WILD-1
ご注意:このページに掲載されている情報は古くなっている可能性があります。
HOME レポート 提携施設・リンク イベント案内 店舗情報 商品紹介 ネイチャーシアター ブランド
アウトドアアカデミー アウトドアアカデミートップHOW TO 講座アウトドアQ&Aアウトドア体験記
アイテム別HOWTO講座トップ >> アウトドアクッキング >> ダッチオーブン:技術 >> 鋳鉄製ダッチオーブンのメンテナンス
アイテム別HOWTO講座
フライフィッシング
トラウトフィッシング
バスフィッシング
ソルトウォーター
フィッシング
キャンピング
トレッキング
ウォーキング
バードウォッチング
ウィンタースポーツ
マウンテンバイク
カヌー
クライミング
アウトドアクッキング
ロープワーク
HOWTO講座トップ
アウトドアクッキング
ダッチオーブン
技術
鋳鉄製ダッチオーブンのメンテナンス
ダッチオーブンは鉄製でできていることから、その性質上、メンテナンスが必要不可欠です。このメンテナンスを怠ってしまうと。後々錆がでやすくなったり、焦げ付きやすくなりますので、しっかりと行いましょう。きっちり行えば、その問題も次第に解消していきますよ。


【鋳鉄製ダッチオーブンのメンテナンス】
調理が終わったあとにメンテナンスを施さないと錆の原因になりますので下の説明を参考にしっかりと行ってください。


なべに水を入れ、火にかけ沸騰させます。さめてきたら植物性のたわしで水洗いします。
(このとき洗剤は使わないでください。 鉄になじんだ油が取れてしまいます。)



きれいに洗ったら、布で水分を取り、火にかけ乾燥させた後、油を薄くまんべんなく塗ります。鍋全体とふたも同様に行います。

さめたら収納ケースに新聞紙を敷き、鍋を収納します。その際にフタは鍋に重ねず、隙間をあけて収納します。湿気の少ない場所に保管しましょう。


【焦げ付いてしまったら・・・】
しっかりメンテナンスを行ってもいざ使ってみると、温度管理の失敗などでひどい焦げ付きを作ってしまうこともあります。そんな時の焦げ付きの落とし方をご紹介します。


簡単な焦げ
(1) お湯を沸騰させひたすら煮込む。
(2) 焦げの汚れが溶け出してくる。
(3) きれいに洗って、乾燥させ油塗りメンテンスを施す。


食材の炭化などの重度な焦げ
(1) ダッチオーブンを焼いて、焦げ付きを完全に炭化させる。
(2) スプーンなどで焦げ付き部分をこそぎ落とす。
(3) きれいに洗って、乾燥させ油塗りメンテナンスを施す。


【さび付いてしまったら・・・】
しっかりメンテナンスしても錆が出てしまう場合もあります。そんな場合はがっかりせずに次の作業を行えば錆をとることができます。軽く浮いていればそのまま使ってもOKです。


重症の場合
(1) ワイヤーブラシでまず錆を落としてからサンドペーパーをかける。
(2) 表面がツルツルになってからたわしを使って水でよく洗う。
(3) 油が完全に落ちているので始めからシーズニングを入念に行う。
(4) 湿気に注意しながら新聞紙に包み、収納する。



戻る

ページトップへ


会員ページログインメンバーズカード規約コンセプト&ヒストリー
FAQお問い合わせ採用情報プライバシーポリシーソーシャルメディアご利用規約
(c)Copyright 2000-2017 WILD-1 All Rights Reserved.