WILD-1店舗

WILD-1 ONLINE STORE
【ジョインター別注カラー】タックルハウス シンキングシャッド入荷!
お知らせ2020.03.25

解禁の近づく中禅寺湖。
先日入荷したシーレーベル プロビア・ロデオクラフト MTレイクスのJointer別注カラーに加え、Jointerおすすめルアーが入荷いたしました!

トラウト・シーバス・バス・・・広いターゲットに効くタックルハウス シンキングシャッド。ジョインター別注カラー。

10年以上前から発売されており、シャローレンジでのシーバスに高実績のシンキングシャッド。
その動きや、使い心地の良さからジョインタースタッフの中にも愛用者は多く、今でも涸沼シーバスや湾奥、河川のシーバスで使用しています。
また近年は中禅寺湖などの止水域、緩流域での大型トラウトにも高い実績を叩きだしています。(イトウにもいいそうです。)

古くからあるロングセラールアーに、ジョインタースタッフが欲しかった美味しいカラーリングを施しました。
トラウト・シーバス・バス・・・広いターゲットに効くシンキングシャッド。
ぜひお試しください。

【トロピカルクリアグラデ】
ローライト~ナイトゲームに効果的。
レギュラーカラーのパールホワイト系に比べ、ほんのり透けるようにしたクリアホワイトボディは鱗の剥げた弱々しいベイトのイメージです。

【オレンジチャートアイソ】
春を迎え、婚姻色の出たアイソ(ウグイ)をイメージしたカラー。
埋もれず目立つチャートベースにする事でやる気のある魚、遠くにいる魚を引き寄せます。

【使い方】
扁平で浮き上がり易いシンキングペンシルで、おすすめはゆっくりとしたただ巻き。
かなり遅いリトリーブが可能です。
流れのあるリバーシーバスなら、流れを受けてバランスを崩しますが、逆にそれがバイトチャンスとなり釣れることが多いです。
中禅寺湖のような止水域でもただ巻きでOK。
シルエット、サイズ感、動きが中禅寺湖の大型トラウトにマッチしているせいかよく釣れます。

■全長:70mm
■重量:13g
■シンキング
■バーブレスフック搭載

オンラインショップでのご購入はこちらから!

※ 店舗により入荷時期の前後や、すでに完売の場合もございます。予めご了承下さい。

2020年度 入漁券販売中
お知らせ2020.02.17

1月20日に解禁した北上川サクラマスに続き、渓流のトラウトも3月1日に一斉解禁し宮城のトラウトシーズンが本格スタート。
本年度も県内一部漁協の入漁券を取り扱い中です。

北上追波川漁協(旧北上川の一部区間、新北上川)
 年券 ¥3,000 日券 ¥700 
花山漁協(花山ダム、花山ダム上流の一迫川)
 年券 ¥4,500 日券 ¥1,000
鳴子漁協(荒雄ダム上流荒雄川)
 年券 ¥4,500 日券 ¥1,000
鳴瀬吉田川漁協(鳴瀬川、吉田川、南川ダムなど)
 年券 ¥6,000 日券 ¥2,000 
 ※本年度から年券に顔写真(3×2.4㎝)の貼付け必須
広瀬名取川漁協(広瀬川、名取川)
 年券 ¥4,000 日券 ¥1,500
 ※本年度もイワナ全面禁漁の制限継続中。

本年度から鳴瀬吉田川漁協の年券販売時に顔写真が必要となりました。
ご購入の際は免許証サイズ(3×2.4㎝)の顔写真をご用意ください。

※仙台東インター店とは取扱い漁協が異なりますのでご注意ください。 

【WILD-1限定販売】スノーピーク別注テントセット
おすすめ商品2020.02.09

WILD-1とスノーピークがつくったコラボレーションアイテム。

多様なキャンプスタイル、ギアがあふれる現在、改めてオーセンティックなキャンプスタイルを提案したい。商品を通じて「モノづくり」の熱い想いを伝えたい、「2社のブランドフィロソフィ」をもっとお客様へ知ってもらいたい。そんな強い想いから今回のテントタープセットの企画がスタートしました。
専門分野で培ってきた開発力、経験を活かし、最も過酷なシーンを想定してつくられています。まさに「本物」という言葉が似合う商品に仕上がりました。
品質、価格に拘ったため、各セットは数量300個限定生産となります。

WILD-1、スノーピークファンはもちろん、キャンプをはじめたいと考えているお客様にも使っていただきたい商品です。

■テント、タープともに引き裂き強度に強いリップストップ生地を採用。

■どんな悪天候にも耐えうる ドーム型テント。

■美しい稜線を描き、自然と調和するウイングタープ。

販売数 限定300張
取扱い店舗 全国のWILD-1店舗

フィッシングコーナーより SIMMS NEW ITEM入荷のお知らせ 
お知らせ2020.01.17

SIMMSの新作BAGが入荷致しました!

今回は高い防水性を誇るDRY CREEK seriesのご紹介です。
Zタイプはジッパーの変更等がありより快適な使用感になりそうです。
今年のカモフラージュカラーは特にカッコイイので是非一度ご覧下さい!

【DRY CREEK SIMPLE PACK 25L】
ロールトップタイプの軽量バックパック。
荷物が多くても水を気にせずフィールドを楽しみたい方にオススメです。

【DRY CREEK SIMPLE TOTE 50L】
開口部の大きな大容量トートです。
どっさり入りますので色々な場面で活躍間違いなし。

【DRY CREEK Z SLING PACK 15L】
ジッパー部が変更され、開閉時の抵抗が軽くなっています。
ジッパーへの挟み込みトラブルも減りそうな構造です。
そしてお値段もぐんとお求め易くなり言う事無し!

※ 店舗により入荷時期のズレや、入荷アイテムの違い、すでに完売の場合もございます。
最新の在庫状況に関してはお気軽に店舗までお問合せ下さい!

フィッシングコーナーより Anglers System アングラーズシステム「ドーナ」 Jointer(ジョインター)別注カラー入荷!!
おすすめ商品2019.12.12

放流直後の活性の高いトラウトを、強めのウォブリングとハンマー加工が生み出すフラッシングで誘う魅惑のスプーン。
アングラーズシステムズ社の「ドーナ」Jointer別注カラーが入荷致しました!

釣れる要素満載!管理釣場のメッカ北関東エリアで誕生した自信作カラーです。
サイズは1.5gと2.0gをご用意致しました。

【Jointer別注カラー紹介】
栃おとめ
濁り時や高活性時にも効くアピールカラー


放流枝豆
名前の通り放流時に最適なカラー。適度なアピールで低活性時も効果あり


腹黒
明暗効果でアピール。クリアウォーターにもベストマッチ


どら焼き
低活性時にも効くオールマイティーなカラー


ヤドク
オレンジを主体にした毒々しいカラーがトラウトに効く!


レモン牛乳
ローライト時(曇りや雨天時)に効く。膨張色が効果絶大


バニラアイス
スタッフが自塗りで使っている実績のあるカラー。
中~低活性時に主に入れる色で、一見何て事の無い色ですが、クリア、マッディ共に反応良く、釣れない時に助けてくれるカラーです。
この傾向は水温が低くなると特に強くなります。


これからのエリアシーズンにおすすめのスプーンです!!ぜひお試しください!

WILD-1全店でお取り扱いしております。お求めはお近くのWILD-1で!!

WILD-1オンラインストアでもお買い求めいただけます。
ぜひそちらもご利用ください!

※店舗により入荷時期が異なります。
また、数に限りがございます。店舗によってはすでに売り切れてしまっている場合もございますので、予めご了承ください。

Huerco ファンフィッシングシリーズロッド入荷!
お知らせ2019.11.07

釣りはこうしなければならない!という枠組みを超える為に生まれたFun Fishingシリーズが入荷です!

ファンフィッシングシリーズは5フィート(150cm)丁度で、5分割のベイト&スピニングロッド計2種。
フルグラス素材のパラボリックな曲がりで反発は遅いのですが、ベロンとした低弾性カーボンロッドより復元での押し出しがある感覚なので、その短さとあいまってキャストがものすごく決まります。

魚種、シチュエーションを決めすぎず、ライトプラッギング全般に。
その短さから来る使いやすさ、グラス素材の丈夫さと楽しさで、お子様、入門者の方からエキスパートまでオススメしたいロッドです。

※ 店舗により入荷時期のズレや、すでに完売の場合もございます。予めご了承下さい。

2019年十和田湖ヒメマス秋季解禁!
スタッフ日記2019.10.04

10月1日に解禁となった十和田湖のヒメマス釣り。今や東北のトラウトセカンドシーズンのメインターゲットとして年々注目度は高まっています。通い始めて8年目の今シーズンは解禁3日目に日帰りで行ってきました。

例年よりも水位が1m近く低く、水温も高めで解禁日から苦戦が続いているとの事前情報。例年なら多数接岸があるポイントでも今年は浅場で産卵行動に入っているヒメマスの姿は全く見られません。表層水温をチェックしてみると朝で18℃台、午後で20℃超えとトラウトの産卵には高過ぎる水温(不調だった昨年の同時期でも16℃台)。

ブレイクライン沿いに群れの回遊はあるものの、まだ動きは速くルアーに反応する個体はごく僅か。ライズや群れの回遊のタイミングを見計らいヘビーシンキングミノーで撃っていくパターンと沖のボトムを7g厚板スプーンで攻めて何とかキャッチ。
(雄の紅鱒は水深3m~のブライクラインの下を泳ぎ回っている個体をベタ凪の状況で見つけての釣果でした)

今シーズンは今のところヒメマスの接岸が極端に少なく、シャローのサイトフィッシングが全く通用しない状況。水温が低いと思われる沖の深場で産卵に入っている個体は居るようで、サビの入った成熟したヒメマスは深場のボトムで釣れてきます。
5~7g以上のスプーンやジグは必携ですね。

年によっては2週目3週目にまとまった接岸があったパターンもあるため、水温の低下に期待しつつ沖の深場の釣りにも対応するタックルを用意して臨みましょう!

HIT LURE
 フォレスト iFISH50S
       MIU 7g 
 DUO リュウキ50S
 スミス パニッシュ55SP
     ボトムノックスイマー
 タックルハウス バフェット46S

フィッシングコーナーより Patagonia New Item 入荷のお知らせ
お知らせ2019.08.10

Patagoniaの新製品が入荷いたしましたのでご紹介させていただきます!
まだまだ続く暑い季節から秋に向けていかがでしょうか?

【Black Hole Gear Tote】
頑丈なリサイクル・ポリエステル素材とリサイクルナイロンウェビングを使用した61Lの大容量トート。

【M’s Framed Fitz Roy Trout Responsibili-Tee】
従来の方法で栽培されたコットン製Tシャツに比べ238リットルの水を節約できるリサイクル素材100%のTシャツ。
原料に使われる石油と、廃棄場や焼却炉に捨てられるゴミの量も削減しています。。
フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用。

【M’s L/S Fish Native World Trout Responsibili-Tee】
バックにPOPなテイストのトラウトプリントとショルダー部にWorld trout logoの入ったL/S Tee。
こちらもM’s Framed Fitz Roy Trout Responsibili-Teeと同様の製法で作られています。

【Fitz Roy Trout Patch Trad Cap】
伝統的なロークラウンのソフトな6枚パネル構造の帽子。共布のストラップで調節可能。
オーガニックコットン100%。フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用。

【Small Fitz Roy Fish LoPro Trucker Hat】
前頭部にオーガニックコットン、後頭部にメッシュを使用した、ぴったりめフィットのトラッカースタイルベースボールキャップ。スナップ留めで調節可能。
フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用。

※ 店舗により入荷アイテム、入荷時期に違いがございます。詳細な在庫状況は各店舗にご確認下さい。

泉店スタッフでデイキャンプに行ってまいりました!
スタッフ日記2019.06.25

先日、WILD-1スタッフ達で[オーエンス泉岳自然ふれあい館]さんにてデイキャンプをしてまいりました。

薄く雲がかかっていましたが時たま晴れ間も見え、とても過ごしやすい気温でした。

初めはキャンプ担当による講習会。
テンマクの焚火タープレクタ、ムササビウィング、サーカスTC、スノーピークのアメニティドームMの設営講習を受けました。

タープ張り初挑戦!

今度はしっかりとポールで測って挑戦

ガイドラインを使えばきれいな五角形に・・・

フレームのテンションに気をつけながら建てています。

時間もお昼に近づき、下処理係と焼き班に分かれてみんなで調理開始!
焚火台とダッチオーブンを使っての具沢山鍋料理
溢れんばかりの具材(笑)

テンマクのカレースパイスを使ったカレーにも挑戦いたしました

とってもスパイシー!

粉からこねた生地を使い・・・トッピングを乗せ・・・あっつあつのピザに!
パスタソースを使えば立派なピザソース

トマトの酸味が効いたミネストローネ

スモーカーを使い、燻製作りにもチャレンジ
ファイヤースターターを使い、火起こしに挑戦するスタッフもおりました。
料理も完成し

そして・・・

いよいよ待ちに待った食事タイム

みなさんできあがった料理がとてもおいしかったのか、もくもくと食べておりました(笑)

楽しんでると時間がすぎるのが早い・・・時刻ももうすぐ夕方

しっかりと撤収開始です。


使わせていただているキャンプ場、次に来られるキャンパーさん達が気持よく利用できるように、来た時より綺麗に!

まだまだ作りたい料理や使ってみたいギアはたくさんありますが、
天気にも恵まれ、とても充実した1日となりました!

※使用している道具には商品サンプル品や旧モデル品など、現在販売されていないアイテムも含まれております。

Huerco ファンフィッシングシリーズ入荷!
おすすめ商品2019.06.24

釣りはこうしなければならない!という枠組みを超える為に生まれたFun Fishingシリーズが入荷です!

ファンフィッシングシリーズは5フィート(150cm)丁度で、5分割のベイト&スピニングロッド計2種。
フルグラス素材のパラボリックな曲がりで反発は遅いのですが、ベロンとした低弾性カーボンロッドより復元での押し出しがある感覚なので、その短さとあいまってキャストがものすごく決まります。

魚種、シチュエーションを決めすぎず、ライトプラッギング全般に。
その短さから来る使いやすさ、グラス素材の丈夫さと楽しさで、お子様、入門者の方からエキスパートまでオススメしたいロッドです。

※ 店舗により入荷時期のズレや、すでに完売の場合もございます。予めご了承下さい。

徳仙丈山
スタッフ日記2019.06.01

徳仙丈山(711.1m)

ツツジの名山、徳仙丈山に5月下旬に山行しました。
徳仙丈山では5月中旬から下旬ごろ、約50万本ともいわれる圧倒的な数のツツジが咲き誇ります。
開花状況は、気仙沼市のHPで確認できます。
今年見ごろは終了してしまいましたが、来年の山行計画のご参考に!

登山口は本吉町側と、気仙沼側の2つ。今回は気仙沼側の登山口からスタートしました。
気仙沼側登山口のほうが駐車場も広いのですが、一部砂利道を通ります。
ツツジの見ごろの期間はつつじバスも出ておりますので、バスの利用も可能です。
9時頃登山口に到着しましたが、その時点で満車。週末は混雑しておりますね。
交通誘導の方に、随時入れ替わる空き区画に誘導いただきました。


ルートは長くありませんし、ハイキング装備で大丈夫です。
コースによっては一部、急登がありますので、ハイキングシューズでどうぞ。
開けた山道ですので、日除けグッズ、水筒もお忘れなく! 
小さなお子様連れのご家族もたくさんいらっしゃいました。

見ごろ時期は、ピンク、深紅、オレンジ・・・圧倒的なツツジの花々に囲まれます。
山道を抜けると、山頂では太平洋から奥羽山脈の展望が開けます。絶景!







登山後は4/7に開通した気仙沼大島大橋を渡り、十八鳴浜へ。
砂を踏むと「キュッキュッ」「クックッ」(9+9=18)と鳴く海岸です。
到着後、砂を踏んでみますと…おお、鳴る、鳴る! 

 鳴り砂は、石英粒の砂が摩擦して起こるそうで、国の天然記念物に指定されています。
十八鳴浜へは駐車場から15分ほど山道を通りますので、こちらもハイキングシューズがおすすめです。


気仙沼大島大橋は、「鶴亀大橋」の愛称ですが、島では鶴亀丼のメニューを提供するお店があります。
おいしい海鮮が食べられますよ。


もっと見る

  • 登録されたイベントはありません。

2019年十和田湖ヒメマス秋季解禁!
2019.10.04

10月1日に解禁となった十和田湖のヒメマス釣り。今や東北のトラウトセカンドシーズンのメインターゲットとして年々注目度は高まっています。通い始めて8年目の今シーズンは解禁3日目に日帰りで行ってきました。 例年よりも水位が1m近く低く、水温も高 […]

泉店スタッフでデイキャンプに行ってまいりました!
2019.06.25

先日、WILD-1スタッフ達で[オーエンス泉岳自然ふれあい館]さんにてデイキャンプをしてまいりました。 薄く雲がかかっていましたが時たま晴れ間も見え、とても過ごしやすい気温でした。 初めはキャンプ担当による講習会。 テンマクの焚火タープレク […]

徳仙丈山
2019.06.01

徳仙丈山(711.1m) ツツジの名山、徳仙丈山に5月下旬に山行しました。 徳仙丈山では5月中旬から下旬ごろ、約50万本ともいわれる圧倒的な数のツツジが咲き誇ります。 開花状況は、気仙沼市のHPで確認できます。 今年見ごろは終了してしまいま […]

■スタッフ釣果情報・5/10雄物川水系玉川■
2019.05.13

今年のサクラマス遠征は東北です! 当初は北上川の予定でしたが代掻きによる濁りがキツイので秋田県雄物川水系の玉川へ予定変更です。 朝6:00に仙台にて泉店ハマダと合流。そこから2hちょいで玉川です。 今回はデカイケースに道具を全て収納!ウェー […]

2019年秋田県サクラマス解禁!
2019.04.12

山形や新潟など日本海側河川が好調の中、いよいよ大本命秋田県のサクラマス釣りが4月1日に解禁。 2年ぶりの解禁日釣行は米代川へ。 日曜日仕事の後出発し、4時前には現地到着。 夜明けの5:30分より釣りをスタートしましたが、水位はこの時期にして […]

2018年十和田湖ヒメマス秋季解禁!
2018.10.06

 近年注目を浴びている十和田湖のヒメマス。特に10月1日解禁となる秋のシーズンは、渓流禁漁後の”トラウトセカンドシーズン”のターゲットとして人気急上昇中です。 2018年秋季解禁日の10/1は行けませんでしたが、解禁4日目に日帰りで行ってき […]

夏の釣りを!
2018.07.21

気温・水温ともに上昇し、真夏の釣りモノが最盛期に突入。 ・渓流トラウト  山岳渓流も水温が上がり、ウエーダーを履かないゲータースタイル「ストリームトレッキング」に最適な時期。真夏の渓を快適に遡行し、「足」で釣果を稼ぐにはうってつけのスタイル […]

ページトップへ