WILD-1店舗

WILD-1 ONLINE STORE
C’ultiva/GP-01-2
おすすめ商品2020.09.18
プライヤーじゃなくて「スプリットリングオープナー」なのです。
特殊なノーズ形状ですが、リングを「つかむ」、「隙間を開ける」のがすごく楽!
様々に活用される「スプリットリング」、効果的使用にはコツが有ります。
大事なのは、リングをキレイに復元させるコト、開き過ぎに注意ってことです。
サイズの合わない「ジョー」で力任せにねじ込んだりするのはNG。
復元しきれずに空いた隙間にラインが噛むなど、トラブルの元になってしまいます。
そこでオススメしたいのが「リングを開ける」に特化した、この『GP-01-2』。
スプリットリングのサイズ毎にプライヤーを持ち替えなくて良いし、良いことずくめ。
使えばわかる優れものアイテムです、オススメ!
全世界的に人気のSIMMSウェーダー入荷!
おすすめ商品2020.09.17
SIMMS トリビュータリーストッキングフット ¥25,000 with TAX-

2019年に登場したとたん、瞬く間にウェーダーの新定番になったシムス トリビュータリーストッキングフットが秋のシーズンイン前に再度入荷いたしました。

頑丈で透湿性の高い3レイヤーと4レイヤー素材を使用し、寒い日にはうれしい大型のリーチスルー式ハンドウォーマーポケットを装備、チェストポケットには各種ツールやフライボックスを収納することも出来ます。自然な体の動きを妨げることなく、快適な釣りを約束してくれるでしょう。

シンプルながらも必要な機能を兼ね備えた使い勝手のよいウェーダーで
冬季釣り場や管理釣り場でのウェーディングゲームにおすすめのアイテムです。

WILD-1全店にて入荷中です。
Jointer×Fishman Beams LOWER 7.3L Equality 入荷中です
おすすめ商品2020.09.14
Jointerブランド生誕2年目記念コラボロッド



「フィッシュマン ビームスローワー7.3Lイクアリティ」入荷しております。

¥47,800₊税


本流のトラウト~湖のトラウトなどで人気のある純正ローワーをイクアリティー(均等3分割)化したロッドで、純正よりやや張りのある細くシャープなバットに変わり、均等3分割による収納性のコンパクト化。

バット部はこだわりの「バンブーデザイン」で撮影時のトラウトとの相性は抜群です。純正ローワー7.3Lとは異なる雰囲気が漂う従兄弟のような存在。


本流トラウトから湾奥のシーバスまで幅広く対応し、思わぬ大物と対峙しても安心してやり取りできるバットパワーを兼ね備えています。
是非この機会に、ジョインター版ローワーを手に取ってみてください。

WILD-1全店にて入荷中です。

TIEMCO/IMERU50S
おすすめ商品2020.09.11
『イメル』、50mm―4.3g、シンキング設定の渓流ミノーです。
『ティムコ』らしい「後方寄り固定重心」で、飛んで泳ぎ出しも◎な好バランス。
「ヘビーシンキング」と言いたくなる自重ですが、「ファットボディ」で余浮力十分、
「ヒラ打ち」「ダート」など、ロッドアクションのメリハリにしっかりレスポンス!
素直な泳ぎにセッティングされていて、使い手・ポイントを選ばないと思います。
人気も納得な「秋ヤマメ」的カラーセレクトで少量の入荷となっております。
Patagonia M’S ウルトラライト・パッカブル・ジャケット新入荷
おすすめ商品2020.09.10
Patagonia メンズ・ウルトラライト・パッカブル・ジャケット
¥32,000+TAX

どんな釣り場へも行ける防水性ジャケットです。透湿性を備え軽量でテニスボール大のスタッフサックに収納可能!
フライボックス用ポケット、ツール用ドック、つば入りのフード、耐食性ジッパーを備えたフィッシング仕様のデザイン、DWR(耐久性撥水)加工済み。
フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用です。

シンプルなデザインでかっこいいレインジャケットです。
コンパクトになるので急な天候の変化にすぐに対応できるようにベスト、バッグに常に
忍ばせることが出来るので安心して釣りができます。

WILD-1全店にて入荷中です。
CHUMS×Jointer コラボフィッシング柄 ロングスリーブTシャツ 入荷中です!
おすすめ商品2020.09.07
アウトドアブランドでお馴染みの人気メーカー「CHUMS」Jointerがコラボしました

コラボフィッシング柄 ロングスリーブTシャツが入荷いたしました。


カラー展開はホワイト、ネイビーの2色、
サイズ展開は、S・M・L・XLの4サイズになります。

カラー:ホワイト
カラー:ネイビー
チャムスのシンボル「ブービーバード」が釣り人に扮している今までになかった釣りデザインTシャツになっており、素材はコットン100%。
キャンプにはもちろんのこと、カジュアルにも使い勝手のいいロングスリーブタイプになってます!
この秋にぴったりの1着になると思います!

WILD-1全店にて入荷中です。
オンラインストアでの購入はこちら→CHUMS×Jointer コラボフィッシング柄 ロングスリーブTシャツ


さらにCHMUS×Jointerでは、フィッシングやアウトドアにも使いやすいサコッシュやバッグなども展開中です。


左から
【ジョインター別注モデル】Jointer×チャムス フィッシングサコッシュ
【ジョインター別注モデル】Jointer×チャムス フィッシングショルダーバック【カーキ】
【ジョインター別注モデル】Jointer×チャムスフィッシングショルダーバック【カモ】

お気に入りのギアを入れて、秋のアウトドアシーズンを楽しみましょう!!



C’ultiva/GP2-60 GamePlier2
おすすめ商品2020.09.04
『クロマグロ』など、ビックゲーム志向のオフショアアングラーにピッタリ。
大型スプリットリングを軽い力で開けられて、更にグラつかずにキープしておけます。
ペンチ自体も軽量でサイズ感も良く、手に握り込んでも使いやすい仕上げです。
スプリットリング、実は繊細なパーツで、力ずくでねじ込んだりするのはNG、
優しく丁寧に開け閉めすることで強度を維持、大物との強烈なファイトを支えてくれます。
サビにくいステンレスとアルミニウム合金素材+前作から更に大口径化された「ヒンジ」で剛性十分。
歴代の『ゲームプライヤー』で培った機能的装備にも磨きがかかっています。
「モンスターゲームには事前準備が超重要!」使い勝手の良いプライヤーが大事です。
Jackson/Rod Egg
おすすめ商品2020.08.28
エラストマー素材を絶妙な硬さと大きさに成形したのが『ロッドエッグ』です。
密着性に優れ、千切れにくいため、固着して抜けなくなったジョイント外しに◎
固着したジョイントのすぐ上にカポっとしたら、ロッドエッグを握り込んで捻って下さい。
ネオプレーン素材のロッドベルトがボロボロとか、シリコン素材をグルグル巻きの手間とはサヨナラです。
深溝一本に浅溝四本のスリットが用意され、「ロッドベルト」として使用しても優秀です。
ロッド同士がガチャガチャぶつからないので、何本かまとめて車載する時なんかに良さそう。
「特許出願」や「意匠登録」されているようですが、それも納得なナイスアイデアの小物です。
C’ultiva/巻き巻き何でも入れちゃうケース
おすすめ商品2020.08.21
「まんま」なネーミングではありますが、間違いなく便利な「収納袋」です。
伸縮性に優れたネオプレーン素材をシンプルに袋にしてあります。
アイデア次第で、「まとめにくい物をまとめる」とか、「とりあえず入れとく」のに◎
縦、横、斜め、どんな向きでも巻き巻き、ササッとアクセス良く出し入れ可能です。
『S-15.0×11.5cm』、『M-20.0×15.0cm』、『L-32.5×23.0cm』の3サイズ。
Lはオフショアアングラーにオススメなサイズ感です。
Mが個人的には一押し!で、スナップとかリングとか、パッケージ丸ごと放り込める大きさ。
「これどうやってしまう?」って迷うモノ、とりあえず入れてみませんか?
夏!テンマクブレンドのカレーはいかがですか?
おすすめ商品2020.08.19
お盆も過ぎましたが、まだまだ残暑がきびしいですね♪
夏!といえばカレー!

印度カリー子さんにキャンプで作ってすぐ美味しいテンマクスペシャルカリーを作っていただきました!

『ディアカリーテンマクブレンド/01』
スパイスとお好きなお肉を炒め特製ペーストを加えて煮込むだけ!本格カレーの出来上がり!

『スリムスパイステンマクブレンド/01』
11種のスパイスがコンパクトな5段のケースに入っています。
上から順に入れていくだけ!本格的なスパイスカレーの出来上がり!

辛さの調節もお好みでできますので、お子様から辛いの大好きな大人の方まで楽しめます。
ご当地シェラカップ欠品のお知らせ
お知らせ2020.08.13
いつもご利用ありがとうございます。

WILD-1仙台東インター店のご当地シェラカップがただいま完売しております。
再入荷の際にはまたお知らせいたしますので、入荷までお待ちくださいませ。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

もっと見る

  • 登録されたイベントはありません。

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.111 テーパーリーダー。経験と知恵と技術の賜物。/竹田 正
2020.08.07

 まるで生きているかのように宙を舞うフライライン。景色に映える鮮やかなオレンジ色はロッドに操られ、いつの間にか、その先端からしゅるるるるっと、遠くへと伸びて行く。リーダーの先に結ばれたフライは更に遠くへと運ばれ、ループが伸びきると同時に、ひ […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.110 ピーターロスとブラック&オレンジ/竹田 正
2020.06.26

 ピーターロスというウェットフライ、鮭の稚魚を連想させるパターンとして紹介されることもあるが、もともとはアトランティックサーモンを釣るためのものらしい。ピーターロスのウィングにはティールを用いるが、確かに、この縞模様が鮭稚魚のパーマークに見 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.109 春の探し物/竹田 正
2020.05.29

 解禁当初は風に翻弄されることが多い。今シーズンもまさにその典型で、川へ出かけるたびに暴風に攻めたてられ、満足に釣りが出来ずにいた。なんだか、毎度ついてないよな~、と思いつつも、それでもめげることなく、毎週三陸の川へと通い続けた。先日の解禁 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.108 モンカゲロウとフタスジモンカゲロウ/竹田 正
2020.05.15

 モンカゲロウは日本各地の清流や湖に広く分布しているカゲロウである。普段は砂に潜って生活している幼虫(ニンフ)は、羽化時期が近付くと活発に水中を泳ぐようになる。フタオカゲロウ類と同様、泳ぎが得意である。その羽化は水面で行われ、成熟したニンフ […]

お花を探しに里山散策とホットサンド/やまのしけ
2020.04.05

3月中旬から毎週のように、陸前落合駅から歩いて西風蕃山を拠点に歩き回っていました。今年の里山はいつもより少し早くお花が咲く感じだろうと、通いこむこと3週間。やっとカワイイお花たちに出会うことができました。 先ずは、登山口でイチゲが出迎えてく […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.107 令和2年、待ちに待った解禁釣行のコト/竹田 正
2020.03.13

 やっと着いた。夜明け前の川岸。久しぶりのせせらぎが耳に心地良く響く。真っ暗な川面とともに星空眺める。南の夜空低くにはさそり座がのぞき始め、春の訪れを告げていた。いそいそと仕事を終え、ぱたぱたと支度、わくわくの気分で夜中の三陸道をひた走って […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.106雪景色とクロカワゲラ/竹田 正
2020.02.28

 真っ白な雪面をよく見ると、冷たい雪をものともせず活発に這いまわる虫がいる。その虫はクロカワゲラという。雪虫と呼んでいる釣り人も多いだろう。暫し観察していると、まるで雪の中から生まれてくるかのように感じてしまうのだが、雪の下に埋もれた石から […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング    Vol.105 とある沢のイワナ図鑑/竹田 正
2019.07.05

 三陸沿岸の梅雨は思いの外に寒い。その一歩手前、梅雨入り前は新緑も眩しく夏の様相、沢は日差しを浴びて緑光のトンネルとなる。まだまだ冷や水が流れる沢のイワナ達も、待っていましたとばかりに一気に活性が上がってくる。この機会を狙っての三日間、一日 […]

女子会登山で山ご飯会 / やまのしけ
2019.06.17

前回に引き続き蔵王へ登ってきました。今回の登山コースは「大黒天」→「刈田岳」→「熊野岳」ピストンをチョイス。 何度登ってもこの景色は最高で一人だと時間を忘れて眺めてしまいます。 今回は女子会登山なので山ご飯がんばっちゃいました。 48リッタ […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.104 令和元年5月の釣り。ヤマメとヒカリ。サクラマス。/竹田 正
2019.06.14

 5月上旬、大連休が明けてすぐのコト。今回の釣行は雨後増水引き水狙いである。チャンスを前に期待が膨らむ。夜中に仙台を出発し、現着後はタックルのセッティングをしながら夜明けを待った。川面の波立ちを見ると、ほぼ期待どおりの水量。気温は6℃、水温 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング   Vol.103 オオマダラカゲロウとミツトゲマダラカゲロウ/ 竹田 正
2019.05.24

 5月から6月、様々な水生昆虫が羽化し賑やかさを増してくる。その中でもわりと大型、黄褐色と赤褐色のしましまのボディーで際立つ存在感を示すカゲロウにミツトゲマダラカゲロウがいる。ダンはオオマダラカゲロウにとても良く似ているが、それよりも一回り […]

もっと見る

ページトップへ