WILD-1
ご注意:このページに掲載されている情報は古くなっている可能性があります。
HOME レポート 提携施設・リンク イベント案内 店舗情報 商品紹介 ネイチャーシアター ブランド
アウトドアアカデミー アウトドアアカデミートップHOW TO 講座アウトドアQ&Aアウトドア体験記
アイテム別HOWTO講座トップ >> キャンピング >> 道具と装備:テント
アイテム別HOWTO講座
フライフィッシング
トラウトフィッシング
バスフィッシング
ソルトウォーター
フィッシング
キャンピング
トレッキング
ウォーキング
バードウォッチング
ウィンタースポーツ
マウンテンバイク
カヌー
クライミング
アウトドアクッキング
ロープワーク
HOWTO講座トップ
キャンピング
道具と装備
テント
テント
キャンプにおいてテントは欠かせないものの一つですが、快適なキャンプをする上では、目的やスタイルを考えた上でのテントの選択が必要になってきます。テントメーカーは居住性重視のものや、風雨に強いもの、コンパクトを優先させたものなどそれぞれ特徴を出したテントをたくさん出しています。その上、何で行くのか、何人でいくのか、どのくらいの滞在日数なのかなども考慮しなければいけません。これらをじっくり考え、テント選びをしていきたいものです。


テントの種類
テントの種類は大まかにドームタイプとロッジタイプに分けられ、以下それぞれの特徴を持っています。

【ドームタイプ】
ドームタイプは、設営がしやすく収納もコンパクト、しかも居住性も高いというメリットがあります。ポールをクロスさせ立ち上げる構造で、自立するのが特徴。形状は、高さのある居住性重視のタイプと高さを抑えた耐候性のあるタイプに大きく分けることができます。オートキャンプは前者、山岳テント、ツーリングテントは後者に適しています。


【ロッジタイプ】
フライシートのバリエーションでダイニングやリビングスペースを作ることができ、居住性を重視したテントです。ただし、その分ポールや幕体も重く、収納がかさばったり、設営に時間がかかるなどのデメリットもあります。夏休みなどの長期滞在型に威力を発揮します。


【Aフレームタイプ】
出入り口のフレーム構造がA型になっていることから名づけられたテントです。自立するA型フレーム2組に本体を吊り下げるだけなので設営が簡単で、壁が垂直に近い角度で立ち上がるので広々とした居住空間が得られるなどの特徴があります。


【タープ】
タープは、直射日光をさえぎったり、雨風から守ったり、またスクリーンタープと呼ばれるテント状のものはフルメッシュにすることで虫からも守ることができ、テントと同様にキャンプでは欠かせないアイテムとなっています。タープは形状、大きさのバリエーションがあり、強度や居住スペース、設営の手間などの特徴がそれぞれあります。どのくらいの人数で行うのか、また、どんなキャンプをするかで選ぶアイテムも変わってきますのできちんと把握しておく必要があります。


ヘキサゴンタイプ
ヘキサゴンタイプとは6角形のことで、略してヘキサタープとも呼ばれる。2本のポールと張り綱で立ち上げるため、 設営がラク。ただ天井が低めなので多少、上からの圧迫感が若干出てしまいます。
(ただ四隅または片側にサブポールをはめ、天井を高くすれば、圧迫感を解消することもできます)


レクタングラータイプ
長方形のタイプのタープ。タープの中では一番有効面積が広く、天井も高く開放感も大きい。ポールの数が多く設営に若干手間がかかるが設営バリエーションも多く、理想の空間が出来上がる。


スクリーンタイプ
テント状の自立型のタープ。四面を幕で囲んでいるために虫や雨風もほぼ防ぐことができ、完全なプライベート空間ができるので、最近人気のあるタープです。短所は設営はやや手間がかかり、狭いサイトではテントと一緒に設営できない場合があります。


戻る

ページトップへ


会員ページログインメンバーズカード規約コンセプト&ヒストリー
FAQお問い合わせ採用情報プライバシーポリシーソーシャルメディアご利用規約
(c)Copyright 2000-2017 WILD-1 All Rights Reserved.