【第30回 WILD-1カップ@増井養魚場】開催!

2月2日、令和初となるWILD-1カップを開催させていただきました!

当日の朝は氷点下2℃まで冷え込んだ中、沢山のお客様に参加していただきました。

午前7時大会スタート!
開始直後、前日に放流されたヤシオマスが次々とロッドを曲げていきます
この日はゴールドや黄色系のスプーンに反応が良さそうでした。
開始20分を過ぎた頃から大型のラッシュも落ち着きアベレージがぽつぽつと釣れていました。

増井さんのお魚はアベレージサイズも太っていてよく走るので油断は禁物です

スタッフは大会恒例となった豚汁の準備

毎年豚汁を作ってきたスタッフの自慢の味です♪

午前11時、ストップフィッシング

皆さんの釣った魚を検量します♪

11時半検量終了。


今年も様々なメーカー様から豪華な賞品を協賛していただきました。

12時、表彰式です!

WILD-1カップは二匹の合計長寸で競います
大物二匹で優勝を狙う方もいれば、小さい魚を揃えてブービーを狙う作戦の方も。


まずはフライから

【フライ部門 ブービー賞】 高柳 宏(たかやなぎ ひろし)さま
26.0 + 24.5 = 50.5 cm

【フライ部門 第3位】東文 博(あずまふみ ひろ)さま
35.1 + 33.2 = 68.3 cm

【フライ部門準優勝】成田 大(なりた まさる)さま
43.3 + 31.5 = 74.8 cm

【フライ部門 優勝】池澤 貴左(いけざわ ひろあき)さま

53.8 + 34.8 = 88.6 cm

チャンピオンのヒーローインタビューです
黒色のフライで比較的表層で釣れたようです!



お次はルアー部門

【ルアー部門 ブービー賞】早乙女 正記(さおとめ まさき)さま
24.7 + 24.7 = 49.4 cm

【ルアー部門 第3位】高田 孝一(たかだ こういち)さま
55.7 + 33.8 = 89.5 cm

【ルアー部門 準優勝】本澤 泰亮(ほんざわ やすあき)さま
57.0 + 33.5 = 90.5 cm


そして栄えある第一位は・・・


【ルアー部門 優勝】永島 ともや(ながしま ともや)さま

57.5 + 51.8 = 109.3 cm
チャンピオンは16歳の高校生!
今回、50upを二匹揃えたのは彼だけ!そして最大魚も彼が釣り上げました。


入賞した皆様、おめでとうございます!


表彰式の後は皆さまお待ちかねの抽選会! この抽選会、参加者全員に必ず当たります。誰に何が当たるかは誰もわかりません!
パタゴニアのトートバッグやレア物のルアーや高級グローブなど様々なものがあり、非常に盛り上がりました!

その後は、写真撮影をして参加賞の配布をして大会終了。
入賞された皆様おめでとうございます!今回参加していただいた皆様、釣り場所を提供していただいた増井養魚場さま、本当にありがとうございました。

第30回目となった今年の大会を開催できたのも、皆様のご協力あってのことです。

今後ともWILD-1カップ並びにWILD-1をよろしくお願いいたします。
ページトップへ