スタッフ釣果報告&ビーチクリーン 鹿島灘 6月2日

2021年06月03日(木)

水戸店

こんにちは釣り担当玉水です。
今回は茨城県のメジャーフィールド鹿島灘サーフにヒラメを狙いに行ってきました。

この日は夕まずめからのエントリーです。
(前日ボートエギングへ行きヘロヘロになっていたため、朝まずめは寝過ごしました。)

サーフ(砂浜)からの釣りは、ヒラメはもちろんマゴチ、青物、シーバスなどの大型フィッシュイーターをルアーで狙うことができるとても魅力的な釣りの一つです。

釣果は30センチほどのソゲ(小さなヒラメ)1枚でした。



サイズは小さいですが今シーズン初のサーフで、本命のヒラメに出会うことができてよかったです。
感謝を込めてリリースしました。


帰り際、砂浜に点々と落ちているペットボトルなどのゴミが目立ったので、持参していたビニール袋を利用して少量ではありますがゴミ拾いをしました。

シーズン通して気持ちよく釣りを楽しむためには欠かせません。


現在、海洋汚染が世界で深刻な問題となっています。
なかでもプラスチックによる被害は甚大で生物たちが餌と間違え誤飲してしまい、最悪の場合死に至るケースも多くあります。
また、一度自然界へ流れ出たプラスチックは自然分解されるまで400年から600年かかるとも言われてていて、2050年には海に捨てられるプラスチックの量が魚の量を超えるとも言われています。

そうした問題を少しでも改善ずるためには「ゴミをポイ捨てしない」これは当たり前のことですが、私たち釣りやレジャーを楽しむ人の小さな努力が大きな力となり、これから先の美しい自然を守ることに繋がるのではないでしょうか。
ページトップへ