WILD-1
ご注意:このページに掲載されている情報は古くなっている可能性があります。
HOME レポート 提携施設・リンク イベント案内 店舗情報 商品紹介 ネイチャーシアター ブランド
アウトドアアカデミー アウトドアアカデミートップHOW TO 講座アウトドアQ&Aアウトドア体験記

OUTODOOR Q&A
アウトドアQ&A
アウトドアについて疑問に思っていること、知りたいこと、誰にでもありますよね。そんなあなたの疑問・質問にWILD-1が全力でお答えします。どんなご質問でも、お気軽にお寄せください!
menu
最新Q&A
バックナンバー
トレッキング
フィッシング
キャンピング
その他アウトドアスポーツ

キャンピング
Question
山でテント設営のペグ打ちはどうしてますか? [更新日:2010/01/29]
山でテント設営のペグ打ちはみなさんどうされてますか?
木づちでも持っていくか、その辺りの石ででも打ち込むのでしょうか。また岩場などでペグが打てない場合は岩でテンションを張ってるのですか?
(ozzyさん:40歳男性)


Anser
テント泊の山装備。出来るだけ軽くしたいですね。
その際、問題になるのが、ozzyさんが言う、
ペグとペグハンマー。持って行くのか?いかないのか?
必要なのか?使わないのか?

ペグを打たずに起こした珍体験も、よく聞かれますね。

さてさて、我がWILD-1マウンテン・チームの
意見を聞いてみましょうか。


■WILD-1郡山店:負けず嫌いな・・・佐藤くんの場合
私は基本的に<ペグ打ちをする派>ですが、あまりハンマーは持って行きません。理由は「重いから」。また、キャンプの計画段階でテントを張ろうと思っている場所がペグダウンできるか出来ないかちょっと考えたりもします。
もしも想定外の時は木や石に固定など臨機応変に対応!それがアウトドアの楽しさ?でもありますからね。
 
ペグダウンをしないで起きた失敗談ですが、
昔オートキャンプ場でキャンプした時にその日、初降ろしのシェラデザインのハーフムーンというテントを使ったのですが、天気も良く、風も穏やかだったのでペグダウンをしないでテントを張り、釣りに出かけ、帰ってきたら「テントがない!」ということがありました。テントの中に入れてたシュラフなどは開けっぱなしの入口から出て運よくその場に残っていましたが、テントはというとテント場から200m程離れた川で見るも無残な姿で発見されました…
(ポールはバッキバキの、本体はボーロボロ。見つけた瞬間悔しさと情けなさで泣きそうに…)
その日以来ペグダウンは欠かさずしています。
ちなみに後日あまりにも悔しかったので全く同じものを再度買ってやりましたよ!




■WILD-1西那須野店:正統派!・・・ケンモク店長の場合
ペグですが、基本必ず打ちます。
コンディションによっては当然張綱も出します。
登山にハンマーなぞ持っていけませんので、その辺にある石などを代用として使います。
(本当に何も無くて靴底を使ったこともありますが壊れるので止めときましょう。)
テン場がペグダウンのできない岩場などだったりする(涸沢とかね)場合は細引きで近くの岩などにアンカーをとることもあります。
またペグは入るものの地べたが柔軟過ぎて抜けて来てしまう場合は、ペグを打ちこんでその上に大きめの石を載せたりもします。

失敗談としては…
2002の秋、戦後最大級の大きさだった台風21号を立山雷鳥平でやり過ごした時は、テントの中央に寝ていてもたわんだ壁が顔にくっつく位の強風に!
しっかり打って石まで載せたペグが抜けまくり、カッパを着込んで夜中に補強しまくった思い出がございます。
今ならどう考えても速攻で山小屋避難の状況、若かったんですねぇ。




■WILD-1印西BH店:酒さえあれば・・・タナベ副店長の場合
山でのテント泊の場合ハンマーは持っていかないです。
ハンマー持って行くならビールを一本でも多く持っていきます!
 
基本行き当たりばったりで、そん時の幕営場所の状況に合わせて、工夫しながらペグダウンします。石があればそれをハンマー代わりにもします。
自立テントなんで場合によっては前室のみ、何とか確保しちゃって、後はペグダウンしないという時も…。

土じゃない時は石を括って埋めたりもします。
あと基本ザックは外置きなんでザックカバー装着してアンカー代わりにする時もあります。
(只自重の軽いザックの場合は役に立ちませんが…)
 
稜線上のテン場の場合は風向きも考えて可能な限りペグダウンしますけどね。
参考までに。



■WILD-1ふじみ野店:沈着冷静・・・小川IIくんの場合
僕もペグハンマーは持って行きません。というより専用の物は持ってません…

いつも予備のV字のペグを痛くないよう、手のひらにあてて腕の力で押 し込み、そのまま地面に入りそうなら今度は足のつま先の方でグッと刺し込む感 じです。

でも、よく河原でキャンプをするときなんかは砂利でペグが全く効かない、まったく刺さらないなんてこともしばしば…
高山のテン場もやっぱり岩がごろごろでペグが効かないこともありますね。
(岩で叩いてペグを曲げてしまったこと多々)

実際の所、ペグが有効につかえる場所はそんなにないのでは?というが本音です。

でも張り綱は重要だと思います。
大天井岳の稜線上のテン場では風をさえぎるものがなく、テントの足下に岩を並べて深夜の強風を受け流しました。その時も張り綱さんたちは懸命にテンションを維持し免震してくれました。

つまりテンションをテントにかけておくことが大事であってペグにこだわる必要はなく、先輩達のようにその場で臨機応変に対応すればよいと思います。

逆に言えばペグダウンしないと立たないテントはその行程を含んでいるので、ホントは手数が減っているのかも…?と、自立しないテント愛用する自分を励ますのでありました。




■WILD-1厚木店:硬派的女子!?・・・中村ちゃんの場合
ペグって打つの面倒ですよね〜。テント設営場所によりますが、あまりペグは使わないかも。
忘れることも多い&持っていくのが面倒なときには、張り網に石を入れて、地面において、石の周りをもっと重い石で取り囲んでピーンとはったりします。

と、書いていて、石を使う方が圧倒的に多いかも、と思いました。ちなみに、石で打ち込みます。

石がないときには、枝とか使いますね。
雪山だと石もないし、ペグも打てないので、ピッケルやスノーバーが、その代わりになります。
割り箸も結構使えるらしいですよ!
その時は、割り箸を十字に重ねて十字架みたいにして使うそうです。
(ごめんなさい。私、まだやったことがなくて…)
なるべく無駄な荷物はない方が軽くて楽ちんですよね!



号外:山じゃないけど…
■WILD-1多摩NT店:お題分かってる?・・・フジモッちゃんの場合
ペグハンマーは車が横つけできるキャンプのときしか使いません。
なので、車にハンマーが常時乗っています… トホホはたくさん有りますが、一例を…

海… ハンマーはアリもので済ませます。でも、絶対にペグ打ちます。しかもかなりしっかりと…
以前、夜遅く現地について、面倒くさくてペグを打たずそのまま就寝し、朝あわただしく出て3時ごろかえってきたら、テントが無かった…ことがあります。
幸い、浜の吹き溜まり(ゴミとかたまるところ)にひっくり返ってたので回収できましたが、沖から「あれ!?テントが無い!!!!」とわかってからのひやひや感は最高です…

湖… カヤックの試乗会で疲れてペグを打たずに就寝。
モンベルのムーンライト3型
朝起きたら、息が苦しい…しかもなんだか暗い…
テントがコロンとひっくり返って(寝相が悪くて)、ボトムが顔に覆い被さってました。
犬も一緒にコロンしたらしく、困った顔してこっちを見てました…

最近、スノーピーク・テント展示会をやってて思うのですが、きちんとモノを作っているメーカーは
ペグにこだわっているというとです。
テントのスペックを最大限に発揮するには、ペグダウンは必須です。

ニモテントはペグダウンしてから更に締め上げられるようになってるし、グローブしててもやりやすいようになってるし…山は更にシビアだと思います。





【 結 論 】

さて、結論・・・・・・・・・・・・・・


酒好きと、女子は、ホントに いい加減!?

ということが、お分かりになったかと思います。

、、、申し訳ございません、ozzyさん…
(んっ!?おじいさん?まだ40歳じゃありませんかっ!狙ってましたね、、、汗)
こんな感じですが…。

みなさんも疑問質問、どんどん送ってくださいね〜!

(おしまい)

キャンピング バックナンバー
▲ページトップヘ

会員ページログインメンバーズカード規約コンセプト&ヒストリー
FAQお問い合わせ採用情報プライバシーポリシーソーシャルメディアご利用規約
(c)Copyright 2000-2017 WILD-1 All Rights Reserved.