南三陸タチウオジギング

2020年08月06日(木)

仙台泉店

2年ほど前から狙って釣れるようになった南三陸近海のタチウオ。昨年あたりから漁獲量も増え、専門に狙う遊漁船も増え始めましたが、ようやく歌津「大隆丸」さんで2020年シーズン初釣行。元々東京湾へは10年以上前から冬タチのシーズン通っていましたので、東京湾用タックルとメソッドそのままでチャレンジしてみました。

朝イチは高活性で開始直後2連続HIT。ジグやシャクリは問わず船中連続HITしていましたが、時合いは長く続かずその後沈黙。タナやジグ、誘いを変えながら攻めるも反応は単発に。その後は反応が全く無くなる中、エサにのみHITが有る「タチウオは居るのにルアーには反応しない」状況がしばらく続きました。
しかし干潮から上げに入ったタイミングでジグへの反応が復活。ジグのパターンは掴み、タナを変えつつこの日の竿頭となる12本をキャッチ。全体的にサイズは大きめでしたが、最大は全長132cm指7~8本サイズの1.7kgと自己記録を更新。表層近くはカタクチなど小型のベイトが追われていましたが、底近くでHITしたドラゴンサイズのタチウオは20cm以上のアジやサバを捕食していました。

高活性の時間帯はセンターバランスのジグの「速巻き&ストップ」でもHITが有りましたが、後半はアクションの小さいタチウオ専用のジグの「スローな縦の動きで食い上げを誘う」パターンでキャッチ。

船中1~12本と釣果の差が顕著でしたが、
 ・水深50~70mのポイントを沈下の速いジグでサバの層をかわしながらカウンター付きのリールで20~60mに変化するタチウオのタナを細かく合わせる
 ・タチウオ専用のフック(アシストにトレブルバーブレス、リアは4本鈎)でやや大きめを使用
 ・タチウオに強いピンクやパープル系カラーの他、川水の濁りが強かったためグロー系のカラーに反応が良かった

以上の点で数を伸ばせました。

タチウオの歯によるリーダーカットや根掛りもありますので、ジグの種類とカラーは予備も含め(数匹釣ると塗装がボロボロになる事も)多めに有ると有利。実績ジグとフックに関してはある程度当店でも販売しています。

ゲーム性が高く味も極上のタチウオ釣り、仙台湾でも釣果が出ており宮城県近海に定着したのは朗報ですね!

【タックル】
ROD:G-CRAFT 66ML
REEL:シマノ 炎月プレミアム151HG
LINE:よつあみ ジグマンWX-8 PE 0.8号+フロロ50lbリーダー
【HITルアー】
 ジャッカル アンチョビメタルTYPEⅠ・Ⅲ
            130・160g
 ティムコ オーシャンドミネーター 
         センターバランス 120g
         スピードフォール 125・150g
ページトップへ