WILD-1店舗

WILD-1 ONLINE STORE
エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.120 源流イワナとかくれんぼ/竹田 正
スタッフ日記2021.07.30

 春の渓流釣り解禁以来、時が経つのが早いもので、渓流釣りシーズンもついに折り返し地点を過ぎてしまった。この時期になると、今のうちに心おきなく渓を歩いておきたい、毎年そう思うのである。
 五月以降、六月に入ってもまとまった雨が降ることが無い日々が続き、今年は空梅雨になりそうだと感じていた。夏至を過ぎる頃、ようやくの梅雨入りとなった。しかしながら、期待するほどの雨が降ることは無かった。結果、渓流の渇水は相変わらず続いていた。
 今回のスケジュールは三日間、そのうち二日目は雨天になりそうな予報が出ていた。程良い雨がもたらす恩恵に与ることが出来れば、二日目か三日目にチャンスが訪れるとの読みだった。
 沢に辿り着いて見ると、源流域の流れはいかにもか細く、大人しいものだった。午後の入渓のため水温はすでに上昇しており、14℃と少し高めだが適水温の範囲であった。
 状況が良ければ遡行開始とともに釣れてくることが多いのだが、暫くはイワナからのこれといった反応が無かった。やはり渇水の影響が大きいらしい。目立つハッチも無いためか、積極的にエサを取るための定位置に定位するイワナの姿が見えないのである。どうやらイワナは外敵から逃れるため、何処かの物影に潜り込んでいるようだった。
 樹木に囲まれた源流の沢では接近戦になることが多く、イワナにこちらの気配を気取られることの無いようにポイントに近づく必要がある。自身が思う以上に、出来るだけゆっくりと、そうっと、動く。もちろん足音にも気を配るのである。これをストーキングという。イワナが神経質になっている渇水時となれば尚のこと、このストーキングは重要度を増してくるのである。



一尾目。岩陰に何度もフライを打ち返して誘い出した。

 一尾目をキャッチしたその後も状況は変わらず、ヒラキに出ているイワナはほぼ皆無だった。いろいろと試しているうちにこの日の釣り方が見えてきた。岩陰やその隙間、あるいは倒木や白泡の下に、イワナが隠れているのは明らかだった。身を隠せる物陰に潜り込んだイワナの視界は狭くなり、水面を流れるドライフライを見つけにくくなってしまう。従って何度もフライを落としたり流したり、時には動かして、その存在に気付かせる必要があるのだ。
 結局、私は樹木や岩石に隠れたり化けたりしながら、何度もフライをキャストして誘いを掛けることになった。釣り上がりのテンポはスローとなるが、これはこれで実に面白い。イワナを相手にした「かくれんぼ」である。


上手くアプローチできればイワナはバシッと威勢よく出てくれた。採餌をしにくい状況だからこそ「見つけたエサは逃さない」ということか。



快晴の空。渓は空気までもが緑光に染まり、時折差しこんでくる木漏れ日がとても眩しく感じられる。



着色斑は無し。頭部、鼻先に至るまでしっかりと斑紋がある個体がとても多い。この沢の特徴である。



「大岩にかくれんぼ」へばりつきながらそっと覗く私。「倒木にかくれんぼ」していたイワナ。イワナの頭の先がちらりと見えた。込み入った枝をかわしてフライを届けると、勢い良く、ぎゃぼっ!

 せっせと沢を詰め上がっていくと、やがて大きな岩がごろごろの景色になってきた。水流は大岩の隙を縫って流れ落ちている。釣るべきポイントが一気に減ってきた。フライを流すところは無くなり、まるで穴釣りのようになってしまうのだ。このような流れでもイワナは逞しく生息しており、頼もしく思う。


 時刻は16時を過ぎていた。見上げる空は未だに明るい。その一方、周囲の景色は暗くなり始めていた。渓は日没を待たずに暗くなる。そろそろ竿を畳むべき頃合い。


 翌日は予報通り、早朝から雨だった。入渓するのは少し待ち、様子を窺ってからにしようと決め込んだ。優しい雨音に誘われて、うとうと。何時の間にか眠りに落ちてしまった。
 叩きつける雨音で、ふと眠りから引き戻された。すでに昼を過ぎていた。まるで夕立のように時折大粒の雨が激しく降ってくるようになっていた。どう見ても予報より降水量が多く感じられた。沢の様子が気になり覗きに行ってみると、渇水だった水嵩は平水以上に上がり始めていた。気安く渓に入らなくて良かった、という結果である。
 それからというもの、特に何かをするでもない。時計を気にすることも無く、ゆったりとした時間を過ごすだけである。良く食べ良く飲んで、しっかり寝て。珍しく釣りもしない休日となった。要は翌日に備え、前日までの疲れを癒す。川もイワナも逃げることは無い。待つ他ないのである。
 幸いなことに、夕刻を待たずに雨足は弱まってきた。水嵩は増水のピークを迎えているようだった。大した濁りは感じられないものの、清澄だった流れは琥珀色に染まっていた。天から山へと降り注いだ雨水は山に蓄えられた養分を溶かし出し、一気に沢へと流れ込んでいるのだ。豊かにミネラルを含んだ琥珀色の水はこの後海へと注ぎ込み、その生態系に溶け込んでいくことだろう。やはり山河は海の生き物を育んでいるのだ。


 三日目の早朝、思いが通じたのか、空はスッキリと晴れていた。少し心配だった水嵩もすでに平水に戻っていた。増水からの引き水、良い釣りが出来る予感がした。計らずもたっぷりと休養したお陰で、体もスッキリと軽く冴えた感じがする。やたらに腹も減っており、朝食もしっかりと取った。元気回復、準備万端という感じの朝であった。
 初日には釣り上がっていない区間へ向けて出発。暫くは山歩きを楽しみつつ頃合いを見て入渓した。遡行開始直後、ラインを繰り出す予備キャストにも拘らず、すぐにイワナが水面を割って出た。初日とはまるで異なる状況だった。



朝日を浴びて背部斑紋が鮮やかに浮かび上がった。

 いずれのイワナも「かくれんぼ」を止めていた。積極的にエサを捕えるために、ヒラキやカタに堂々と出てきていた。ほぼワンキャストでバシッと喰いつき、フライを飲み込むほどのイワナも多かった。鈎掛かりしたイワナはギュンギュンと狭い流れを走り回るため、時には岩などの隙間に潜られてしまう。そうなるとお迎えの綱引き、結果バレてしまうこともしばしばである。
 期待通り、いやそれ以上に、渋かった状況から一気に好転していたのである。


流れもイワナも皆、活き活きとしていた。白斑が大きめのイワナたち。


星空イメージ、星空君。

 次々とドライフライに出てくるイワナ。遡行を始めてからの一時間足らずで、あっという間にツ抜けしたほどである。イワナ達はよほどお腹が空いているらしい。これまでの渇水状態に加え、昨日の増水もあり、満足に食べていなかったのだろう。
 僅かに狙いが外れ、水面に落ちずにポトリと岩に乗ってしまったフライ、つまりそれはミスキャストだが、イワナは全身を露わにして岩に這い上がり、そのフライにすら間髪いれずに喰らいついてくるのだ。キャストアウトされた空中から落ちてくるフライを、イワナの目はすでに捉えているという事である。
 本来、イワナは貪食、つまり食いしん坊であり、カゲロウなど飛んでいる最中の昆虫ですら、見事に捕食するのである。この事実は、イワナの目、動体視力が優れていることを示している。つまり、岩や樹木に化ける「かくれんぼ」は伊達ではないのだ。



釣りあげたイワナを一尾一尾撮影しながら遡行を続けた。この日はかなりの忙しさ。釣りが雑にならないように心掛けた。


緑光のトンネルを歩く。清冽な渓にて宝探し。ああ、楽しからずや……。



 実質二日間の釣行、幸運なことに沢山のイワナに出合う事が出来た。画像の掲載はしていないが、まるでムハンイワナを連想させるような興味深い個体も釣れてきた。やはり、釣りは謎解き、ロマンなのである。
 シーズンの折り返しを過ぎて、いよいよ後半戦。残された時間が気に掛り始める頃となった。今回、雨が降り過ぎれば三日目の遡行も諦めざるを得なかっただろう。良いタイミングで渓を歩くことが出来た。恵みの雨、山と渓に、イワナに感謝!ありがとう。

  
THE ESSENCE OF FLY FISHING & THE ESSAY ON FLY FISHING vol.120/ T.TAKEDA
キャンプで大活躍!アウトドアクッキングエプロンⅡ
おすすめ商品2021.07.29
夏本番!暑い日々が続いていますね。

今日はキャンプだけではなくガーデニングなどでも大活躍間違いなし!
アウトドアクッキングエプロンⅡをご紹介いたします。


従来モデルよりも軽量化され、女性でも着やすくなりました。
スリットが入っているためあしさばきが良く、作業の邪魔になりません。

ポケットはミトン代わりにもなり、スキレットなど熱いものを持ってもへっちゃらです!


ドリンクや防虫スプレーを携帯できるボトルホルダーや
なにかと便利なキッチンペーパーホルダーも!小さなギミックが盛りだくさんです。



今年の一着にいかがですか?
是非お近くのWILD-1でお確かめください!



TIEMCO/STシームレスシンクティップ&ウェットセルシンクティップ
おすすめ商品2021.07.23
お待たせしました。新型のシンクティップラインがようやく入荷しました。本流ウェットフライやストリーマーの釣りで必需品です。

〈ウェットセルシンクティップ〉 先端がタイプ4のシンクレート ヘッド長40ft 全長80ftのWFライン #5~8

〈STシームレスシンクティップ〉 先端がタイプ3およびタイプ6の2タイプのシンクレートを設定 ヘッド長17ftのシューティングヘッドライン #4~5

というラインナップです。

いずれもシングルハンドロッド用のウェイト設定です。#5と#6を用意しました。釣り場の状況やお好みでお選びください。
アルトラ新作シューズ登場
おすすめ商品2021.07.22
「自然の走り方」を実現させるためのシューズ作りをコンセプトとしている
Zero Dropシューズのトレランメーカー「アルトラ」より
早くも21年秋冬モデルが先行入荷!

OLYMPUS史上最高の安定性を持ったMAXクッションシューズ「オリンパス4」
サイズ メンズ 26.0~28.0
カラー ブラック/スティール
価格 \21,450(税込)
マックスクッションシューズ・オリンパスが4となり全く新しい外観に生まれ変わり、
機能面でも大きな進化を遂げました。
それに伴い、エンジニアードメッシュアッパーは
通気性と耐久性が強化されました。
また、プレミアムタンが追加され、より快適な履き心地とホールド感が向上しました。
かかとは丸みを帯びており、かかとからつま先までのスムーズな足運びを促し、
InnerFlex™ミッドソールが柔軟性とパフォーマンスを向上させます。
そして、スタックハイト が33mmあり、いわゆる厚底シューズでありながら、
真上から見た際靴底に近くにつれ広がる形状やアウトソールの形状によって
安定感を大きく向上させています。
最後に、ビブラム®メガグリップ™アウトソールや
ゲイタートラップ™など、オリンパスの必需品はそのままにしておきました。

ハイカーのためのローンピーク「ローンピーク・アルパイン」
サイズ メンズ 26.0~28.0
カラー フォレストナイト
価格 ¥19,800(税込)
ローンピークのパフォーマンスと耐久性が融合したローンピーク アルパイン。
ローンピーク同様のアルトラEGO™フォームミッドソールを使用する事で
長時間の歩行でも快適性が得られます。
また、アウトソールはデュラトレッド™を使用する事で、
重い荷物を背負った時でも安定性が増すのと同時に岩場でも滑りにくい仕様になっています。
またアッパーはヘンプキャンバス生地に全面を囲うようにスエード生地が施され耐久性を高めています。
勿論、通常のローンピーク同様につま先が足形になったFootShapeデザイン、
踵が高くなっていないゼロドロップは搭載されています。
信頼性が高く、いつでも歩き回る準備ができているLP Alpineは、近くでも遠くでも冒険することができます。
ロード・トゥー・トレイルシューズ ティンプ3
サイズ メンズ 26.0~27.5
カラー ブラック
価格 ¥18,700(税込)
Quantic™、高クッションのミッドソールは、
高強度のトレイル向けに設計されています。
ロードからトレイルまで幅広く使えるTimp3は、
ロールメッシュアッパーとMaxTrac™アウトソールを備えており、
トレイルに最大のトラクションをもたらします。
何マイルも続く汚れた日や長くてハードなロードランの後でも、
快適なレベルで本格的なパフォーマンスをもたらします。

※店舗により取り扱いアイテムが異なります。
詳しくは最寄りの店舗にお尋ねください。
ITO.CRAFT/BOWIE50S
おすすめ商品2021.07.16
知る限りではありますが、ほぼ「100%ローリング」な泳ぎをするオンリーワンミノー!
安定した飛行姿勢で弾道にブレが出難いため、ピンスポット攻略にも滅法強い。
潜り過ぎず、通すべきレンジを泳いでくれるので、パイロットミノーとしても完璧です。
ダウンサイジング版の「42」は若干のウォブリングが入りますが、
「50」はリップも寝せて、より『マニュアル感』のあるミノーに仕上げられています。
当然ですが、人気商品です。お早目のご来店をおすすめ致します。
PALMS /AlexandraFS AX50FS
おすすめ商品2021.07.09
あのフラットサイド&ハンプバックのヒラウチミノーが待望の復刻!
『アレキサンドラ』の良いところ、「レスポンス良く動く」のは、やはりコレです。
「初代アレキ」、ヘビーシンキングミノーが苦手なコトを得意にしているミノーでした。
それなりに深い流れでも「オンリーワンな連続ヒラウチ」は効果抜群でしたね。
今回のリメイクで基盤リップ化され、動きのキレが更に上がり、強度アップしています。
「ヒラヒラ沈めてキラキラと動かす」、『FS(フラッターシンキング)』の活かし方です。
ヘビーシンキングが当然の今、だからこそ復刻、個人的にはすごく嬉しいです。
アウトドア携帯浄水器
おすすめ商品2021.07.09
荷物が多いキャンプや長期の登山で、水を持ち歩くのは大変。
そんな時に携帯浄水器があれば大自然の湖水や川の水を使って、調理や飲料に必要な分の水を確保できます。
また、災害などの非常時にも活躍すること間違いありません。
WILD-1では色々なタイプの携帯浄水器を取り扱っております。
使用する目的に合わせてご購入ください。
また、必ず使用前に取扱説明書を読んでください!

★ULコンパクトピュリファイヤー
¥8,778(税込)
わずか15秒で水を浄化でき、ウイルスや細菌、エキノコックスなどの寄生虫も99.9%除去可能
(※製造元提供データに基づく除去率)
アウトドアにおいて安全な水を素早く確保できる浄水ボトルです。
取り替え可能な浄水カートリッジなので、繰り返し使用でき、アウトドアに、海外旅行に、災害時などに安全な水を確保できます。
【フィルター交換目安】
300回(150L)
※ろ過時間が25秒以上になったらカートリッジの交換時期です。
耐用年数は、未開封状態で約10年間、初回使用時から3年間

★セイシェル サバイバルプラス携帯用浄水ボトル
¥8,580(税込)
放射性物質セシウムの除去テストで99.78%の除去。
この1本で水の確保は万全。まさにサバイバルの逸品です。
今までの携帯浄水ボトルより飲み易いフィルターを装着しました。
吸い口のキャップ部を引き上げ、ボトルを逆さまにして飲むスポーツタイプ。
コップに出す事も容易で他の人々へ配ることもできます。
【フィルター交換目安】
380リットル(通常の飲用水利用)
1~2L/1日の割合で浄水したとして約200日目安。

★ソーヤミニ
¥3,960(税込)
世界最高水準の浄水率!不純物除去率99.99999%の高性能フィルター搭載!
フィルターに無数にあいた0.1ミクロンの穴で水をろ過する仕組み。
バクテリアや微生物など有害な病原菌を除去する能力は薬品を入れる方法以外では世界最高レベルの製品。(※当フィルターでは水に溶けているカルシウムやマグネシウム、重金属といった溶解固形分やウイルスは除去できません。)
ボトルに組み込まれたタイプの浄水器と異なり、パウチやペットボトルを利用することで手持ちの水筒や容器にきれいな水を溜めて持ち運ぶ事が可能です。
また、フィルター内部の構造は非常に強度の高い構造なので付属の注射器(針無し)を使って取水口側から通常とは逆方向に水を流すことでフィルターの清掃を行う事ができます。
【浄水能力】
10万ガロン(38万リットル)。
1人1日5リットルの水を必要とした場合、毎日浄水しても208年間使える!!

★プラティパス クイックドローマイクロフィルター
¥6,050(税込)
高品質な材質を使った、握って水を押し出すタイプの浄水フィルターです。
中空糸膜テクノロジーを使用し水中の病原菌や淡水源における原生動物を除去するシステム。
浄水後の飲み水側には、清潔に保てるようクリーンサイドキャップが付いています。
RF溶着のリザーバーは水を汲みやすいよう広めな汲み口になっています。
※注意・・・沈殿物のある水や濁った水はフィルターが目詰まりしやすいので、できる限りきれいで透明な水源を推奨との事。
【フィルター交換目安】
1,000L

※店舗によって取り扱い商品が異なる場合があります。
商品の取扱いに関しましては、各店舗までお問い合わせください。
アウトドアにおすすめ!親子コーデも◎WILD-1×CHUMS Teeシャツ入荷
おすすめ商品2021.07.09
蒸し暑い日が続いていますね。夏本番!ももうすぐ。
そんな夏の日の外遊びにおすすめのCHUMSの速乾Teeが入荷しました!

WILD-1とチャムスがコラボした、
限定デザインの速乾Teeです。

アウトドアでたくさん遊んでも安心な
耐久性と速乾性に優れたポリエステル100%の素材を使用しています。
肌触りもさらっとして、暑い日でも過ごしやすい着心地です。

サイズはメンズ、ウィメンズ、キッズのお取り扱いがございます。
親子コーデもおすすめです!

CHUMSとのコラボ速乾Teeはオンラインストアでも販売中です。
オンラインストアはこちらから

※店頭・オンラインストアともに数量に限りがございますので、
あらかじめご了承ください。
■フィッシングコーナーより商品紹介■
おすすめ商品2021.07.07
夏のフィッシングスタイルとしてもはや定番となっている
ゲータースタイル。
各社より様々なゲーターが発売されておりますが今回おすすめするのは
完全受注生産【アングロ&カンパニー ストリームゲーター】です。

渓流アングラーの積年の悩み”膝パットずり落ち問題”を完全に解消する画期的なアイテムです。
国産の上質な素材を使用し国内生産。
ゲーター素材としては比較的厚みのある3mmのネオプレーンをシンプルなチューブ構造に仕上げています。
縦方向の形状維持が保たれ素材自体の厚みが膝パットの機能も備えます。
フィッティングをスポイルするニーパッド、ストラップ等をあえて取り除きました。
ふくらはぎの形状に応じカッティングパターンを見直し、上質素材ならではの柔らかいフィッティングを引き出しています。

実際使用した感想は「本当にズレない!」です。
さらに厚みのある素材のおかげで水の冷たさを直で感じにくいためウェーディングもパンチングされたものに比べれば寒くないです。
是非一度店頭でご試着ください。

ストリームゲーター ¥11,000(税込¥12,100)

各店取り扱いしておりますが受注生産につき数量に限りがございます。
品切れの際はご了承ください。

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.119 夏の訪れと源流イワナ釣り/竹田 正
スタッフ日記2021.07.02

 6月上旬の梅雨入り前のコト。真夏を思わせる日差しを受け山の緑は日増しに深くなり、動物や昆虫等様々な生き物たちで生命感に満ち溢れてくる。イワナ達も例外ではない。育ち盛りの若い世代はもちろん、この秋には産卵に参加する成魚も、この時とばかりにもりもりとエサを食べ、日々成長していく。夏の始まり、捕食活動が活発化するこのタイミングは、軽快な釣り上がりでのイワナ釣りにうってつけの季節である。

 イワナを求めて、とある河川の上流を目指した。その源流域は沢幅2m以下という細流で、右の俣と左の俣の二筋の流れとなっている。右および左の沢には、イワナが生息するのに十分と思われる水量の枝沢が、少なくともそれぞれ一本づつあることを確認している。
 数年前より、この二本の沢ともに、その全流域を行ける所まで釣り登る目標を立てている。毎年少しづつ釣り上がり、既に両沢とも大凡半分の流域を釣り終えているが、見付けている二本の枝沢も探釣すべき対象であり、全流域釣査完了となるのはまだまだ先になりそうである。


整列型エゾイワナ?に遭遇――― 
 下界ではTシャツ一枚でOKという真夏日のような暑さだったのだが、山の空気はひんやりとしていて気持ち良く、長袖シャツで丁度良い感じだった。渓に降りれば、冷たい沢水により更に涼風を感じることだろう。増して山の天気は変わりやすいもの。朝からの気温の上昇を考慮すれば、激しい夕立がくることも十分あり得る。ここは気象変化に臨機応変に対応できるようにして、左の沢へ入渓した。
 午後になってからの入渓のため、イワナの活性は十分に上がっていた。ドライフライへの反応は上々で、入渓直後よりテレストリアルパターンが活躍した。

 
さすがに良い季節。次々とイワナが顔を出す。しかし、概して大人しくフライを吸い込む感じ。落ち着いていると言えば、落ち着いている。鈎掛かりは浅い感じが多かった。水温は11℃とまずまず。


ここのイワナは皆元気が良かった。鈎掛かりすると、良く走り良く跳ぶ。それ故バラシも多かった。


左沢の流れ。ロッド1本分程と細流だが、沢そのものは十分に広い。


ネットに掬った瞬間、これは!と思った個体。白斑が大きい。アメマスタイプのエゾイワナである。このような雰囲気のイワナと出会うと嬉しくなる。


いかにも沢イワナという風貌、にょろにょろ君。


枝沢との出合いに達する頃、釣れてきたこのイワナを見て思わず唸ってしまった。先ほどのイワナ同様に白斑が大きい。小白斑が僅かに見受けられるが、少なめの大きめの白斑が列を為している。これは準整列型と呼びたい個体……。この沢にも居たとは。

関連記事 vol.105とある沢のイワナ図鑑―――「側線を軸に、上下2~3列で等間隔などリズム感をもって綺麗に白斑が並びかつ着色斑が無い」規則性斑紋をもつイワナを整列型と呼ぶことにした。

 整列型の特徴を備えたイワナが釣れてきたので、更に周辺を探った後、16時に退渓した。やや時間的に余裕はなかったものの、渓とイワナのコンディションを推し量るには十分な成果が得られた。おまけに「整列型のイワナが生息している可能性あり」という、嬉しい事実まで付いてきた。これで翌日の釣行計画は固まった。


いよいよ未踏の枝沢へ―――
 左沢の整列型エゾイワナの生息状況を確かめる必要が出てきた。枝沢がその起源になっている可能性もあり、それも確かめておきたいのである。必然的に前日の入渓点よりも下流、左沢の最下流域から入渓し、再釣査しつつ枝沢出合いまで遡行、出合いより枝沢に潜り込んでみる、というスケジュールを組むことになった。
 

一箇所一尾、朝から良く出てくる。ランディングネットが乾く暇が無い。しかし、整列型は未だ来ず。気になるのはバラシたり、釣り落としたりしたイワナ達の白斑はどうだったのか?ということ。


ここでもキブネミドリカワゲラに出会った。水が冷たくて清冽な証。


普段よく見かける白斑のイワナの他、やや白斑が少なめかつ大きめのイワナも混じり、期待が高まる。画像の他にもイワナは釣れているが、整列型の要素を含むイワナは姿を現していない。

 お昼を過ぎた頃、枝沢との出合いに辿り着いた。前日、準整列型が釣れてきたのはこの辺りである。昼食を取りながら、枝沢を見上げた。もしかすると、もしかする。この枝沢に整列型の起源があったら、面白いことになる。そう思うだけで、ワクワクしてきた。


いよいよと、出合いから一気に駆け上がる急峻な流れの枝沢に踏み込んだ。小さな落ち込みの連続である。


ポトリとフライを落とせば、すぐさま反応があった。一段ごとに一尾づつ、必ずイワナが居た。

 幾つかの小滝を越えるとすぐに樹木が迫ってきた。枝に囲まれながら小滝が連続している流れ。ライントラブル続出、さすがに釣り辛くなってきた。何処まで釣り上がれるものなのか、自分の気力と集中力を試す感じ、言わば根比べである。
 ロッドを取り回すスペースはごくごく狭いもので、フォワードのひと振りのみ。それすら無理ならボウ&アロウキャストである。上手くフライが入らなければ、必ずどこかに引っかかる。枝にフライを絡め取られながらも、なんとか数尾のイワナを手にしていた。
 小一時間程、藪に次ぐ藪の中を進んだところで、高さが5mほどの滝に辿り着いた。その壺に大きいイワナの姿が見えた。息を潜めての一発勝負に出たものの、フライを枝に引っかけてしまい、この滝壺のイワナは釣り落としてしまった。
 「この先は藪がもっとひどいかもしれない、引き返すか?」などと考えつつ、少し下がり、ひとまず滝壺の藪から抜け出した。気付けばこの滝は遡行を阻んでいた。両岸ともに切り立ち、直接滝を越える手掛かり足掛かりは無かったのだ。
 今しがた釣り落としたイワナが少しばかり心残りだった。これだけの密度でイワナが居たのだから、この先にもイワナが居るのは確実だった。未だ整列型も現れていない。
 周囲を見回してみると、右岸側に登れそうなルートがあった。かなりの急勾配だが、上手いこと樹木につかまり、次々に伝っていくことができれば、なんとか登れそうだった。
 「ここで引き返すにせよ、この先を一応見ておくか……」折角見つけたルートである。ロッドを畳み、バックポケットに収めた。


果たして、無事に登り切り高巻きは成功。滝をひとつ越えることが出来たものの、眼下に広がる景色は、またも滝の連続。昇龍さながらの渓流滝だった。今までの藪が嘘のように、その先の視界は広がりがあった。当然のこと、この先を更に釣り上がりたいと思った。

 「さて。この崖。降りたとして、帰りに登れるか?」谷底までの落差は10m弱。経験上、大抵の場合、降りられると思った急斜面は降りることはできる。しかしそこを登るとなると話は変わってくる。簡単に降りられた場所でも、装備無しではおいそれと登ることが出来ない、そのようなことは結構あるのだ。周辺を良く観察し、上がれるルートを探した。無理は禁物、見つけられなければ、引き返すまでだ。
 「あの木に取り付ければ、上の枝を手掛かりに、次の木の幹へ飛び移れる。その幹を足がかりに次に取りつけば……」点と点を線で結び、想像を巡らせる。ルートが見えてきたところで再入渓を決め、谷底へ滑り降りていった。
 退渓時に備え登る崖をマークした後、釣りの準備に取り掛かる。時計を見ると時刻はまだ13時半。じっくりと釣り上がる時間は十分にあった。昇龍のような滝を越えると、流れは穏やかな表情を見せ始めた。小渓ではあるが、その懐の奥深さを味わいつつ遡行していく。


期待している整列型は、現れない。

 
流れが分断されて二筋で流れ落ちる、夫婦の滝。渓を歩き回っていると、夫婦の滝は結構見かけるもの。この夫婦の滝、高さこそ3m少々と小さな滝なのだが、滝の真ん中に立っている木までもが夫婦の木という、珍しさ。このような風景を眺めていると、心に沁みてくる。その壺、左手の落ち込みで釣れてきた。右手の落ち込みでも釣れてくれば、夫婦イワナというオチで面白かったのだが。ここでも一箇所一尾らしい。健全なエゾイワナ。



 ふと時計に目をやると、すでに15時を指していた。そろそろ時間切れである。まだまだ渓は良い感じで続き、更に探釣できそうである。上流を見ると大きめの滝も見え隠れしていた。その先も確かめて見たい。しかし、あれだけの落差を越えてきながら、ここまで、これと言って整列型が釣れてくる気配は無かったのだ。その起源は本流筋の奥にあるような気がした。心残りではあるが、上ってきた流れを引き返すことにした。
 退渓は暫く川通し、再入渓した崖を登って、また下る。その時にふと気付いた。本流筋にあたる左沢には、釣り人が入った形跡や山菜取りが入っていた痕跡が残っていた。それはごく普通のことである。しかし、この枝沢にはその気配が無かった。考えて見れば、出合い付近の激しい藪と落差が、人の気安い進入を拒んでいるのかもしれない。このような沢は、殊更に大切にしなければならないと思った。



 さて、「vol.90いろいろなイワナ。カワサバ。」および「vol.105とある沢のイワナ図鑑」で紹介した「整列型エゾイワナ」。件の沢以外では、これと同じ特徴を持つイワナは未だお目にかかれていない。準整列型と言えそうな個体は、今回のように稀に見かけることがある。それ故に、あの個性的な白斑を持った整列型が数多く生息している沢があれば、それをこの目で確かめたい、という願望を持っているのである。
 今回、思わぬところで「整列型エゾイワナ探し」になってしまい、普段の釣行よりも随分とワクワクした気分で楽しむことが出来た。結果は記事の通りで、特段の有力な手掛かりは何も得られなかった。「整列型エゾイワナ探し」は今後も続く……。それで無くとも、初めての沢を遡行する楽しさと言ったら、この上ないことなのだ。このような楽しみを与えてくれる山や川、イワナ達に感謝!ありがとう。
  
THE ESSENCE OF FLY FISHING & THE ESSAY ON FLY FISHING vol.119/ T.TAKEDA
GRIP SWANY でワイルドな夏スタイル★
お知らせ2021.07.02
7月になり暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
梅雨の雨やマスク焼けも気になるところですが、待ちに待った夏の到来!
WILD-1では夏物アイテムが続々と入荷しております。


毎年人気のGRIP SWANY! 人気アイテム入荷のご案内です★

まずは、キャンプでも街でも大活躍のギアショーツ!


品番:GSP-45
価格:8,690円(税込)
サイズ:S.M.L.XL
カラー:SANDBEIGE
ALPHAOLIVE
DESERTCOYOTE
WOODLAND CAMO(WILD-1限定)


WOODLAND CAMO(写真左)は、他では手に入らない
WILD-1限定カラーとなっています!


ギアショーツと合わせて着ても、単品でも存在感のあるTシャツは、
程よい厚みと裾のカットが着やすさの秘訣です。


ギアポケットTシャツ
品番:GSC-34 
価格:5,390円(税込)
サイズ:S.M.L.XL
カラー:WHITE(ポケット部分 DESERTCOYOTE)
    SANDBEIGE
ALPHAOLIVE
DESERTCOYOTE
INK BLACK
  

WILD-1限定カラーはポケット部分がカモ柄の限定仕様です★
カラー:DESERTCOYOTE×DUCK CAMO
    ALPHAOLIVE× WOODLAND CAMO

人気商品ですので、色、サイズ共に限りがございます。
詳しくは、お近くの店頭にてご確認下さいませ!

もっと見る

  • 登録されたイベントはありません。

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.120 源流イワナとかくれんぼ/竹田 正
2021.07.30

 春の渓流釣り解禁以来、時が経つのが早いもので、渓流釣りシーズンもついに折り返し地点を過ぎてしまった。この時期になると、今のうちに心おきなく渓を歩いておきたい、毎年そう思うのである。  五月以降、六月に入ってもまとまった雨が降ることが無い日 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.119 夏の訪れと源流イワナ釣り/竹田 正
2021.07.02

 6月上旬の梅雨入り前のコト。真夏を思わせる日差しを受け山の緑は日増しに深くなり、動物や昆虫等様々な生き物たちで生命感に満ち溢れてくる。イワナ達も例外ではない。育ち盛りの若い世代はもちろん、この秋には産卵に参加する成魚も、この時とばかりにも […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.118 早くも源流のイワナ釣り/竹田 正
2021.06.11

   連日夏のような日差し、五月の初旬とは思えない気温の高さだった。記録的に早かった桜の開花から続くこの感じ、今年は殊更に季節の進みが早い。大型連休が明けてちょうど一週間、例年ならヤマメとイワナを狙って里の川で釣りをする時期である。  今回 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.117 夏の本流ヤマメ/竹田 正
2021.05.28

 5月、爽快な新緑の季節。夏の気配を感じる頃になると、時折、稚アユの群れを見かけるようになる。陽光を浴びてきらきらと光り輝き、見るからに元気いっぱいである。そんな様子を窺っていると、自然に笑みがこぼれてくるのだ。たとえ天然遡上が多いとは言え […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.116 可憐で美しいカワゲラ。キブネミドリカワゲラ/竹田 正
2021.05.07

 鬱蒼とした森、渓に伝う林道を歩いて行く。コゴミの季節はとうに過ぎ、ゼンマイの葉も開き切っている。名もわからない巨大なシダの群れがわさわさと葉を伸ばしている。それらの独特の姿を見る度思い起こすのは太古の恐竜時代……。  谷筋に陽の光が差し込 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.115 2021渓流釣りシーズン開幕 ニンフで通した二日間のコト/竹田 正
2021.03.19

 二月中旬の激しい降雨は大水をもたらした。お陰で冬枯れの流れは一変したことだろう。澱んだ垢や木の葉は洗い流され、川床は輝きを取り戻していた。冷たく澄んだ水を湛えた流れは活き活きとしていた。ここ数年無かったほどの久しぶりの積雪も手伝って、雪代 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.114 春の重要種。ナミヒラタカゲロウとマエグロヒメフタオカゲロウ/竹田 正
2021.03.05

 ナミヒラタカゲロウは、東北でもどこの渓流に行ってもよく見かけるカゲロウである。マエグロヒメフタオカゲロウと色合いやサイズがよく似ており、羽化する季節も重なっている感じである。そのため飛んでいる個体を見たときは一見すると見分けにくいが、ナミ […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.113 2020渓流シーズン最終釣行、秋の彩。/竹田 正
2020.10.30

 「9月の終りは、どうしたって釣り人で込み合うし…、さてさて何処に入ろうか……」ある沢を思い出しては消え、また他を思い出しては消え…幾つも繰り返しつつ、過去の記憶を手繰り寄せながら車を走らせていた。高速道路を降り目的の川に向かう。  釣り人 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.112 大イワナ狙い。バッタの季節にマドラーミノー。/竹田 正
2020.10.09

 夏の名残と秋の始まり、実りの季節となった田園を流れる渓流。稲穂が垂れ、いよいよ収穫の季節を迎える頃。イナゴにフキバッタ、ササキリなどの仲間が、そこかしこで姿を見せる。東北の山里でよく見かける穏やかな風景。  その渓流にはイワナが生息してい […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.111 テーパーリーダー。経験と知恵と技術の賜物。/竹田 正
2020.08.07

 まるで生きているかのように宙を舞うフライライン。景色に映える鮮やかなオレンジ色はロッドに操られ、いつの間にか、その先端からしゅるるるるっと、遠くへと伸びて行く。リーダーの先に結ばれたフライは更に遠くへと運ばれ、ループが伸びきると同時に、ひ […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.110 ピーターロスとブラック&オレンジ/竹田 正
2020.06.26

 ピーターロスというウェットフライ、鮭の稚魚を連想させるパターンとして紹介されることもあるが、もともとはアトランティックサーモンを釣るためのものらしい。ピーターロスのウィングにはティールを用いるが、確かに、この縞模様が鮭稚魚のパーマークに見 […]

もっと見る

ページトップへ