ヤマメさん♪

続いて

イワナさん♪


昨年の台風の影響で、これまでとは全く違う流れになってしまった場所もありましたが、魚たちは元気に出迎えてくれました。
釣りの神様が、今までマジメに自粛していた私に気を使ってくれたんですね、きっと。


森の中を静かに流れる川。

涼みに行くだけでも気持ちいいですよ。
梅雨が明けたら、みなさんも、ぜひ。



わたくし、釣りに行く時は、パタゴニアの『ブラックホール・ギア・トート』に道具をすべて詰め込んで出かけるのですが、

帰りには、ドロドロになったブーツやウェーダーを他の道具と一緒にするのは気が引けます。

そんな時は

『WILD-1エコバッグ』の出番!
名前の通り買い物用のエコバッグとして販売している商品ですが、薪やキャンプ用品の持ち運びにも便利。
完全防水ではありませんが、ちょっとした濡れ物や汚れ物を一時的に入れておくのにも使えます。
ツルっとした素材ですので、バッグ自体が汚れても簡単に洗い落とせます。
そして、オールドスクールなこのルックスが、2周回っていい感じ♪
WILD-1各店にて、税込み¥500で販売中です。
(売り切れの際はご容赦ください。)



さて、
7月1日からのレジ袋有料化は、みなさんも環境について考えるきっかけになったのではないでしょうか。

レジ袋の削減でゴミを減らすのも、環境への取り組みのひとつ。

そして、
使い捨てではなく、『お気に入りの道具を修理して長く使う』というのも、ゴミを減らし資源を節約する方法のひとつです。

今回ご紹介したウェーディングブーツは、修理しながら長く使えるようデザインされています。
私が所有している他のダナーブーツよりちょっと高いですが、一生使えると思えば大した金額ではありません。
ぜひ。



ちなみに
現在我が家にある靴の最古参は

高校生の頃に買った『レッドウィング アイリッシュセッター』です。
ソール交換を繰り返し、30年経った今も現役なので、こいつも一生モノ間違いなし。

定位置は階段の上ですが(笑)


- こうして道具が増えて行く ナカジマ -

もっと見る

  • 登録されたイベントはありません。

持続可能な釣りを目指して
2020.08.19

こんにちは。 いつも自然環境のことを考えて生きている釣り担当クリハラです。 長い梅雨もあけ、ようやく久しぶりのイワナ釣りに出掛けてきました。 最近は自分の知らないパラダイスのような場所がどこか近場にあるのではないかと妄想しながら、1/250 […]

チャリできた
2020.08.18

長い梅雨が明けたと思ったらうだるような暑さが連日続いてますね。 暑いの苦手な青木です。 トレッキング担当として登山靴やザックをご案内することの多い青木ですが、 実は登山と同じくらい自転車も好きなんです。 ある日いつもより少し早起きしてMTB […]

コンパクトな夏
2020.08.17

みなさん、こんにちは。 隣の奥さんに、 『この人いつ働いているのかしら?』という目で見られているスタッフのナカジマです。 仕事の日も休みの日も、服装があまり変わらないからでしょうね。 そんな奥さんのために、仕事か遊びかの見分け方をお教えしま […]

恩返しトレイル
2020.08.05

みなさん、こんにちは。 普段は、ツルよりもネコよりも恩返しができていないスタッフのナカジマです。 さて、 私がこうして遊んでばかりいられるのも、遊びたいと思える素敵なフィールドがあるから。 そして、それを守ってくれる人たちがいるからです。 […]

8足目のダナー
2020.07.14

みなさん、こんにちは。 下駄箱にも遊び道具部屋にも収まりきらない靴たちが、雛人形のように階段に並び始めたスタッフのナカジマです。 スキー・スノーボード用のブーツが10足以上あるのが一番の敗因なのですが、それはひとまず見なかったことにして、今 […]

スタッフ釣果情報~近場で釣り・食パンでコイを釣る~
2020.06.20

皆さんこんにちは。 フィッシングスタッフのクリハラです。 今年の梅雨は梅雨らしく連日の雨模様ですね。 梅雨の晴れ間をぬって、ご近所フィッシングを楽しんできました。 ターゲットは身近な大物“コイ”です。 入間川をはじめ、県内のいろいろな川や池 […]

ようやくの沢シーズン!
2020.06.19

トレッキング担当 青木です。 6月になってようやく各地での登山が少しずつ解禁されてきました。 コロナの影響で3月から全く山に行けてなかったので、すっかりなまってしまった体でしたが棒ノ折山(棒ノ嶺 969m)で復帰してきました。 さわらびの湯 […]

ヒゲ vs ヒゲ
2020.06.12

みなさん、こんにちは。 今日は車の中がくさいスタッフのナカジマです。 ニオイの原因は、前日から積みっぱなしのこのネット。 なぜネットがくさいのか、その理由をお話しします。 埼玉県にお住まいなら、このぐらいの規模の川や水路が身近にあるという方 […]

焙煎してみた
2020.05.25

コーヒー大好きな青木です。 ようやく非常事態宣言が解除されましたね。 イヤー長かった。これから少しずつ元に戻って来てくれるといいですよね。 登山大好きな青木ですが、2か月以上も山に行けないなんて登山を始めてから初かもしれません。 あー 山が […]

ディスカバー地元(後編)
2020.05.15

みなさん、こんにちは。 お腹周りのプニプニを燃焼させるべく、散歩に出掛けたスタッフのナカジマです。 緑の向こうに青い空。小鳥の声。 ただそれだけなのに、とても気持ちが落ち着きます。 インドア派の私といえども、ずっと家の中にいるだけでは、知ら […]

ディスカバー地元(前編)
2020.05.12

外出自粛要請に応じて、 自宅ゴロゴロ生活を続けて1ヵ月。 私の体に異変が起き始めている。 何かに蝕まれているようだ。 体の動きが鈍い。 靴を履くとき前かがみになるのが億劫。 今まで履けていたパンツがキツイ・・・。 私の体に取りついたものの正 […]

もっと見る

ページトップへ