WILD-1店舗

WILD-1 ONLINE STORE
エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.124 過ぎ行く春、夏めく渓でイワナ釣り/竹田 正
スタッフ日記2022.05.13

 うららかな春の朝、4月下旬のコト。せせらぎを聞きながら朝の腹ごしらえをしていると、2台の車が連なって、上流に向かって走り去っていった。これで4台目、どうやら今日は入渓者が多そうだ。そそくさと食事と釣り支度を終え、ロッドを片手に入渓点に向かって林道を下り始めた。
 道中、流れを覗き込んでみると、淵の駆け上がりや流れのヒラキにイワナたちを見つけることができた。この日選んだ沢は4年ぶりの入渓であったが、相変わらず良い環境が保たれているようだった。

 「この感じなら、今日は結構いけるかもよ~」
 何尾ものイワナの姿が目に入るにつれ、フライめがけてイワナが飛び出す情景が目に浮かぶ。様々な妄想が膨らみ始めた時、上流側から車が下りてきた。朝食をとっている時に登って行った2台だった。
 後続の車が止まるやいなや運転席の窓が開いた。
 「どだ、釣れたか~?」親父さんが気さくに声をかけてきた。
 「いや~、まだ~。これから入るところ~」
 上流にはすでに釣り人が入っていたらしく、仕方なくここまで戻ってきたらしい。

 「去年、上の方で~、38cm釣ったんだけどな~、自己最高記録~」などと、話しは続く。するともう1台の車からも、いかにも釣りが好きという風情の親父さんが降りてきた。それからというもの、男3人、暫しの立ち話にしては随分と会話が盛り上がってしまった。そこはそれ、釣り人同士の釣り談義なのである。

 私は、この先にある堰堤の上から釣り上るつもりであることを伝えた。すると、二人はその堰堤の上に流れ込む支流に入渓すると決めたらしく、釣り支度を始めた。お互いに気をつけてと、仲良し二人組に別れを告げ、私は渓へと降りて行った――。



開始早々、イワナからのご挨拶。フライラインを繰り出すためのキャストの最中、フライを仮置きしたら、いきなり出た。釣ったというよりも釣れてしまった、の一尾目であるが、まずは幸先の良いスタートになった。
 
 濡れそぼったフライを乾かし、フロータントを施しながら、次のポイントを見つめる。流心が当たる大岩前が塩梅良く深めのウケになっていた。流れに乗ったフライが大岩をかすめつつも舐めるように、落ち込みまで流れてくる……。フライを流すイメージが出来上がったところで狙いを定め、ふわりとキャストした。
 案の定、流れ来るフライを見つけたイワナが岩陰から浮いてきた。そのフライを追って反転すると大きく口が開いた。ぎゃぼっと、水面が割れた。ゆっくりとアワセ、と同時に、どしっと、確かな手応えが返ってきた。


狙い通り大岩のウケに付いていた。ネットに収まったのは尺を超えるイワナだった。釣り開始からわずか数分の出来事。「でっけぇの、釣れっから!」と親父さんが放った別れ際の言葉が、すぐさま現実に。このような日もあるのだ。
 

週を追うごとに、渓が緑に染まってきた。虫たちの動きも活発。当然、イワナもそれに呼応していた。


ひと流し目のパラシュートパターンを見送ったイワナ。CDCスペントパターンに結び替え流し直すと、素直にフライを口にした。尺までもうすぐの9寸サイズ。


背の方まで大きめの白斑が綺麗に列をなしている。美しい。


ニリンソウの咲く季節になっていた。流れから上がり日当たりの良いところに出ると、暑い!気温が上がってきたらしい。こうなると、うららかな春を通り越して、まるで初夏。ベストの胸ポケットに差してある水温計は20℃を指していた。とは言え、川面を渡る空気はひんやりと心地良い。水温は11℃。この日、里の最高気温は25℃だった。


イワナは身をくねらせて、歩く。撮影中に逃げおおせること、しばしば。


数回流したパラシュートには興味を示さなかったので、またもCDCパターンに変更した。するとあっさりと喰ってきた。やはりエサを食べたがっている。


これくらいのサイズが次々と顔を出した。


段々渓流滝。両岸切り立ち、ちょいと軽めに通らずという感じ。真夏なら水量次第では突破しても良いのだけれど、今の季節では失敗してずぶ濡れにでもなったら、そりゃあもう大変。ということで、この日は十分に楽しんだのでここで退渓した。
 

 翌日。前日の退渓点から入渓し、さらに上流を釣り上ってみることにした。
 予定しているこの日の退渓点の少し手前まで車で上がり、山菜の様子など季節感を確かめつつ、ゆっくりと林道を歩き下っている時だった。前方で大きな何かが動いた気がした。クマが活発に動き始めている季節である。ガサガサと音も聞こえてきた。歩みを止め、腰に下げているカウンターアソールトを手に取り、安全ピンを外した。息を殺し、暫し様子を窺っていると、大きなカモシカが現れた。
 渓に入っていると、カモシカやシカと出くわすことはよくあるのだが、クマと思しき状況も多々あり、このような時はかなり緊張するのだ。

 「脅かしっこは無しだぜ、お互いさまだけど!」そう思ったものの、カモシカも同じ気持ちだったのかも知れない。お互いが確認できると、こちらの様子をじっと見ていたカモシカは踵を返し、ゆっくりと歩きだした。トトンと渓へ降りるや対岸の急斜面に取り付き、軽々と登って行ってしまった。
 相手がクマではなくて良かった。とは言え、カモシカがこちらに向かって突進してきたらと思うと、それはそれで怖いのだ。学生の時分に言われた、「カモシカの回し蹴りには気をつけろ!」という先輩の言葉が思い出された。本当に後足で蹴りを入れてくるのかどうかは、実際のところは分からないのだけれど……。


カモシカ騒ぎの緊張感がほぐれてきたところで、昨日退渓した渓流滝の上に降り立った。朝一番の一投目で、またも尺を超えるイワナが来てしまった。昨日出会った親父さんの言葉もあるが、いやいやしかし、この結果は出来過ぎである。


この幸運は昨日の陽気のお蔭だろう。ヒラキでエサを待っていたとなれば、すでに活性が上がっていると見てよい。やれやれという感じで、イワナがごろんと起き上がった。うねうねと歩き始め帰りたがっていた。鈎を外し、もとの流れに帰した。


尺までもうすぐ!の発育優良児。山桜の花びらが舞う季節感、イワナたちがはしゃぎ始めていた。
 

エサとなる昆虫の流下が多い様子で、イワナの活性が高い。そのため、このような流れが良いポイントになっていた。この日、ほとんどのイワナは落ち込み上のカタ、流れの筋、そのヒラキに出ていた。アプローチもプレゼンテーションも慎重に行う。気取られてイワナに走られでもすれば、その時点でこちらの負け、釣りにならない。落ち込み寸前をうまく流すことができれば、一段上がる度にイワナが出た。


尺まであと少し。もっと大きくなれと願いつつ流れに帰した。このイワナ、長淵の淵尻に沈む大岩の前に付いていた。ゆったりとした流れのためか、喰いつかせるのに思いの外手間取った。フライパターンを変えつつご機嫌を窺いながら、10分ほど対峙した結果だった。じれったいほど、魚と駆け引きをするのも、また楽しからずや。


ほとんどのイワナが躊躇することなくフライを口にした。一心不乱にエサを獲ろうとするイワナたちが愛おしく感じられた。


大きめの白斑が揃っている、良い雰囲気。


またまた、一段上がる度に釣れてくる感じ、アップテンポの釣り。バッサリとフライを飲み込む。まだ4月だというのに、まるで盛期のような喰いっぷり。おまけに、ぎゅんぎゅんと良く引くのだった。


おやおや、整列型斑紋の要素を含むイワナが釣れてきた。これまた嬉しい出会い!


水面下の様子が見え辛くなってきた。雲が厚くなってきた感じ。


滝壺の駆け上がりと岩盤脇、白泡を流してみたが、まるで反応無し。ならばと、奥の小沢の落ち込みにフライを入れると間髪入れずこのイワナが来た。壺を走り回るこのイワナの後を追いかける他のイワナも見えた。


他にもイワナがいるとなれば…と、再度小沢の落ち込みにフライを入れた。滝の方へ巻いていく流れに乗り、ゆるゆると流され始めた時、フライが水面下に吸い込まれた。

 まるで盛期のように次々と釣れてくる状況に加え、整列型の要素が感じられるイワナまで釣れてきた。さらに釣り上りたいのは山々だったのだが、そろそろ雨が降りそうな気配が漂ってきた。夕方を待たずに雨が降り始め、その後土砂降りになる予報が出ていたため、今回はこの滝で切り上げ退渓することにした。退渓するときはいつだってそう、心残りなものである。


 暫くご無沙汰していた今回の沢。その様子が気になり入ってみたところ、天候にも恵まれ、図らずも春の饗宴にお呼ばれした感じになってしまった。
 掲載した他にも、数多くのイワナたちと出会うことができた。いずれのイワナも野性味に溢れ美しく、元気いっぱいだったことが、何より嬉しかった。この沢での整列型のイワナ探しという、新たな目標も得ることもできた。それについては源流部の探釣という形で、いつか再挑戦してみることにしよう。
 待ち遠しかった風薫る季節がもうすぐやってくる。山と渓、イワナに感謝!ありがとう!
 
THE ESSENCE OF FLY FISHING & THE ESSAY ON FLY FISHING vol.124/ T.TAKEDA
プロトレックのエコモデルご紹介
おすすめ商品2022.05.13
環境にやさしいエコ素材を外装に利用したPRO TREKの新モデルのご紹介です

「クライマーライン」PRW-61 シリーズ。

ケース、バンドの素材を従来の樹脂から、環境に配慮した「バイオマスプラスチック」へ。
ヒマシ油、トウモロコシを原料とした、バイオマスプラスチックを使用しています。

ハードな使用に耐える堅牢性や、腕なじみの良い装着性などの品質は、今までの基準をキープ。
堅牢性と気密性が求められる裏蓋も、エンジニアリングプラスチックを使用し、高強度を確保しています。

クライマーラインのPRO TREKですので
時計の視認性はもちろん、
・タフソーラー
・トリプルセンサー(方位・気圧/高度・温度)
・10気圧防水/耐低温仕様(‐10℃)  他、
機能も充実しております。

ぜひ店頭でご覧ください


WILD-1仙台東インター店 展開モデル
PRW-61Y-1BJF
PRW-61Y-3JF


育てるキャップ!?
おすすめ商品2022.05.09
味わいが出てくる経年変化を楽しむ帽子SAVE

2015年にスタートした帽子ブランドで

色や表情を変え、愛着が出てくる経年変化を楽しめる帽子です。

汚れたら洗濯機で丸洗い可能。

フロントの刺繍はハンドルミシンで

一つ一つ手作りで作られ

表情が違うのも魅力ですね。

手仕事にしか出せない風合いがあります。

サイズはフリーサイズとなってます。

是非お店に立ち寄った際はご覧ください。
仙台東インター店 トイレ改装工事のお知らせ
お知らせ2022.05.09
5/9(月)~5/31(火)までの期間
仙台東インター店のトイレ改修工事を行っております。

工事期間中は、ご不便をおかけいたしますが
何卒ご了承下さい。


TIEMCO/EUFLEX J-STREAM 793-4G+
おすすめ商品2022.05.06
J-STREAM シリーズに新機軸  『 G+』 が登場です。
新素材「グラフェンマテリアル」を纏い「張り」と「粘り」を両立したブランクとなりました。

アクションはミディアムファスト、キャスティングからランディングに至るまで、しなやかな追従性とともにパワフルにタメの効くロッドに仕上がっています。

一般渓流での定番のスペックといえる 7ft9in #3 で、4pcs 、スピゴットフェルール、リング&ポケットのリールシート、ハーフウェルズ グリップ仕様です。

― 日本の渓流のために ―  J-STREAM がまた一歩、進化を遂げました……。
世界に一つだけFARMERS MARKET TOTE
おすすめ商品2022.05.05
着古したパタゴニアのジャケットや古い帆

クライミングロープなどから再利用した

素材だけで作られたパタゴニアプロビジョンズと

Mafia Bagsのコラボレーションバッグ。

再利用素材を使用した1点もののため

色やデザインは一つずつ異なります。

環境に優しいエコな商品!

是非ご覧下さい。

Patagonia FARMERS MARKET TOTE ¥13,200(¥14,520税込)
エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.123 春を知る。渓の花々とイワナとヤマメ。/竹田 正
スタッフ日記2022.04.28

 この春は久しぶりに雪景色の中でのスタートとなった。近年の解禁釣行を思い出してみると、川岸にしっかりと残雪があったのは2012年と2013年の春くらいで、ここ暫くは大した根雪も残っていないことが多かった。そのため岸辺までのアプローチに使うスノーシューなどはすっかりと出動する機会をなくし、ほこりまみれになっているくらいだった。

 さて、3月上旬のコト。待ちかねていた渓流釣りの解禁。解禁日からすでに1週間が過ぎ、週末もはさんでからの入渓となった。すでに多くの釣り人が訪れていた様子で、残雪に残されている足跡が、それを物語っていた。



ザクザクと残雪を踏み進む。


渓に立つとかすかに感じられる、水のにおい。半年近くの時を経て、懐かしい気分になった。


春の息吹、フキノトウ。採れたてでバッケ味噌を作った。一口含めば、春の香りで胸がいっぱいに。 


雪面を活発に歩き廻るカワゲラとその脱皮殻


まだまだイワナの動きは鈍いらしい。懐のある程好い流れをニンフで探っていた。いくつかのアタリを取り損ねていたところ、ついに#14ヘアズイヤーニンフの誘いに乗ってきた。なんとかシーズン初のイワナと対面することができた。


 4月上旬のコト。徐々に朝晩の冷え込みが緩むと同時に、日増しに日差しが強まるのを感じ始めた頃。「そろそろ雪代による大増水も治まっているだろうか。様子を見がてら、ちょいと出かけてみるか」と日当たりの好い渓に足を運んだ。

 晴天の下、気温は季節外れに上がっているようだった。渓伝いの林道を歩いていると、ジワリと汗ばむくらいの暖かさだった。岸辺のあちらこちらに白い花が咲き乱れているのが見えた。吹き荒れる春風にあおられ花々が揺れると、何やら春の賑わいが増してくる感じで、自然に嬉しさがこみ上げてきた。ついこの前までは静かな雪景色だった渓も、いよいよ本格的な春を迎えたということである。

 「この感じなら、渓魚たちも動き出しているに違いない。ニンフの方が良いかもしれないけれど、まずはこれで小手調べ……」
 グレイがかったオリーブダンのドライフライを選び出し、ティペットの先に結んだ。季節がら、ナミヒラタカゲロウやマエグロヒメフタオカゲロウの羽化を予測してのことであった。
 
 

いよいよ芽吹きの季節。


早速のご挨拶。ドライフライに出てきてくれたのは、ちびっこのヤマメ。「大きくなれよ」と流れに帰す。


雪代は冬の名残を洗い流していた。


日当たりのよい瀬から出てきた。このサイズが盛んにドライフライにアタックしてきた。


青空に黄色のもやがかかるのが見える。強風にあおられスギ花粉が舞う。どうにもこうにも目がかゆくなる。それを堪えつつも遡行していく。


水は輝き、流れは生き生きと。もうすぐ緑で溢れる季節になる。


渓の岸辺付近でよく見かけるキクザキイチゲ。雪解けの終わりと春の訪れを告げている。


少し風が収まってきた午後。日が傾き始めると魚が動き出した。


#12のパラシュートをバッサリと咥えてきた。少しばかり冬の名残を感じさせるヤマメ。


続いてイワナも出てきた。


深瀬の流心からバシッと出てきた。サビの抜けたヤマメを眺めていると、ますます春を実感し、気分は爽快になった。

 すると上流から釣り人が下りてくるのが見えた。入退渓に頃合いの良い場所なので、その釣り人はこのあたりから入渓していたのかもしれない。この先、釣れ続くかどうか、少しばかり怪しそうだ。
 ということで、本日はこのヤマメを釣ったところで気分良く終了、潔く退渓することにした。


 4月穀雨の頃のコト。三陸の山里にも桜前線が訪れ、梅も桜も同時に咲き誇っていた。まるで咲き始めるタイミングを心得ているかのように、申し合わせたかのように、スイセンや菜の花、他にも様々な花々が咲き乱れていた。里の渓からさらに奥へと上流域に潜り込めば、春の始まりを標す、また何かしらの花が咲いていた。それらを目にするたびに気持ちが高揚していく……。



里の桜は満開。田んぼの代掻きも始まっていた。穏やかな天候とのどかな風景の中、ゆったりとした気分に……。


里川の、その源流部にやってきた。雪代の洗礼を受けた後、渓は活気を取り戻していく。ナミヒラタカゲロウの姿もよく見かけるようになった。いよいよイワナ釣りも本格的なシーズンに入りつつあることを実感した。


ヒラキに出ていたイワナが#12のパラダンをバッサリと喰ってきた。薄い着色斑がある個体。


こちらも元気よく飛び出してきた。着色斑は無し。


このくらいのサイズが良く出てきた。鼻先まで斑紋あり。


こちらのイワナも頭部背部ともに斑紋が明瞭だった。イイカンジ!


あれま!ヤマメが出てきた。イワナとヤマメの混生する沢ではあるのだけれど。


またまたヤマメ。夏を過ぎれば結構釣れてくることがあるのだが……。この沢も上流へ進出するヤマメが増えてきているのだろうか?


その後はイワナが釣れてきて、ほっとした。


渓から上がる途中、薄い青紫に色付いたキクザキイチゲが待っていた。


その隣にはカタクリ。


ワサビもいよいよ花をつけてきた。


大好きな季節の始まり。おひたし4種盛り!コゴミにカラシナ、ワサビにシャク、クルミを添えて。それぞれに、春の香りがかぐわしい!春の到来を喜び、ありがたく頂いた。




この春、未だヒカリとの対面を果たしていなかった。翌日は下流部近辺の流れを選んだ。その入渓点、民家の軒先。この桜は満開まであと少し。


深瀬のウケから飛び出してきたヤマメ。


このヤマメも#12パラシュートをバッサリと。イイカンジ!


ついに来た!鈎に掛った瞬間に水面下でギラギラと輝き、すぐにそれと分かる。会いたかったよ!ヒカリ。


シャクの新芽。もう少し季節が進めば白くて可愛い花が咲く。

 調子良く釣り上っていたところ、急に魚からの反応が悪くなった。この辺りから釣り人が入っているように感じられ、少し水が不足しているようにも思えていたこともあり、ここで一度退渓することにした。様子を見に上流へ移動してみると、案の定釣り人の姿が見えた。さらに移動を続けると、あちらこちらに釣り人の姿が見えてきた。
 むむむ。それはそうだよね、すっかり春だもの。自分だけじゃない、みんな心待ちにしていたのだから……。

 今年も無事に渓流釣りシーズンのスタートを切ることができました。ヤマメとイワナ、春を知る花々、山の恵みに感謝!ありがとう!
  
THE ESSENCE OF FLY FISHING & THE ESSAY ON FLY FISHING vol.123/ T.TAKEDA
スクランブラーシリーズ入荷
おすすめ商品2022.04.27
ノースフェイスからライトなトレッキングシューズが入荷しました。

軽量シューズの人気が高まる中、皆様の用途にもピッタリ!

なんだかんだ黒の靴は合わせやすく、

特にタウンユースではカラーコーデも幅広く

どんなパンツやトップスにも◎

衝撃吸収と独自開発のソールが

環境に左右されず安定のグリップを実現。

トレッキングからデイリーユースまで

幅広く対応出来ちゃいます。

オススメの一品です。

THE NOHTH FACE スクランブラー MID GTX ¥22.500 税込¥24.750
メンズ26.0~27.5㎝
レディース23.5~24.5㎝

♯wild1♯ワイルドワン♯ゴールデンウィークにオススメ
♯thenorthface♯ザノースフェイス♯登山ファッション
CAMPの達人
おすすめ商品2022.04.24
キャンプやハイキングのお供にはいかがでしょうか?

キャンプシーンで簡単に楽しめるホットサンドの具材です。

食パンとホットサンドメーカーがあれば手軽に

ホットサンドがお召し上がり頂けます。

アウトドアでもおうちでも楽しめますし

トーストの具材としてもおすすめです。

パエリアの素は お米1合と缶詰の中身を入れて炊くだけで

簡単に本格的なパエリアができあがります。

「味付け」「具材」「水分」=オールインワンのため

お米だけ準備すればOKです。

ご家庭で炊飯器でも美味しくお召し上がり頂けます。

誰でも簡単に調理できちゃいます。

お子様と一緒に作るのもオススメです。

ホットサンドの具 ミートソース味 ¥350 (¥378)
         チキンマヨネーズ味 350 (¥378)
         ビーフシチュー味 ¥350 (¥378)

パエリアの素 チキン ¥480 (¥518)
       シーフード ¥480 (¥518)
       イカスミ ¥480 (¥518)

グリーンバーガーソイパティ トマトのソース ¥600 (¥648)
              テリヤキソース ¥600 (¥648)
G・Loomis/NRX+ 6126-4 12ft6in #6
おすすめ商品2022.04.22
ウェットフライを用いて本流ヤマメやデリケートになったサクラマス狙いにピッタリなスペックの、ライトツーハンドロッドです。もちろん湖でも活躍することでしょう。

ティップからスムーズに曲がりこんでいく、ファストアクションが身の上です。ファストアクションといっても、決して固いだけのロッドではありません。そのためキャストのタイミングが取りやすく、スムーズに深く曲がりこみ、もたつくことなくバットからティップへと復元していきます。

スカンジナビアンヘッド(400gr)、スカジットヘッド(450gr)のラインウエイトを参考に、釣り場の状況や好みに合わせてセッティングしてください。これから本格的にスペイキャスティングを始めたい方にもおすすめできるロッドです。
SMITH/MINI RUBBER NET CORK 40
おすすめ商品2022.04.15
じわじわと注目度が上昇中の「渓流用ラバーネット」に新商品。
従来品が「重いし、色気もイマイチ」、ならばコレはどうでしょう?
ネット内径25.5cm、ハンドル長14cmで150gならば、実用十分のスペックではないでしょうか。
超大物のランディング、それにはちょっとコツも要りそうですが、
20~尺絡みを掬うのにちょうど良さそうなサイズです。
渓魚にも優しく、「フックにクレモナ糸のネットがグリグリ」そんな地獄とは無縁!
コルクグリップ、実は「カッコ良い」と思います。
ゼヒ実物をお手に取ってご覧下さい。

もっと見る

プロトレックのエコモデルご紹介
2022.05.13

環境にやさしいエコ素材を外装に利用したPRO TREKの新モデルのご紹介です 「クライマーライン」PRW-61 シリーズ。 ケース、バンドの素材を従来の樹脂から、環境に配慮した「バイオマスプラスチック」へ。 ヒマシ油、トウモロコシを原料とし […]

育てるキャップ!?
2022.05.09

味わいが出てくる経年変化を楽しむ帽子SAVE 2015年にスタートした帽子ブランドで 色や表情を変え、愛着が出てくる経年変化を楽しめる帽子です。 汚れたら洗濯機で丸洗い可能。 フロントの刺繍はハンドルミシンで 一つ一つ手作りで作られ 表情が […]

TIEMCO/EUFLEX J-STREAM 793-4G+
2022.05.06

J-STREAM シリーズに新機軸  『 G+』 が登場です。 新素材「グラフェンマテリアル」を纏い「張り」と「粘り」を両立したブランクとなりました。 アクションはミディアムファスト、キャスティングからランディングに至るまで、しなやかな追従 […]

世界に一つだけFARMERS MARKET TOTE
2022.05.05

着古したパタゴニアのジャケットや古い帆 クライミングロープなどから再利用した 素材だけで作られたパタゴニアプロビジョンズと Mafia Bagsのコラボレーションバッグ。 再利用素材を使用した1点もののため 色やデザインは一つずつ異なります […]

スクランブラーシリーズ入荷
2022.04.27

ノースフェイスからライトなトレッキングシューズが入荷しました。 軽量シューズの人気が高まる中、皆様の用途にもピッタリ! なんだかんだ黒の靴は合わせやすく、 特にタウンユースではカラーコーデも幅広く どんなパンツやトップスにも◎ 衝撃吸収と独 […]

CAMPの達人
2022.04.24

キャンプやハイキングのお供にはいかがでしょうか? キャンプシーンで簡単に楽しめるホットサンドの具材です。 食パンとホットサンドメーカーがあれば手軽に ホットサンドがお召し上がり頂けます。 アウトドアでもおうちでも楽しめますし トーストの具材 […]

G・Loomis/NRX+ 6126-4 12ft6in #6
2022.04.22

ウェットフライを用いて本流ヤマメやデリケートになったサクラマス狙いにピッタリなスペックの、ライトツーハンドロッドです。もちろん湖でも活躍することでしょう。 ティップからスムーズに曲がりこんでいく、ファストアクションが身の上です。ファストアク […]

SMITH/MINI RUBBER NET CORK 40
2022.04.15

じわじわと注目度が上昇中の「渓流用ラバーネット」に新商品。 従来品が「重いし、色気もイマイチ」、ならばコレはどうでしょう? ネット内径25.5cm、ハンドル長14cmで150gならば、実用十分のスペックではないでしょうか。 超大物のランディ […]

2022春 新商品入荷案内 CHUMS
2022.04.13

仙台も桜が開花し、気温が高い日中は Tシャツに薄手のジャケットでも過ごせそうな そんな暖かい季節になってきました。 春の新作と共に半袖Tシャツも入荷しております。 ΞΞCHUMSのTシャツのご案内ですΞΞ 掲載のTシャツの他にも定番のロゴT […]

TIEMCO/Loud45S
2022.04.08

『ラウド』、45mm―3.4g、シンキング設定、アップストリーム特化型ミノーです。 渓流ミノーとして既発の『イメル』『ラクス』、それらとは性格が異なる「動かすミノー」。 ベースの泳ぎはハイアピールな「ウォブンロール」、強弱緩急なロッドワーク […]

もっと見る

  • 登録されたイベントはありません。

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.124 過ぎ行く春、夏めく渓でイワナ釣り/竹田 正
2022.05.13

 うららかな春の朝、4月下旬のコト。せせらぎを聞きながら朝の腹ごしらえをしていると、2台の車が連なって、上流に向かって走り去っていった。これで4台目、どうやら今日は入渓者が多そうだ。そそくさと食事と釣り支度を終え、ロッドを片手に入渓点に向か […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.123 春を知る。渓の花々とイワナとヤマメ。/竹田 正
2022.04.28

 この春は久しぶりに雪景色の中でのスタートとなった。近年の解禁釣行を思い出してみると、川岸にしっかりと残雪があったのは2012年と2013年の春くらいで、ここ暫くは大した根雪も残っていないことが多かった。そのため岸辺までのアプローチに使うス […]

北上川水系追波川 サクラマス釣行
2022.02.19

北上川水系追波川へサクラマスを狙いに行ってきました。 東インター店スタッフ鹿野です。 2月の初めから何回か通ってはみたもののアタリは全くなく 厳しい状況が続き水温や潮の流れがやはり 大きく影響してるんだと実感した。 今回は4回目の釣行。 根 […]

「エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング」よりお知らせ 各記事のタイトルをまとめ、それぞれにリンクを貼りました
2022.02.10

日頃より当店スタッフ日記 「エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング」を 閲覧いただきありがとうございます。 お客様より「過去の記事を閲覧できない」とのお声を頂きました。 2016年に行われた基幹HP […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.122 キイロガガンボカゲロウの棲む沢/竹田 正
2021.09.17

 アユ釣りがひと段落した八月の末のコト、本流域を離れひと月ぶりに渓へと足を運んだ。渓流釣りが禁漁となるまで、およそひと月。今シーズンの総まとめに本腰を入れる時期がやってきた。  釣行直前に降った雨の影響で、目当てにしていた流れはやや増水気味 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.121 愛おしいイワナ/竹田 正
2021.08.14

 私が釣りに出掛ける近辺の川では、相変わらずの渇水状態が続いていた。今年は珍しく短い梅雨だったこともあり、そのおかげでアユ釣りは好調だった。久しぶりに解禁当初から型の良いアユを釣ることもできた。  七月も下旬になると台風6号が発生、ほどなく […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.120 源流イワナとかくれんぼ/竹田 正
2021.07.30

 春の渓流釣り解禁以来、時が経つのが早いもので、渓流釣りシーズンもついに折り返し地点を過ぎてしまった。この時期になると、今のうちに心おきなく渓を歩いておきたい、毎年そう思うのである。  五月以降、六月に入ってもまとまった雨が降ることが無い日 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.119 夏の訪れと源流イワナ釣り/竹田 正
2021.07.02

 6月上旬の梅雨入り前のコト。真夏を思わせる日差しを受け山の緑は日増しに深くなり、動物や昆虫等様々な生き物たちで生命感に満ち溢れてくる。イワナ達も例外ではない。育ち盛りの若い世代はもちろん、この秋には産卵に参加する成魚も、この時とばかりにも […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.118 早くも源流のイワナ釣り/竹田 正
2021.06.11

   連日夏のような日差し、五月の初旬とは思えない気温の高さだった。記録的に早かった桜の開花から続くこの感じ、今年は殊更に季節の進みが早い。大型連休が明けてちょうど一週間、例年ならヤマメとイワナを狙って里の川で釣りをする時期である。  今回 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.117 夏の本流ヤマメ/竹田 正
2021.05.28

 5月、爽快な新緑の季節。夏の気配を感じる頃になると、時折、稚アユの群れを見かけるようになる。陽光を浴びてきらきらと光り輝き、見るからに元気いっぱいである。そんな様子を窺っていると、自然に笑みがこぼれてくるのだ。たとえ天然遡上が多いとは言え […]

もっと見る

ページトップへ