WILD-1店舗

WILD-1 ONLINE STORE
エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング Vol.101 桜吹雪が舞い散る頃。オオクママダラカゲロウ/竹田 正
スタッフ日記2019.04.19


 そろそろ、おおらかなドライフライの釣りを楽しみたくなってくる頃。もちろん解禁間もない時期でも、水生昆虫の羽化に伴うライズの釣りが楽しめる。しかしながら、バシバシとライズを繰り返すアクティブなヤマメを目にするようになるのは、オオクママダラカゲロウの羽化期に入ってからだろう。桜吹雪が舞い散る頃、早ければお昼前の時間帯に羽化が始まる。ぽこぽこと水面に浮かび上がり、次から次へと流れて来る。いよいよ強くなり始めた春の日差しを浴びると、少し赤みが差した茶色のボディ、キャラメル色のウィングが存在感を主張する。短時間にまとまった量で羽化することもあり、良いタイミングにあたれば、がさがさとすくえるほどに流れ来るその数に圧倒されることもある。


オオクママダラカゲロウ♀
水槽に入ってもらって観察。
 

ハーズイヤーニンフ
ニンフはこれまでの棲みかである川底を離れ浮上する。


フローティングニンフ
無事水面まで辿り着くと背中が割れて亜成虫へと脱皮する。水面で羽化をするこのカゲロウは、羽化の過程を無防備な状態で流されていくことになるが、そこを魚たちに狙われてしまうのである。


パラダン
水面に浮きあがればひとまず羽化に成功。羽化の直後は羽が伸び切らず体もいまだ乾ききっていないため、即時飛び立つ事ができずに水面を流されていく。


CDCダン
数秒ほど流された後、上手く風に乗って飛び立つものもいれば、宙に浮いたと思いきやはらはらと舞い落ち、ひたっと水面にとらわれてしまうものもいる。悲しいかな、パタパタともがけばもがくほど、その波紋と振動が、お腹を空かせた魚を誘ってしまうのだろう。


マーチブラウン
やがて、ある一尾の捕食音を聞き付けた他の魚たちも水面を意識し始めることになる。騒がしくなった水面は更に賑いを増していく。ライズラッシュ!魚も私もこの時を待っているのである。

THE ESSENCE OF FLY FISHING & THE ESSAY ON FLY FISHING vol.101/ T.TAKEDA

フィッシングコーナーより「Jointer×Fishman」ブランシエラ52ULイクアリティ入荷
おすすめ商品2019.04.14

今年生まれたブランド「Jointer」と今最も勢いのあるロッドメーカー「Fishman」がコラボレート。

もともと人気のあるフィッシュマン社ブランシエラ52ULをアクションを損なわずに3ピース均等割にし、ブランクも少し細く調整。
またバットデザインも日本の渓で映えるように和のデザインを施したJointerブランシエラ52ULイクアリティがWILD-1全店に入荷致しました。

これからの渓流・源流シーズンにオススメの商品となっておりますので、是非店頭でご確認ください。

また、こちらの商品はWILD-1オンラインストアでもご購入頂きます。
https://webshop.wild1.co.jp/shop/g/g4988325118524/

※添付の画像はサンプル品の画像となります。本製品はバットデザインのジョインターロゴは白となります。

DAYSPROUT/Devilthree85F
おすすめ商品2019.04.12

今シーズンデビューのサクラマスプラグで大注目なのがコレ!
ファットボディが充分な浮力を確保、派手なウォブリングアクションながら流れにも強い。
重心移動機構と自重14gのアドバンテージが遠投性能を高めているので大本流にも◎です。
個人的には「MD」や「シンキング」ではなく、フローティングミノーであるコトが嬉しい。
あの瀬上がり、あの流れ込みからのヒラキで、ダウンクロスでじっくり魅せて使いたいミノーです。

フィッシングコーナーより「Jointerロッドケース入荷」のお知らせ
お知らせ2019.04.09

2019年、多彩なプロダクツを発表するJOINTERより
かさばる釣り竿を綺麗に収納できるロッドケースが入荷しました。

シンプルなカタチ、カラーを意識して、お買い求めやすい価格で作製されています。

製品ラインナップは以下のとおり!
◆1060mm ブラック 2200円
◆1060mm グリーン 2200円
◆1060mm ネイビー 2200円
◆1260mm ブラック 2600円
◆1260mm グレー 2600円
◆1260mm ネイビー 2600円
◆1060mmワイド ブラック2400円
◆1060mmワイド グリーン2400円
◆1060mmワイド ネイビー2400円
◆1260mmワイド ブラック2900円
◆1260mmワイド グレー2900円
◆1260mmワイド ネイビー2900円 ※いずれも税抜価格です。
※ワイドは2ピースの竿を約4本〜5本収納。
※通常の物は2ピースの竿を1本〜2本収納可能なサイズです。

WILD-1各店舗で取扱い開始!
またWILD-1オンラインストアでも販売予定ですが、掲載までしばらくお待ちください。

TIEMCO/J-STREAM JS763-4 & 793-4
おすすめ商品2019.04.05

763-4はキレを感じる軽快なアクションで、テンポ良く小渓流を釣りあがりたくなる仕上がりのミディアムアクション。793-4は763-4より長い分しなやかながらも、シャッキリとしたミディアムスローです。いずれも守備範囲の広いアクションに仕上がっています。初期モデルに比べ張りを強めたモデルとしてフルモデルチェンジしました。10m程度の距離間でピンスポットを正確に狙い、繊細な釣りをするなら、これらのロッドがお勧めです。

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング  Vol.100 2019シーズン開幕 すでにドライフライ!? 3月のコト/竹田 正
スタッフ日記2019.03.29


 おきまりの三陸の沿岸河川に来ていた。橋の上から幾つかのポイントを覗いてみるが、雪代の出た気配は全く見当たらず、いずれの流れも生気が感じられない程だった。ここまで渇水しているのは珍しいだろう。ここ何年か、春先は慢性的に雪不足になっているが、この春は更に少ない感じがした。長期的にも水不足が心配なところであるが、3月中はまだ雪も降るだろうし、峠や谷筋に残っている僅かな残雪も解けだせば少しは回復してくるのだろうか。
 残雪がないことで入渓しやすいのは、それはそれでありがたいのだけれども、半年近く待ち焦がれた解禁である。期待に満ちたこの気分、高揚感をさらに煽りたてるには、少々雰囲気が物足りないのだ。増してこの貧弱な流れで釣りになるのか?まずは小手調べということで、いろいろ試しながら状況の確認をする必要がありそうだった。朝7時頃から下流域を始点にポイントを転々とした。本流筋のみならず支流も含め気になる流れを見つけては、ドライフライやニンフ、ウエットを流してみた。しかしヤマメもヒカリも見つからない。あるのは何処も先行者の足跡だった。解禁日から4日、土日をも挟んだのだから、まあ、仕方のないことなのだけれど…。


平日にもかかわらず、みんな頑張ってる。要所要所に釣り人の姿が。とうにお昼を過ぎた頃、辿り着いたのは上流部、支流の里川。日当たりのよい流れに入渓。ヒラキから深瀬、流れ込みと順に探りを入れていくと、ピッと目印が引き込まれた。会いたかったよ~。シーズン開幕の一尾めは格別の喜びを感じるのだ。小さくて、愛くるしい。


両岸ススキに囲まれたポイント。こういうところは良く釣れる。ポツンとライズ、すかさずニンフをキャスト。着水直後、ぱしっと目印が飛んだ。サビのない若いヤマメ。

   
ライズしているならということで、#14のパラシュートをキャストしてみたが反応無し。そういうことならと8Xティペットを継ぎ足し#22のシンプルなドライフライを結んでキャスト。綺麗に流れるとあっさりと食ってきた。ちびっこだけれどキッチリ選んでミッジを食ってくる。次に見つけたライズの主は#14のパラシュートをバッサリ食ってきた。こういう元気者も居る。雪代無しの渇水状況ながらも、早くもドライシーズンが来ているのか?


翌週。待望の雨が降った。水量は平水に戻りコンディションは良い感じ。民家前のこんな流れに入渓するとヤマメが連発。


ばしばし目印を飛ばしてくれて、そりゃもう気分爽快。大きめはサビが残り、ちびっこはぴかぴか。あっという間にツ抜けした。土手上からこちらの様子を見ていた民家のオヤジさんが「水、良ぐなったから、今日は釣れるべ!」と声をかけてきた。「んだ、雨のお陰!結構釣れた~」と私。「だべ。先週まで何人も来ったが、さっぱ釣れてながった。いがったな~。雨だな雨、こないだまでこの半分もねがったんだぞ、水」と言う。雨と共に魚たちが動き出したというところか。やはり流れは活きいきしていないと。


ワサビ見っけ!食べごろには少し早いけれど、初物!ということで数本摘んできた。途中の昼食に頂いた。ランチパック・ツナマヨにサンドすると、これがうまいのです。瀬音と共に食す、川の恵み。


時々ヒラキや瀬でも反応あり、サビの抜けた良いヤマメが釣れてきた。淵のヤマメはまだサビが強かったが、これはこれで貫禄を感じる。この日は晴れではあったのだけれど、突風が吹いたりみぞれになったりと、この時期らしく不安定な天候だった。一日ずっとニンフで通してみたが、ドライでも十分釣りになる手応えを感じ、やはり季節の進み具合は1~2週早いように感じられた。


川岸にクレソン。新芽を少し摘んできてキャンプの夕飯に。爽やかな辛味が気仙住田名物トリハラミの焼き肉にぴったりでした。これも川の恵み。


第三週。先週まではヤマメばかりでヒカリは見つからずという結果。とりあえずイワナの顔も見たくなり、沢の奥へ入ることにした。といっても里の川。民家はすぐ近く。ガードレール越しに沢を覗くと運良くイワナのライズが見えてしまった。こりゃ釣らねばならないと、下流から回り込んでいざ入渓。シャツにジャケット一枚で丁度良いという暖かさ、水温は6℃。ナガレトビケラらしきハッチもあり、まずは#12の黒いパラシュートを結んだ。ライズしたあたりにフライを流すと一発だった。まずまずのサイズ。そしてこれが門番だったのか、次に釣れてきたのは黒くて立派なイワナだった。僅かに尺に届かなかったものの嬉しい一尾となった。場荒れを防ぐため、キャッチしたイワナはすぐにリリースせずにネットに一時待機。するとこの後も#12ドライにイワナが飛び出し続けた。先週感じた季節感、早くもドライフライシーズンに入ったことを裏付ける結果となった。


あちらこちらにフキノトウ。今晩のキャンプ飯に5個ほど摘んで一品追加した。オリーブオイルで軽く炒めて焼き肉用のみそだれを付けて食べると絶品。口一杯、胸一杯に春の香りが広がる。摘みたては香り高く、ラガービールの芳醇さをブーストアップする存在だ。これまた川の恵み、旬の楽しみ。


翌日。様子を見に別の沢へ移動してみた。ヒラキに定位する数尾のヤマメが見える。しかも、なかなか良いリズムでライズを繰り返しているではないか。これはイタダキ!と思いきや、なかなかに手強く、ようやくミッジでかけたもののバラシてしまった。一緒になってライズしていた他のヤマメたちは当然沈黙…。やってしまった。しかし、本格的な春を感じるのはここからだった。瀬を釣り上がっていくとヤマメがばしっと出てくるのだ。#12のパラシュートを食い損ねるのもいるが、CDCパターンに手を出す程では無い状況だった。当然のこと掛るのはサイズが良い。サビの抜けた明るい色合いのヤマメたち。気分も高かまり、気温もぐんぐん上がり汗ばんできた。ジャケットを脱いでシャツ一枚になる。こうなると身軽でいい。まるで5月だよ。


春の陽光をいっぱいに浴びるヤマメとイワナ。肌が透き通って見える。美しい。こういう魚体を見ると、春が来たっ!て感じる。この沢もすでにドライフライシーズンに突入。


今日の昼食もツナマヨワサビサンド。一息入れて釣り再開。キラキラの沢をじゃぶじゃぶ、気分良く釣り上がっていく。この日ラストのヤマメは淵で群れていたうちの一尾。これを釣ったら他のヤマメは沈黙してしまった。この辺の反応が盛期と違うところ。このヤマメ、胸鰭がシュッとしていて良い感じ。そういえば、この日釣れてきたヤマメは皆サビていなかったっけ。


さて、3月最終週。畑や民家の横を流れる、ヤマメとイワナが混生している小沢に入渓。時々、わんこがきゃうきゃう言っているのが聞こえてしまう、のどかなところ。


早速ヤマメがお出迎え。ぽんぽんと出てきて時々掛る。そんな感じ。シビアな一尾との対峙も面白いけれど、乗らなくてもバラシても悔やまない、気軽な感じが心地よい。お~い、しっかり食べろ~、あれやこれや言いながら。


今夜のキャンプ飯に少し採集。少し開いてきたフキノトウが、ぶたのビールしゃぶしゃぶの薬味に欠かせない。ばっけ味噌も作っていただきました。


イワナも出てきた。早くもヒラキやカタに付いて、流れてくるエサを待ち構えている。中には、流れるフライを発見するや捕食場所のカタまで先回りして待ち構える魚もいて、高活性。わくわくの季節が始まる予感。


#14ブラックパラシュートに食いついてくれたグッドサイズ。まだスレンダーだけれども、これからたらふく食べて、ふっくらさんになるんだろうな。今週も沢山の魚たちと遊んでもらいました。

訪れるたびに、川は活気を帯びてきているのを実感したひと月でした。ありがとう!

THE ESSENCE OF FLY FISHING & THE ESSAY ON FLY FISHING vol.100/ T.TAKEDA

TIEMCO/SUMARI110F
おすすめ商品2019.03.29

大定番『シュマリ』シリーズ、中でも万能かつ「釣れる」ミノーと言えばコレ。
後方寄りの固定重心が飛びと泳ぎ出しの良さを両立させています。
「なかなか釣れない」サクラマス、ストレスなく投げ続けられるのも大事な性能。
そして、今年の新色は『メタルブルーバック』、「すごい釣れそう」な色だと思います。
米代川など『秋田サクラマス解禁』で数々の伝説を生んだミノーです。
ぜひタックルボックスに入れてあげて下さい。

ORVIS/CLEARWATER LA
おすすめ商品2019.03.22

ロープライスながらも高機能、疾走感溢れるデザインのダイキャスト製フライリールです。LAⅡ(WF5F+90m)とLAⅣ(WF8F+180m)の2サイズ展開。LAⅣには便利なカセットスプールタイプもあります。本流や湖の釣りにどうぞ。

ORVIS/CLEARWATER 763-4
おすすめ商品2019.03.15

CLEARWATERシリーズがモデルチェンジしました。世界中での実績を誇るアクションや性能は今まで通り。763-4は渓流用としてぴったりのスペックです。しっかりとしたバットを持つミディアムファストアクションのため、テンポ良くラインループを繰り出すことができ、春先の強風にも負けないラインスピードでキャストができるでしょう。

SIMMS TRIBUTARY STOCKINGFOOT 入荷いたしました!
お知らせ2019.03.14

待ちに待った渓流解禁。多くの方がそわそわしていたのではないでしょうか。

今回、
「SIMMS TRIBUTARY STOCKINGFOOT シムス トリビュータリーストッキングフット」が入荷いたしました。


SIMMS TRIBUTARY STOCKINGFOOT カラー:TAN JMサイズ ¥25,000(+税込)

SIMMS TRIBUTARY STOCKINGFOOT カラー:TAN JLサイズ ¥25,000(+税込)

SIMMS TRIBUTARY STOCKINGFOOT カラー:TAN JXLサイズ ¥25,000(+税込)

手頃な値段でありながら、頑丈で透湿性に優れているSIMMSのウェーダーです!
カラーも「タン」で、場所を問わない落ち着いたカラーとなっております。寒いときにはありがたいハンドウォーマーポケットもついており、装備も充実しております!!



これからの渓流釣行にいかがでしょうか?
是非お試しください!!

今回こちらの商品は全店舗入荷しております。
*一部サイズの入荷がない店舗もございます。直接店舗までお問い合わせください。

ORVIS/HYDROS SL
おすすめ商品2019.03.08

スムースなドラグの滑り出しを見せるラージアーバーリールです。ドラグ機構とクリックは内蔵され、シーリングにより砂や水の侵入を抑える構造。ドラグのセッティングが行いやすい非対称のドラグノブが装着されています。透明感のあるグレーのブラックニッケルに新色のシルバーが登場。2色展開になりました。

もっと見る

  • 登録されたイベントはありません。

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング Vol.101 桜吹雪が舞い散る頃。オオクママダラカゲロウ/竹田 正
2019.04.19

 そろそろ、おおらかなドライフライの釣りを楽しみたくなってくる頃。もちろん解禁間もない時期でも、水生昆虫の羽化に伴うライズの釣りが楽しめる。しかしながら、バシバシとライズを繰り返すアクティブなヤマメを目にするようになるのは、オオクママダラカ […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング  Vol.100 2019シーズン開幕 すでにドライフライ!? 3月のコト/竹田 正
2019.03.29

 おきまりの三陸の沿岸河川に来ていた。橋の上から幾つかのポイントを覗いてみるが、雪代の出た気配は全く見当たらず、いずれの流れも生気が感じられない程だった。ここまで渇水しているのは珍しいだろう。ここ何年か、春先は慢性的に雪不足になっているが、 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング     Vol.99 シロハラコカゲロウ/竹田 正
2019.03.01

 春に羽化するカゲロウの代表選手ともいえるシロハラコカゲロウ。とは言え実際のところ、秋までのシーズン中にどこへ行っても良く見かける、生息数が多いカゲロウである。解禁当初、日当たりの良い深瀬から淵にかけて、お昼頃を中心に流れを観察してみよう。 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング     Vol.98 ユスリカ/竹田 正
2019.02.01

 釣りをしていると、何やら得体の知れないライズに出くわすことは良くあること。ましてアングラーには見えないサイズのエサをせっせと食べているトラウトときたら、手強い相手という事がほとんど。食べられている虫はユスリカを始め、小型のカゲロウやカディ […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング     Vol.97 THE COTTARELLI VISE/竹田 正
2018.09.14

 ひと際異彩を放つ、個性的なその出で立ち。画期的かつ斬新なアイデアが搭載されている究極のフライ・タイイング・バイス。ひと目見たときは、んんっ!なんじゃこりゃあ!今ではただただ眺めているだけで、イタリアの職人「フランコ・コッタレリ」の熱い思い […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング     Vol.96 里川から源流へ/竹田 正
2018.08.04

 5月中旬以降、いよいよハイシーズンに突入。里の川から源流方面へ足を伸ばし始める頃のコト。渓に一歩踏み出せば、目に映るそれら光景は、いよいよと緑光のヴェールに包まれている。日差しも強くなり里の渓流では日中は夏の訪れを感じることもある一方、源 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング     Vol.95 5月のヤマメ釣り。里の本流と支流。/竹田 正
2018.07.14

 5月は忙しい。なんてったって、大好きな季節の始まりだから。新緑の季節は過ぎ去り、山々は深緑へと色濃く染まってくる。今この時を楽しまずにはいられない。山々と同様に私の心も山釣りの気分に染まっていくのである…。    5月前半戦。ドライフライ […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング     Vol.94 4月、ヤマメとイワナ。混生域の里川。/竹田 正
2018.07.01

 4月入ってからは、雨は少なめだったのだけれど、今年はそれほど水不足になることも無く、順調に季節が進んできたようだ。思えば昨年春は雪代も大したことが無く、雨も降らずで6月まで渇水が続き苦労したことが思い出される。  さて、冬枯れが残っていた […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング     Vol.93 春の嵐!やっと解禁のコト/竹田 正
2018.06.16

   昨年、禁漁になると同時にずっと待ちわびていた解禁が、これだもの…。    2月28日。低気圧が接近中、解禁前日からの降雨で釣りが危ぶまれていたが、とりあえずの出陣。深夜に車を走らせた。早朝3:00頃より、雨はコンスタントに降り始め、次 […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング     Vol.92 5月稚鮎の季節/竹田 正
2018.05.12

 夏も近づく八十八夜。春先から河口域に群れていたアユはひと雨ごとに上流を目指すようだ。雪代で洗われた後の清々しい川を上ってくる稚アユ。もりもりと水生昆虫を食べ元気いっぱい、急速に育っていく。これからの時期、本流に棲む大型トラウトにとって稚ア […]

エッセンス オブ フライ フィッシング & エッセイ オン フライ フィッシング     Vol.91 エルモンヒラタカゲロウ/竹田 正
2018.04.21

 初夏になると水生昆虫の羽化の時間帯は夕方に移行してくることが一般的である。薄暗くなってきた景色の中、ぽっぽっと白い妖精が飛び立ち始める。目立つ程の大きさである。おそらく水面下では少し前から魚たちがざわついていたのだろう。羽化を察知した魚が […]

もっと見る

ページトップへ