タカオの旅日記~山旅編  御嶽山~

2019年09月18日(水)

名古屋守山店

以前から登ってみたかった御嶽山へ。

長野県木曽町、王滝村が発信している御嶽登山規制情報を確認し、中の湯の駐車場から黒沢口から登り始める。

駐車場からは樹林帯の中のきつい登りが続く。

しかし木道がしっかり整備されて歩きやすい。

陽射しは避けられるが、気温が高く汗が噴出してくる。

ロープウェイからの道と合流すると登山者が増えてきた。

静かな行場山荘を過ぎると岩の多い道。

昨日までの雨で濡れており滑りやすい。

やがて樹林帯から低木帯になり、視界が開ける。陽射しが肌に突き刺さる。暑い。。。しかし振り返ると暑さを忘れるような雲海と青い空。

登山者も多い。白い行者(?)姿の人も目立つ。

八合目、女人堂。

鳥居もあり、色々な像や塔が立ち並びその先に山の頂が見えた。

ここからは陽射しをさける木がない岩場の道。

岩の間にはまだ粘土状の火山灰が残る。

石室山荘は室内がルートになっている。

大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)という修験道にも似た雰囲気の場所があったのを思い出した。

高山植物、花は女人堂の付近に若干あっただけだった。

岩場と砂礫だけの道は少し殺風景に感じる。同じく活火山の浅間山や富士山のようだ。

山頂直下には慰霊碑とシェルターがあった。

山頂直下には建築関連の人達が小屋の建設作業中。

山頂には御岳神社奥社。

御嶽山の山頂、剣が峰(3067M)に到着。

雲が多かったが、それでも北アルプスや南アルプスは見ることができた。

一の池、奥には二の池。

  剣が峰から下山して途中、二の池に寄り道。

 
 
二の池は半分以上、火山灰に埋まっていた。

登山者、学校登山の子供達、修行、慰霊と思われる方など、平日でもたくさんの方がいました。

紅葉の季節に向け、これからは更に入山者が増えそうです。

今年の山頂周辺への入山規制の一部解除は10/16まで。

また山頂まで登れるルートも限られています。

登る予定を立てている方は注意して下さいね。
ページトップへ