WILD-1
ご注意:このページに掲載されている情報は古くなっている可能性があります。
HOME レポート 提携施設・リンク イベント案内 店舗情報 商品紹介 ネイチャーシアター ブランド
アウトドアアカデミー アウトドアアカデミートップHOW TO 講座アウトドアQ&Aアウトドア体験記
アイテム別HOWTO講座トップ >> トレッキング >> 技術:レイヤリングの基本
アイテム別HOWTO講座
フライフィッシング
トラウトフィッシング
バスフィッシング
ソルトウォーター
フィッシング
キャンピング
トレッキング
ウォーキング
バードウォッチング
ウィンタースポーツ
マウンテンバイク
カヌー
クライミング
アウトドアクッキング
ロープワーク
HOWTO講座トップ
トレッキング
技術
レイヤリングの基本
レイヤリングの基本

アウトドアの服装は『保温・重ね着』が重要ポイント。上着・中間着・下着を上手く組み合わせ、快適に、また悪天候時にも対応できる様にしっかりとした装備が必要になります。


【重ね着=レイヤリングとは?】
レイヤリングは3種類のアイテム(アウター・ミッド・ベース)の組み合わせが基本です。


【アイテムの選び方をチェック!】
ウェアの選び方、組み合わせがアウトドアを「気合で勝負」から「楽しむ」ものにしてくれる一番のポイントです。

 アウターレイヤーの選び方
『完全防水』で汗を外に放出!『透湿性』のある素材を。
防水性により雨や雪の浸入、悪天候時の強風から身を守ります。透湿素材はムレなどの不快感を軽減し、汗冷えも防ぎます。
レインウェア 【レインウェア】
最も使用頻度の高いアウターレイヤーです。透湿性の高いゴアテックス素材などがオススメです。
マウンテンジャケット・パンツ 【マウンテンジャケット・パンツ】
積雪期には雪山用のジャケットを。レインウェアおり地厚で耐久性・防寒性ともに優れています。スキーやスノーボードなどにも使用できます。

 ミッドレイヤーの選び方
フリースやダウンウェア、トレッキングシャツが代表。
気温の高い時期は薄手のフリースかトレッキングシャツなど。気温の低い時期には厚手のフリースかまたは薄手のフリースとシャツを重ね着します。


秋冬はウールを、薄手は年中便利 好天時はアウターにも
コンパクトに収納
【コンパクトに収納!】
軽量で携帯性に優れたダウンウェアを
携帯するのもオススメ!

 ベースレイヤーの選び方
大きく『薄手・中厚手・厚手』の3つに分けられます。
それぞれ『吸汗・速乾』という基本機能があり汗冷えを防ぎます。生地が厚くなるほど保温力は高くなり、ポリエステルやウールなど素材によっても保湿力が異なります。

首もとにも注目! 【首もとにも注目!】
ノーマルなクールネックや温度調節のしやすいジップネックなどがあります。


戻る 印刷(PDF形式)

ページトップへ


会員ページログインメンバーズカード規約コンセプト&ヒストリー
FAQお問い合わせ採用情報プライバシーポリシーソーシャルメディアご利用規約
(c)Copyright 2000-2019 WILD-1 All Rights Reserved.