WILD-1店舗

WILD-1 ONLINE STORE
エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.116 可憐で美しいカワゲラ。キブネミドリカワゲラ/竹田 正
スタッフ日記2021.05.07

 鬱蒼とした森、渓に伝う林道を歩いて行く。コゴミの季節はとうに過ぎ、ゼンマイの葉も開き切っている。名もわからない巨大なシダの群れがわさわさと葉を伸ばしている。それらの独特の姿を見る度思い起こすのは太古の恐竜時代……。

 谷筋に陽の光が差し込み、暗い森に浮かび上がる冴えた黄色。ミニチュアのヘリコプターのように飛んでいるそれを、帽子を使って捕まえた。小さくて美しいミドリカワゲラだった。渓流釣りがぼちぼち本格シーズンに入るという知らせである。手が切れる程に感じた水も次第に温み始め、魚たちの動きはいよいよ活発になる。リズミカルにフライを打ちこみつつ、テンポ良く沢を遡行していく釣りスタイルへと変わっていく。

 このカワゲラはわりとまとまって羽化する印象があり、出会うと良い釣りに恵まれる事が多い。そんな時の為に、黄色を強調した♯16から18サイズのドライフライも、しっかりとフライボックスに忍ばせている。海外でもイエローサリーやリトルイエロー等々、有名フライパターンも古くから存在しているくらいで、「黄色のカワゲラ」その重要度は推して知るべしである。

 日本国内のミドリカワゲラの仲間は十数種類以上はいるらしく、未記載種も多いことから、種の同定が難しい。つまり、分類学上、研究があまり進んでいない分野ということになる。

 ちなみにカワゲラの仲間は清冽な水に生きる水生昆虫の代表で、水環境の生物指標にも用いられている。つまり、冷たく澄んだきれいな水を好む渓流魚にとっても、この水生昆虫の存在はとても大切なのだろう、と思うのである。


 

 写真はセスジミドリカワゲラの類、キブネミドリカワゲラの成虫。背部紋様が特徴的である。私が釣り歩く地域ではこのタイプを多く見かている。体長は8mm程。幼虫は岸辺水際の石などに這い上がって羽化する。岸辺の石や護岸にその脱皮殻を見つけることも多い。釣りをしていて時々見かけるのは、水面羽化状態。羽化直前に岸際で水にさらわれてしまうのか、そこまでたどり着けずに羽化が始まってしまうのか。石に登って無事羽化したまではよかったものの、一難あって落水するのか…。それら理由はともかくとして、ウィングを立てつつ、ぱたぱたしながら流されてくるので、慣れていないとカゲロウの羽化と見間違えやすい。また、水際の砂地で、砂の中から次々と這い出してくるのを見たことがある。まるでモグラが出てくるかのようで驚いた。これは特殊な例かも知れないが、「もしかすると羽化形態が異なるミドリカワゲラの類の新種?かもしれない…」などと考えると、ちょっとワクワクする。ホント、生き物はおもしろい。

 それにしてもカワゲラの成虫、その姿に古代生物の名残を感じてしまう。子供の頃に良く読んでいた恐竜図鑑にも似たようなのが載っていたような、そんな印象を受けるのは私だけだろうか?


ダビングボディにハックルだけ、フラットウィングはハックルティップでシンプルに。


視認性を確保したいシチュエーションのためにパラシュートも用意。


フタバコカゲロウやホソバマダラカゲロウなどにマッチする#18~20のパラダンを結ぶこともある。セレクティブな状況下でもサイズとカラーがマッチすればなんとかなることも多い。

 
THE ESSENCE OF FLY FISHING & THE ESSAY ON FLY FISHING vol.116/ T.TAKEDA
5月 休店日のおしらせ
お知らせ2021.05.05
5月 休店日のおしらせ

5月11日(火)
5月18日(火)

※休店日の予定は諸事情により急遽変更となる場合がございます。
あらかじめご了承ください。
CHUMS東北別注品入荷案内!!
お知らせ2021.05.05
今年もCHUMS東北別注アイテムが入荷しました。
東北限定販売!今しか買えない!!
限定アイテムですので、お早めにどうぞ…。



WITH TOHOKU TSHIRT      本体価格3900円  税込4290円
OUTDOORMONSSTER HWYC TSHIRT  本体価格4200円 税込4620円


WITH TOHOKU CANVASTOTE     本体価格2500円 税込2750円
WITH TOHOKU CAMPER MAGCUP     本体価格1400円 税込1540円
    白河だるま            本体価格2800円 税込3080円
TIEMCO/J-STREAM JS703-4
おすすめ商品2021.04.30
~日本の渓流を釣るために~がコンセプトの「J-ストリーム・シリーズ」に新機種が登場しました。軽快なフィーリングが身の上のロッドです。7ftという少し短めのブランクスのおかげで振り抜けが良く、程良くバットに乗ってくるアクションも相まってラインの荷重が捉えやすく、アキュラシー性も抜群です。ボサや枝をかわしつつクロスバーの奥へフライを送り込む。小渓流で攻めの釣りをされる方に特におすすめです。
TIEMCO/IMERU50S
おすすめ商品2021.04.23
「実力派」「実戦向き」な性能を備えたミノーだと思います。
「キレ」と「粘り」を両立させ、良いタナをキープしつつ、積極的に誘っていけます。
タフな状況が目立つようになってきた「渓流ミノーイング」の世界、
「ヒラウチ」など、尖った性能での攻略に加えて、そのミノーの総合力が大切です。
50㎜-4.3g、スペックだけを見れば「重い」ミノーですが、実際は軽快に扱えるオールラウンダー。
ファット&トールなボディデザインは、「浮力」を感じるナイスバランス!
私、すっかり『イメル』ファンになってしまいました。
虫対策と紫外線対策はこれでバッチリ!『着る防虫 スコーロン』
お知らせ2021.04.22
暖かくなり外で過ごすのが気持ち良い時期になりましたね。
WILD-1では外遊びも快適に過ごせる為の防虫アイテムを
各種取り揃えております。

今回はWILD-1でおすすめの「防虫」アイテムから
「fox fire」のスコーロン製品について、ご紹介いたします。

「スコーロン」は、アース製薬と帝人フロンティアが共同開発
した虫を寄せ付けない特殊加工を施した素材です。生地にとま
っても刺されにくく逃げていく画期的な防虫性能もあり、他の
防虫アイテムよりも機能が維持し続けるとも言われています。

これは、アース製薬が開発した持続性の高い非揮散型の防虫剤
をナノレベルの接着技術によって頑強に固着させているからで
す。加えてUVカット機能があり、日差しの強い夏場には二重の
意味で重宝します。

とまっても、くっついて来ても、刺されにくく、逃げていく
着る防虫「SCORON」
https://www.foxfire.jp/scoron/
WILD-1では「スコーロン」商品以外にも防虫アイテムを
お取り扱いしております。

虫対策をしっかり備えて
アウトドアシーズンを楽しみつくしましょう!
Megabass/GREAT HUNTING HUMPBACK
おすすめ商品2021.04.16
今、大人気な渓流ミノーと言えば『グレ・ハン・ハンプ』です。
往年のメガバスルアー同様の艶やかなルックスのままに、現代的なバランシングを施して◎
46㎜-4.0gと51㎜-5.1g、2サイズとも、高比重ボディの「ファストシンキング」設定です。
フラットサイドボディを翻す連続ヒラウチでボトムから魚を呼んで下さい。
個人的には「サイズ・ローテーション」が効きそうな泳ぎだと思います。
両サイズとも、良く飛び、流れに強くポイントを選びませんから!
51→46で喰わせる、46→51とアピールアップ、どっちのローテも有りです。
レンジ的には51が少し深いので、上手いこと使ってみて下さい。
TIEMCO/SUMARI MR88F
おすすめ商品2021.04.09
2021シーズンのサクラミノー新製品、『シュマリ』の「MD」?「SR」??
正解は浅すぎず潜り過ぎずの「MR(ミディアムランナー)」だそうです。
一見すると、水噛みの良さそうなファット系バランスタイプのボディに、
どう見てもシャロー系な小型リップの組み合わせ、結論を言えば、コレは◎‼
『シュマリ』らしいテールを大きく振る泳ぎで、名作『110F』の一枚下を来ます。
88mm-10gとコンパクトなサイズ感も使いやすいと思いますが、
実は、重心移動内蔵のぶっ飛び仕様、飛ばしすぎ注意ですよ。
昨今のタフフィールドを攻略する鍵になるかも⁉
LURE-REP/BALSA U-P2
おすすめ商品2021.04.02
一口サイズな35㎜2.2gのバルサ製シンキングミノーです。
「ヒラ打ち」ではなく、ベイトライクなウォブリング中心の泳ぎと相まって「エサ」感◎
無理をしない自然なデザインの効果か、ウェイトの割に飛び、流れにも強いです。
シングル仕様の手巻きスイミングフックがベリー後部の「絶妙」な位置に配置。
追尾でも、下からの反転バイトでも、フックアップさせやすいように感じます。
バルサならではのキビキビした泳ぎ+ミニマムボディ、ボウズはないと言い切りたい(笑)
数量限定の上、コスパ的にも優れモノ、お早目のご購入をお勧めさせて頂きます。
ジョインター×チャムス コラボTシャツ入荷
お知らせ2021.03.30
気温もだいぶ上がり、春らしい陽気になってきましたね。
アウトドアシーズン突入ですね!

さて今回、「ジョインター×チャムス」のコラボTシャツが入荷いたしました。
今回のTシャツは3種類、4サイズとなります。


【チャムス×ジョインター】フィッシングポケットTシャツ <キャッチレインボー/ホワイト> ■カラー:ホワイト(キャッチレインボー)
■素材:コットン100%(コットンUSA認証)
■サイズ:S・M・L・XL


【ジョインター×チャムス】 フィッシングTシャツ <ケイリュウイワナ/ホワイト> ■カラー:ケイリュウイワナ/ホワイト
■素材:ポリエステル100%
■サイズ:S・M・L・XL
こちらのTシャツは速乾Tシャツになります。


【ジョインター×チャムス】 フィッシングTシャツ <タープテンカラ/ネイビー> ■カラー:タープテンカラ/ネイビー
■素材:ポリエステル100%
■サイズ:S・M・L・XL
こちらのTシャツは速乾Tシャツになります。

アウトドアで着ているだけで楽しい、そんなTシャツです!
ぜひハイシーズンにお気に入りの一枚としていかがでしょうか。

入荷店舗は、WILD-1全店舗になります。お近くの店舗までお問合せください。
オンラインストアでも販売しております。こちら→WILD-1オンラインストア
Bassday/SUGAR MINNOW Drift Twitcher
おすすめ商品2021.03.26
『バスディ』の『ドリフトトゥイッチャー』、やっぱり「めっちゃ釣れます」。
85Sは『瀬』を狙うには欠かせない、絶妙な泳ぎとレンジ設定なのです。
そして、『雪代』時期のシークレット、100Sもお忘れなく。
瀬に限らず、ボリューム感でアピールしつつ、より遠く深く速い流れまで対応できます。
2021カラーは2サイズとも入荷中、パール系2色に「ブルピン」、ナイスセレクトですね。
『シンキング・ミノー』だからこそ釣れる、その理由を感じて下さい。

もっと見る

  • 登録されたイベントはありません。

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.116 可憐で美しいカワゲラ。キブネミドリカワゲラ/竹田 正
2021.05.07

 鬱蒼とした森、渓に伝う林道を歩いて行く。コゴミの季節はとうに過ぎ、ゼンマイの葉も開き切っている。名もわからない巨大なシダの群れがわさわさと葉を伸ばしている。それらの独特の姿を見る度思い起こすのは太古の恐竜時代……。  谷筋に陽の光が差し込 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.115 2021渓流釣りシーズン開幕 ニンフで通した二日間のコト/竹田 正
2021.03.19

 二月中旬の激しい降雨は大水をもたらした。お陰で冬枯れの流れは一変したことだろう。澱んだ垢や木の葉は洗い流され、川床は輝きを取り戻していた。冷たく澄んだ水を湛えた流れは活き活きとしていた。ここ数年無かったほどの久しぶりの積雪も手伝って、雪代 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.114 春の重要種。ナミヒラタカゲロウとマエグロヒメフタオカゲロウ/竹田 正
2021.03.05

 ナミヒラタカゲロウは、東北でもどこの渓流に行ってもよく見かけるカゲロウである。マエグロヒメフタオカゲロウと色合いやサイズがよく似ており、羽化する季節も重なっている感じである。そのため飛んでいる個体を見たときは一見すると見分けにくいが、ナミ […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.113 2020渓流シーズン最終釣行、秋の彩。/竹田 正
2020.10.30

 「9月の終りは、どうしたって釣り人で込み合うし…、さてさて何処に入ろうか……」ある沢を思い出しては消え、また他を思い出しては消え…幾つも繰り返しつつ、過去の記憶を手繰り寄せながら車を走らせていた。高速道路を降り目的の川に向かう。  釣り人 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.112 大イワナ狙い。バッタの季節にマドラーミノー。/竹田 正
2020.10.09

 夏の名残と秋の始まり、実りの季節となった田園を流れる渓流。稲穂が垂れ、いよいよ収穫の季節を迎える頃。イナゴにフキバッタ、ササキリなどの仲間が、そこかしこで姿を見せる。東北の山里でよく見かける穏やかな風景。  その渓流にはイワナが生息してい […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.111 テーパーリーダー。経験と知恵と技術の賜物。/竹田 正
2020.08.07

 まるで生きているかのように宙を舞うフライライン。景色に映える鮮やかなオレンジ色はロッドに操られ、いつの間にか、その先端からしゅるるるるっと、遠くへと伸びて行く。リーダーの先に結ばれたフライは更に遠くへと運ばれ、ループが伸びきると同時に、ひ […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.110 ピーターロスとブラック&オレンジ/竹田 正
2020.06.26

 ピーターロスというウェットフライ、鮭の稚魚を連想させるパターンとして紹介されることもあるが、もともとはアトランティックサーモンを釣るためのものらしい。ピーターロスのウィングにはティールを用いるが、確かに、この縞模様が鮭稚魚のパーマークに見 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.109 春の探し物/竹田 正
2020.05.29

 解禁当初は風に翻弄されることが多い。今シーズンもまさにその典型で、川へ出かけるたびに暴風に攻めたてられ、満足に釣りが出来ずにいた。なんだか、毎度ついてないよな~、と思いつつも、それでもめげることなく、毎週三陸の川へと通い続けた。先日の解禁 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.108 モンカゲロウとフタスジモンカゲロウ/竹田 正
2020.05.15

 モンカゲロウは日本各地の清流や湖に広く分布しているカゲロウである。普段は砂に潜って生活している幼虫(ニンフ)は、羽化時期が近付くと活発に水中を泳ぐようになる。フタオカゲロウ類と同様、泳ぎが得意である。その羽化は水面で行われ、成熟したニンフ […]

お花を探しに里山散策とホットサンド/やまのしけ
2020.04.05

3月中旬から毎週のように、陸前落合駅から歩いて西風蕃山を拠点に歩き回っていました。今年の里山はいつもより少し早くお花が咲く感じだろうと、通いこむこと3週間。やっとカワイイお花たちに出会うことができました。 先ずは、登山口でイチゲが出迎えてく […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.107 令和2年、待ちに待った解禁釣行のコト/竹田 正
2020.03.13

 やっと着いた。夜明け前の川岸。久しぶりのせせらぎが耳に心地良く響く。真っ暗な川面とともに星空も眺める。南の夜空低くにはさそり座がのぞき始め、春の訪れを告げていた。いそいそと仕事を終え、ぱたぱたと支度、わくわくの気分で夜中の三陸道をひた走っ […]

もっと見る

ページトップへ