フィッシングコーナーより、近隣フィールド情報とおすすめ品

2022年06月20日(月)

西那須野店

★simms ドライクリークロールトップバックパック★

1

夏のフィールドにおすすめの防水素材のバッグで、カサのある
濡れ物を収納してもよし、源流や雨の日の釣行に使ってもよしのとても
勝手に優れたアイテムです。ボトルや小物を収納出来るポケットも両
サイドに付いています。


★前回に続いて、高校生フライフィッシャーのお客様と釣行してきました。★

午前中は那珂川本流を釣り、午後から会津へ
移動して渓流を釣る予定で出発です。

日曜日なので、すこし早めに現場に到着。運よく1級ポイントに
1番で入ることが出来ました。お客様先行で釣り下ってもらい、
絞られた流れが良い感じで開きはじめたあたりの岸際で、13ftの
ロッドが曲がります。

2
3

目の覚めるファイトで上がってきたのは、40センチジャストの婚姻色
の出た大ヤマメでした。ランディングを手伝いネットイン。川原で
お客様とがっちりと握手。実物はもっともっと綺麗な魚でした。


11
ヒットフライは鮎っぽいカラーのゾンカー。
まだ魚の成熟が進んでいないこの時期の婚姻色の出た魚はとても貴重で、
何といってもフライでのキャッチに自分は感服しきりでした。そして、
ルアーの私にはアタリも無ければ追いも無し。


7
その後はいくつかポイントを回るもさすがは日曜日だけあって鮎釣りを
はじめ釣り人が沢山です。運よく入ることができた岩盤の絡む深瀬を一
通り流して何事も起こらなかったところで一気に会津に移動。続いては
のどかで小さな流れの渓流フライフィッシングです。

5

谷に降りるとすぐにヤマメの反応があり、少ない水量ながらコンディション
の良い魚体が印象的でした。

6
8
日中はとても暑い日ではありましたが、谷の底
はひんやりと気持ちがよく、16時まで釣り上がって納竿。長い一日が終わった
のでした。

10
近隣のフィールドは最盛期を迎え、フィールドも魚も生き生きとしています。
朝一番や夕マズメは大物狙いで本流、日中の暑い時間は渓流に行くなどすると
より1日の釣りを楽しめるのではないかと思います。
ページトップへ