スタッフ中村の外遊び 【キャンプ編】

2018年07月30日(月)

印西ビッグホップ店

今回は山歩きではなく、山のふもとにあるキャンプ場でキャンプを楽しんでまいりました。


キャンプ地に選んだのは【廻り目平キャンプ場】です。

場所は観光地としても有名な山梨県の「清里」を更に国道141号で北上し、日本百名山にも数えられる「金峰山」方面に地方道68号にて回りこんだ、長野県と山梨県の県境辺りに位置するとても雰囲気の良いキャンプ場です。

ちなみに廻り目平キャンプ場は「フリークライミングの聖地」や「日本のヨセミテ」とも呼ばれており、毎年この時期は沢山のクライマーで賑わうキャンプ場です。


また、クライミングだけでなく、やや直登気味ですが「金峰山」へのアクセスもよく、山歩きも楽しめます。
そして、キャンプ場の脇を金峰山川が流れているので、この時期でも夜には焚き火が出来るくらい涼しくなるとても過ごし易い場所です。



お子さんが夏休みを迎えた事もあり、私たちが利用した2日間もファミリーキャンパーやクライミング、山登りを楽しんでるご家族やカップル、グループの方を多く見かけました。

また、金峰山川には「イワナ」が生息しているので《フライフィッシング》を楽しんでいる方も見掛けました。私も2日目の早朝6時頃から、少ないアイテムでも簡単に始められる【テンカラ】という釣りを楽しんできました。


例えばご家族でキャンプをされに行かれた場合、ご家族の方が目覚める前に川に入り、一人テンカラに興じてみるのも良いリフレッシュになるのではないでしょうか☆

このようにキャンプだけではなく、クライミングや山歩き、釣り、浅瀬では水遊びも楽しめる、魅力が満載の廻り目平キャンプ場は、キャンプ、山歩き、釣りなどの様々なアイテムが取り揃う『WILD-1』をご利用されているお客様にはとてもオススメのキャンプ場なんです!

今回のキャンプでは竹を持参し流しそうめんを楽しんだり、周りの自然や浅瀬で涼を満喫したり、疲れたらハンモックで寝てみたり、夜には静かに花火を楽しんだりと様々な遊びでキャンプを満喫してきました。


キャンプ終わりにはSNS映えするカフェやパン屋、牧場直営の美味しいソフトクリームなど清里周辺を観光してみるのもオススメですよ♪


キャンプのアイテムだけでなく、山歩きや【テンカラ】など、この夏を楽しむためのアイテムのご相談は是非WILD-1へ!!

皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております。


以下、おすすめアイテム と テンカラの装備。

・《コールオブザワイルド》ODアンダー


天然由来の優れた吸汗・速乾性をもつレーヨン混の化繊Tee。
レーヨンは着心地・肌触りが良く、アウトドアから普段使いまで幅広く対応する素材です。
消臭力に優れた特殊糸〝スイトールC〟使用で旅行やキャンプにもオススメ。

 メンズ、レディースともに半袖・長袖の展開
 サイズ:メンズM・L・XL  レディースM・L
 カラー:アッシュ、チャコール


・《グリップスワニー》JOG3Dキャンプパンツ(コットン)


当店でも人気のJOG3Dキャンプパンツにコットン素材が登場しました。
パンツのサイドにあるビッグポケットはギアの収納力が抜群です。
カラーも豊富で、この時期素足では「蚊・アブ・ブヨ」に悩まされるキャンプ場でも、とても役に立つアイテムではないでしょうか。

当店取り扱いカラー:ソイル、ネイビー、オリーブ
サイズ:S・M・L・XL (Sサイズは女性にもおすすめなサイズ感です。)


○スタッフ中村の【テンカラ】装備

テンカラロッドと完成フライ(餌)、足回りはネオプレーンソックスにウールソックスと冷え防止の為「ファイントラック」のスキンメッシュ靴下を使用しました。



下半身はバギーズショーツ、ウェディングゲーターに「ファイントラック」のアクティブスキンタイツで川の中を歩いても安全で冷えにくい使用。
上半身は主に山歩きで使用しているアイテムで構成。ウールのTシャツとスキンメッシュノースリーブで、万が一転んでも冷えを感じにくい使用です。


綺麗な渓流釣行なので水の心配は要りませんが、浄水キッドがあれば川の水で安全に喉を潤せます。熊鈴も念のため持参しましょう。

テンカラはロッド(竿)が写っている写真のアイテムを揃えるだけでも充分楽しめる遊びです。
その他山歩きで使う装備などで代用すれば直ぐに始める事も可能ですので、キャンプだけでなく他の遊びを取り入れてみたい方にはとてもオススメのアクティビティーです!!

ページトップへ