フィッシングコーナーより近隣フィールド情報とおすすめ品

2022年05月14日(土)

西那須野店

那珂川水系の支流に行ってみました。
水温は温すぎず冷たすぎずの良い状況で、
活性の高いヤマメの動きがつぶさに見て取れます。

2 1 3
ルアーは良く水に絡む重すぎないミノーが操作していて
楽しく、特に小さなスポットが続く流れやボサの下など、
ルアーが引ききれる距離が短い状況で活躍してくれました。
(使用ルアー:ラウド、蝶舞)

3 4
続いて本流へ。今年は良いヤマメが育っており、先日は34㎝をキャッチ。

6
農繁期に入り水が落ちているため、流れの絞れている場所を狙っていきます。
何とか放流由来の9寸クラスが1本出てくれましたが、これから梅雨時のハイ
シーズンは良型が期待出来そうです。

7 8
ブローディンのストリームストーカーを使ってみましたが、内径が38㎝で
関東の本流に丁度良く、かつラバーコートされた深さのあるネットが50㎝
位までの魚は大丈夫そうです。軽いので足で稼ぐ本流の釣りにおすすめです。
(使用ルアー:ラクス60S、トリコロール72MDF)

夕方はフライで先日のライズポイントを散策。しかしこの日はヒゲナガの数も
まばらで、見る限りではライズがありません。しかし#12のカディスを結んで
釣り上がっていくと、流れの強い深瀬からドカっと食い上げてきます。

9 10 もう完全に盛期のパターンのようです。目に見えてヤマメも太さが出てきました。
夏には順調に行けば尺近くまで育ってくれそうです。

里川と本流のヤマメ釣りはこれからが最も面白い時期です。雨が続けばフィールド
のコンディションもどんどん良くなっていきますので、雨に負けず現場に出かけて
みましょう。また文中に紹介したルアーは全て当店で在庫しておりますので、こちら
も是非使ってみて下さい。

ページトップへ